【元社員が解説】リクルートエージェントの評判と特徴【リアルな情報】


リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職エージェントです。転職活動をされている方であれば、一度は利用を検討したことがあるのではないでしょうか?

このページでは、元リクルートの転職エージェントがリクルートエージェントの評判や特徴について解説しています。リクルートエージェントを利用するべきか悩んいでる方にとって、参考になる情報が見つかるはずです。

筆者プロフィール元リクルートの転職エージェント。100名以上の転職支援、約300社の中途採用支援を行ってきました。大手企業からベンチャー企業まで、さまざまな業界・職種に精通しています。大学時代には、ITベンチャー3社で3年間インターンを経験しているので、特にIT・Web業界に強いです。私の経験があなたの転職活動のヒントになれば幸いです。

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営する「転職支援実績No.1の転職エージェント」です。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスな転職エージェントです。

20代〜50代の幅広い転職支援実績があるので、年代問わずおすすめできる転職エージェントです。転職エージェントのなかで、求人が一番多いので、求人の選択肢を広げる意味でも利用しておきたい転職エージェントです。

リクナビ事件はあったけど…

最近リクナビ事件がありましたね。学生の個人情報から内定辞退率を算出し、採用企業側に提供していた件です。その一件から、リクルートエージェントを利用するユーザーが若干減ったと聞きました。

求職者にとって個人情報は非常に重要です。この一件で、リクルートエージェントを利用するべきか悩んでいる人もいると思います。

私の経験からお話すると、リクルートエージェントの情報管理は転職エージェント業界のなかでもトップだと思います。

例えば、

  • 個人情報が入ったパソコンの持ち出しは禁止
  • 履歴書・職務経歴書の持ち出しは禁止
  • コンプライアンス研修が徹底

これは当たり前でした。

そのため、リクルートエージェントを利用して情報漏えいすることは考えにくいです。リクナビ事件によって、リクルートエージェントを利用するか迷っている方は安心してください。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントの特徴は、大きく3つあります。

  1. 圧倒的な求人数
  2. 経験豊富なキャリアアドバイザー
  3. 条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

リクルートエージェントの特徴:①圧倒的な求人数

リクルートエージェントの求人数はエージェント業界でNo.1です。2018年11月現在の求人数は、公開求人が38,493件、非公開求人は200,394件、合わせて約24万件の求人が掲載されています。

エージェント業界でトップ3のリクルートエージェントとdoda、JACリクルートメントの求人数を比較してみると、いかにリクルートエージェントの求人数が多いかがわかります。

サービスリクルートdodaJAC
求人数約24万件約10万件約1.5万件
決定実績37万名以上非公開非公開
開始時期1977年1989年1988年

リクルートエージェントの特徴:②経験豊富なキャリアアドバイザー

リクルートエージェントは、各業界に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍しています。キャリアアドバイザーは、求人紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策も行ってくれます。

なかでも、リクルートエージェントの面接対策には定評があります。今まで培った膨大な面接データや質問例から、あなたに合った面接対策をしてくれるので、内定確度がグッと高くなると思います。

面接力向上セミナーの概要

リクルートエージェントは「面接力向上セミナー(無料)」を毎週行っています。

  • 内容:面接シナリオの作り方や採用したくなる面接術など
  • 開催頻度:毎週数回
  • 開催場所:東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡、北海道、東北

リクルートエージェントの特徴:③条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

リクルートエージェントのリクルーティングアドバイザーは、優秀な方が多いです。少しでも求職者の希望に沿うように、年収アップの交渉をしたり、一度落ちてしまった求職者を再度面接してもらよう交渉するなど、交渉ごとに強いです。

リクルートエージェントが公表しているデータによると、リクルートエージェントを利用した60%以上の方が年収アップをされています。

リクルーティングアドバイザー:採用企業の担当

キャリアアドバイザー:求職者の担当

リクルートエージェントはこんな方におすすめ

希望条件を満たす求人を多く見つけるためには、求人数が多い転職サービスに登録すべきです。リクルートエージェントは、求人数がエージェント業界No.1なので、年収に関係なく転職をされているすべての方におすすめです。

リクルートエージェントは、総合型の転職エージェントなので、すべての方におすすめできます。下記に当てはまる方は、一度リクルートエージェントの面談を受けてみてはいかがでしょうか?

