JACリクルートメントに登録するべき人は3タイプに分けられる


転職エージェント業界で第3位の売上高を誇るJACリクルートメント。1988年から転職エージェントを始め、ミドルクラス・ハイクラスの転職においては、素晴らしい実績を誇っています。

そんなJACリクルートメントについて、このような質問をよく頂きます。

「どんな方が登録するべき転職エージェントですか?」

「JACリクルートメントは私でも登録できますか?」

今回はそんな疑問に答えるために、「JACリクルートメントに登録するべき3タイプ」と「JACリクルートメントの登録を断られることがあるのか?」について解説いたします。

JACリクルートメントは、知名度はそこまで高くはないですが、業界内では非常に評判が良いです。元リクルートの転職エージェントとして、JACリクルートメントについて徹底解説いたします。

JACリクルートメントに登録するべき3タイプ

JACリクルートメントは、ミドルクラス・ハイクラス向けの転職エージェントです。年収500万円以上の高年収求人をメインに扱っており、外資系・海外転職に強いことが特徴です。詳しい特徴については、JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説を参照ください。

では、どのような方がJACリクルートメントに登録するべきか?結論から申し上げると、下記3つのどれかに当てはまる方であれば、登録して損はないです。

  1. 現年収が500万円以上の方
  2. 外資系企業への転職を考えている方
  3. 海外転職を考えている方

現年収が500万円以上の方

現年収500万円以上の方であれば、次の転職で年収600万円台、年収700万円台を目指している方が多いと思います。JACリクルートメントは、高年収求人が網羅されているので、高年収求人を効率良く探すことができます。

国内大手、外資系、海外進出企業など、合わせて約25,000社との取引があるので、あらゆる業界・職種の高年収求人を一度に紹介して頂けます。

JACリクルートメントの場合、約60%が非公開求人となっており、非公開求人の中には好条件の求人が多くあります。ぜひ、公式HPをチェックしてみてください。

【なぜ求人を非公開にするのか?】

人気求人を公開にすると、応募者が集まり過ぎてしまいます。非公開求人にすることで、優秀な求職者だけに求人を公開でき、応募者を絞り込むことができます。そのため、人気企業や大手企業の求人は、非公開求人の場合が多いです。

おすすめのハイクラス転職サービス

現年収500万円以上のハイクラスの方には、JACリクルートメント以外に下記の転職サービスもおすすめです。現役の転職エージェントが、大手企業が運営している転職サービスのみを選んでいるのでハズレはないです。

たまに知名度の低い転職サービスに登録されている方がいますが、求人数やサポートの質を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

外資系企業への転職を考えている方

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の転職エージェントなので、海外ネットワークが非常に強固です。海外ネットワークを活かして、外資系企業の求人は豊富にあり、転職サポートに関しても定評があります。

他転職エージェントでは、扱っていないニッチな外資系企業の求人もあるので、求人を見逃さない意味でも利用したいところです。

外資系企業の転職に強い転職サービス

外資系企業への転職を考えている方は、JACリクルートメント以外に下記の転職サービスもおすすめです。現役の転職エージェントが、大手企業が運営している転職サービスのみを選んでいるのでハズレはないです。

たまに知名度の低い転職サービスに登録されている方がいますが、求人数やサポートの質を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

海外転職を考えている方

JACリクルートメントは、メジャーな転職エージェントの中で、海外転職に一番強い転職エージェントです。アジア最大級のネットワークを持っており、アジア各国において知名度の高いグループです。

ネイティブスピーカーによる英文レジュメの添削を無料で受けることができるため、海外転職を考えている方で登録している方は非常に多いです。

【JACリクルートメントの海外拠点】

  • イギリス
  • シンガポール
  • マレーシア
  • インドネシア
  • 中国
  • 香港
  • 韓国
  • ベトナム
  • インド

海外転職に強い転職サービス

海外転職を考えている方は、JACリクルートメント以外に下記の転職サービスもおすすめです。現役の転職エージェントが、大手企業が運営している転職サービスのみを選んでいるのでハズレはないです。

たまに知名度の低い転職サービスに登録されている方がいますが、求人数やサポートの質を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

JACリクルートメントに登録を断られることはある?

結論、JACリクルートメントに登録を断られることはないです。しかし、登録後の面談を断られるケースはあります。面談を断られるということは、あなたに紹介できる求人はないということです。つまり、面談を断られた時点で、JACリクルートメントのサービスを受けることができません。

どのような方が面談を断られるかについては、JACリクルートメントは公表していません。しかし、ある程度予測は立てられます。JACリクルートメントは、30代・40代のミドルクラス〜ハイクラスの求職者をターゲットにしています。そのため、下記に当てはまる方は、面談を断られる可能性が高いでしょう。

  • 現年収が400万円以下
  • 20代前半の若手層
  • マネジメント経験がない

上記に当てはまる方は、リクルートエージェントのようなサポートが手厚い総合型の転職エージェントを利用することをおすすめします。

おわりに

いかがだったでしょうか?

今回は、「JACリクルートメントに登録するべき3タイプ」について解説しました。当てはまる方は、ぜひJACリクルートメントに登録してみてください。

【JACリクルートメントに登録するべき3タイプ】
・現年収が500万円以上の方
・外資系企業への転職を考えている方
・海外転職を考えている方

【記事内で紹介した転職サービス】
JACリクルートメント
リクルートエージェント
キャリアカーバー
ランスタッド
ビズリーチ

【関連記事】
JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説
JACリクルートメントの面談の内容と流れ【転職エージェントがわかりやすく解説】


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。