  • 幅広い求人から自分に合った求人を見つけたい
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーに相談したい
  • 転職の事前準備を徹底したい

転職をされている方の中には、高年収求人をメインに探している方もいらっしゃると思います。その場合、リクルートエージェントだけでなく、リクルートキャリアが運営しているキャリアカーバー、ハイクラス転職で実績が豊富なJACリクルートメントのようなハイクラス転職エージェント合わせて利用することをおすすめします。

リクルートエージェントのネットの情報とリアルな情報

リクルートエージェントに関して、ネット上には様々な情報が溢れています。なかには根拠がない悪い噂もあり、「これ本当なの?」と疑ってしまうものもあります。

ここでは、ネット上で多かった悪い噂を3つピックアップして、元リクルートの転職エージェントの立場から「リアルな情報」をお伝えします。

  1. 返信が遅い
  2. 求人は質よりも量
  3. ブラック企業ばかりを紹介された

1.返信が遅い

ネットの情報で一番多かったのが「キャリアアドバイザーからの返信が遅い」という情報です。たしかに求職者に対して返信が遅くなってしまうこともあります。その理由は2点あります。

1点目は「企業確認が必要だから」です。求職者からの連絡は、多くが質問事項です。質問があった際には、企業確認を取らなければ回答できないケースが多く、必然的に返信に時間がかかるのです。

2点目は「リクルートエージェントの仕組み」です。リクルートエージェントは、キャリアアドバイザー(求職者担当)とリクルーティングアドバイザー(採用企業担当)の分業体制を取っています。下記のように、求職者と採用企業との間にキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーが介在していることで、タイムラグが生じているのです。

質問する:求職者→キャリアアドバイザー→リクルーティングアドバイザー→採用企業

返信する:求職者←キャリアアドバイザー←リクルーティングアドバイザー←採用企業

2.求人は質よりも量

ネットの情報で二番目に多かったのが「求人は質よりも量」という情報です。これは、確実にありえないと思います。リクルートエージェントは、質と量どちらも高いです。

リクルートエージェントの実績を見れば分かる通り、「転職支援実績No.1」「求人数はエージェント業界でトップクラス」なので、質と量は担保されていると考えて良いでしょう。少なくとも他の転職エージェントよりも求人の質と量は良いと思います。

3.ブラック企業ばかりを紹介された

ネットの情報で三番目に多かったのが「ブラック企業ばかりを紹介された」という情報です。求職者によっては、このように感じた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、確実に言えることは、ブラック企業を紹介しようとするキャリアアドバイザーは、リクルートエージェントには一人もいませんでした。

ブラック企業と言うと、「残業時間が長い」「残業代が支給されない」というイメージがあります。リクルートエージェントは、残業時間の制度(固定残業代制など)が整備されていない、また残業代の支給がない企業との取引は一切していません。

リクルートエージェントの利用の流れ

STEP1:会員登録

リクルートエージェントの会員登録は、基本情報の登録だけです。約3分で登録は完了します。

  1. 転職に期待することを入力
  2. プロフィール情報の入力
  3. 転職支援サービスの利用開始

リクルートエージェントの会員登録は、履歴書・職務経歴書なしで可能ですが、登録後には履歴書・職務経歴情報を詳細に入力することをおすすめします。詳細に記入することで、キャリアアドバイザーからの見られ方が変わります。

STEP2:面談

登録から1週間以内には、電話またはメールが届き、面談の日程調整を行います。面談では、希望職種や希望年収などをキャリアアドバイザーと話し合います。その後、求人紹介を受けるという流れです。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、転職のプロです。業界特有の転職事情にも精通しているので、わかならいことや気になることは必ず質問しましょう。(面談の場だけでなく、メールでも質問は可能です)

STEP3:求人応募

面談後にキャリアアドバイザーから求人を紹介されます。その中から、希望の求人に応募します。

紹介された求人が希望条件とズレている場合は、遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。話し合いを重ねていくことで、マッチング精度が高まっていきます。

STEP4:面接

転職エージェントのメリットは、ほとんどの作業をコンサルタントが代替してくれることです。面接対策だけでなく、面接の日程調整をあなたの代わりにキャリアアドバイザーが行ってくれます。

面接対策や面接の日程調整は、転職エージェントだからこそ受けられるサービスです。現職で忙しい方は、転職エージェントを利用して、効率の良い転職を叶えましょう。

STEP5:内定・入社

転職活動は内定を得たら終わりではありません。給料などの条件面をしっかりと確認する必要があります。「納得できない条件だった」「条件に不明点がある」そんな時はすぐにキャリアアドバイザーに相談しましょう。キャリアアドバイザーがあなたの代わりに条件交渉をしてくれます。

内定が出たらキャリアアドバイザーを通して条件交渉を行います。(条件交渉は、年収・給与だけでなく、入社日などの調整も含みます)条件を確認して満足できれば、内定を承諾し、入社となります。

リクルートエージェントの評判・口コミ

良い評判・口コミ

  1. 求人数が豊富
  2. キャリアアドバイザーの質
  3. 年収アップ

コンサル/20代前半/男性/年収450万円
総合評価:

初めての転職でしたが、面接対策、応募書類の添削、どんな相談にも乗ってくれて助かりました。年収も100万円ほどアップでき、給料交渉もうまいなと感じました。

初めての転職は、大手企業が運営している転職エージェントが一番良いと思います。私は、リクルートエージェントだけでなく、マイナビエージェントやdoda、JACリクルートメント(登録したが連絡がなかった)に登録しましたが、求人の紹介量はリクルートエージェントが一番多かったです。さすがリクルートと思いました。

人事/20代後半/男性/年収500万円以上
総合評価:

人材業界からメーカーの人事担当への転職でお世話になりました。キャリアアドバイザーの面談は東京駅直結のグラントーキョーサウスタワーというビルで、非常に高級感のある、きれいな場所で行って頂きました。

キャリアアドバイザーの方には、自己分析や面接対策にも付き合って頂きました。希望条件を伝えると、すぐに10求人ほど紹介頂きました。翌週には、1次面接を組んでいただき、面接前に電話にて面接対策も行って頂きました。急ぎの転職にも丁寧に付き合って頂き大変感謝しています。

一般事務/30代後半/女性/年収300万円以上
総合評価:

わたしの希望をしっかりと聞いて頂き、信頼できるキャリアアドバイザーでした。他の転職エージェントでは、無理やり求人を紹介してくる感じだったのに対し、しっかりと話を聞いて頂いたので、自分のペースで納得のいく転職活動ができました。次に転職する際にもぜひお世話になりたい転職エージェントです。初めて転職される方は、大手企業が運営している転職エージェントがおすすめですよ。

営業/30代後半/男性/年収1000万円以上
総合評価:

年収1000万円以上の高年収求人が少ないイメージでしたが、非常に多くの求人を紹介いただきました。キャリアアドバイザーは、年収ごとに分かれている?みたいなので、自分の年収に合ったキャリアアドバイザーがついてくれるのも良いです。次は1200万円以上の転職になると思うので、リクルートエージェントだけでなくハイクラス転職のキャリアカーバーやビズリーチの利用も考えています。

コンサルタント/40代後半/女性/年収1200万円以上
総合評価:

総合的に満足。個人情報の保護もしっかりとされており、安心して任すことができる転職サービスです。最近では、転職エージェントが増えすぎており、どれがどれだかわからない状況です。中小エージェントのなかには、個人情報を雑に扱うところもあるので、注意が必要ですよ。結論、初めての転職にはリクルートエージェントはおすすめです。

悪い評判・口コミ

悪い評判・口コミに多かったのが、下記の2つです。

  1. 連絡が遅い
  2. 特徴がない

貿易関係/20代後半/男性/年収500万円以上
総合評価:

1次面接が終わったあとに、質問をしたいことがあったので、キャリアアドバイザーにメールをしました。しかし、返信がなかなか返って来ませんでした。催促してから3日後に連絡が返ってきました。忙しいのはわかりますが、転職活動はスピード勝負の面もあるので、対応はスピード感を持ってしてほしい。

メーカー/30代後半/女性/年収420万円
総合評価:

年収500万円を目指して転職活動を始めましたが、高年収の求人をなかなか紹介されなかった。もっと真摯に向き合ってほしかった。

エンジニア/40代後半/男性/年収700万円以上
総合評価:

悪くはないのですが、特徴があまりない転職エージェントのように感じました。専門職の場合は、専門特化の転職エージェントの方が良い気がします。

リクルートエージェントに関するよくある質問

  1. リクルートエージェントは無料ですか?
  2. 登録するとどのようなサービスを受けられますか?
  3. 今すぐ転職する予定はないですが、登録しても大丈夫ですか?
  4. 複数社に応募することは可能ですか?
  5. キャリアアドバイザーを変更することは可能ですか?
  6. リクナビNEXTとリクルートエージェントに違いはありますか?
  7. リクルートエージェントに再登録は可能ですか?
Q.

1.リクルートエージェントは無料ですか?

A.

リクルートエージェントは完全無料です。就職Shopは完全無料です。求職者には一切料金はかからないので、安心して利用できます。(採用企業はリクルートエージェントに対して成功報酬を支払う)

Q.

2.登録するとどのようなサービスを受けられますか?

A.

リクルートエージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが一人付きます。キャリアアドバイザーと面談をして、あなたの希望条件や志向性をヒアリングします。

その後、求人を紹介してもらいます。リクルートエージェントでは、求人紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、内定後の条件交渉などをキャリアアドバイザーが無料でサポートしてくれます。

Q.

3.今すぐ転職する予定はないですが、登録しても大丈夫ですか?

A.

すぐに転職活動をする予定がない方でも、登録可能です。むしろ少しでも転職を考えているなら、早めに登録するべきです。その理由は、転職活動を決意してから、すぐに求人の紹介を受けられるからです。

Q.

4.複数社に応募することは可能ですか?

A.

もちろん可能です。キャリアアドバイザーから紹介された求人の中から、あなたの希望条件に合った求人のみに応募しましょう。

Q.

5.キャリアアドバイザーを変更することは可能ですか?

A.

お問い合わせから、キャリアアドバイザー変更の旨を送れば、対応して頂けます。しかし、業界や職種、地域などにより、対応できない場合もあります。

Q.

6.リクナビNEXTとリクルートエージェントに違いはありますか?

A.

リクナビNEXTは転職サイト、リクルートエージェントは転職エージェントです。転職サイトは、求人が掲載されているだけなので、自分で求人を検索し、応募、面接を受けます。転職エージェントは、求人紹介だけでなく、応募書類の添削、面接対策などを無料で行ってくれるサービスです。

Q.

7.リクルートエージェントに再登録は可能ですか?

A.

再登録は可能です。前回の利用から5年以内であれば、過去の情報を引き継ぐことが可能です。

リクルートエージェント以外におすすめの転職サービス

リクルートエージェント以外におすすめしている転職サービスは下記のとおりです。転職成功者は、平均4.2社の転職エージェントを利用しているので、複数登録してみて、自分に合った転職サービスを選びましょう。

1位:doda
2位:パソナキャリア
3位:マイナビエージェント
必須:リクナビNEXT


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好き/趣味はお酒とサウナ
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。