JACリクルートメントの面談の内容と流れ【転職エージェントがわかりやすく解説】


JACリクルートメントの面談内容

JACリクルートメントの面談は、約60分で行われます。あなたに合った求人を紹介するために、希望条件や志向性を聞いていきます。

面談相手は転職のプロなので、自然な会話の中からあなたの志向性を捉えていきます。緊張せずにリラックスして臨みましょう。まれに、面談相手との相性が合わないという場合があります。その場合は、遠慮せずに担当を変更してもらいましょう。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

JACリクルートメントの面談の流れ

JACリクルートメントの面談の流れは、基本的に下記の通りです。

  1. 自己紹介
  2. 転職理由
  3. 求人紹介

①自己紹介

まずはお互いに簡単な自己紹介をします。自己紹介は、雑談に近いのでアイスブレイクの意味合いが強いです。

キャリアアドバイザーは、人と会うことが仕事なので、リラックスして臨みましょう。面接の場ではないので、ざっくばらんに雑談します。

②転職理由

次に、転職理由を軸に、今までの経歴や職務内容、キャリアプランなどを話します。基本的に、キャリアアドバイザーから質問され、それに答えるだけです。

最終的には、現段階の転職の希望条件を整理します。自分の考えを素直に伝えることが重要です。

③求人紹介

最後に、あなたの希望条件に合った求人の紹介を受けます。希望条件に該当した求人を見ながら、どのような求人があなたに合っているかを話していきます。

面談の場で、紹介される求人がすべてではありません。話し合いや求人紹介を繰り返すことで、よりあなたに合った精度の高い求人の紹介を受けることができます。

成功パターンに多いのが、「求人紹介→いくつか応募→求人紹介→いくつか応募→求人紹介→ドンピシャの求人に応募→内定→入社」です。ぜひ、転職エージェントの面談を有意義に利用してください。

JACリクルートメントの面談前に準備しておきたいこと

JACリクルートメントの面談で準備するべきことは、基本的にはありません。強いて言うならば、下記3点を事前に準備しておくことで、面談がよりスムーズに進むと思います。

  1. 現段階の考えをまとめる
  2. 持ち物
  3. 服装

①現段階の考えをまとめる

面談の前に自分自身の考えを簡単にまとめておくと、面談がよりスムーズに進みます。「転職理由」「希望条件」の2つを考えておけば十分です。

②持ち物

持ち物は、基本的に下記3点だけで十分です。「履歴書と職務経歴書」は、転職エージェントに登録した同じ内容のモノで構いません。履歴書と職務経歴書が手元にあると、面談中にメモができるので便利です。

  • 筆記用具
  • メモ帳
  • 履歴書と職務経歴書

③服装

服装は、基本的に気にする必要はありません。スーツでも、ジーパンでも、問題はありません。面談を受けるとわかりますが、キャリアアドバイザーでもカジュアルな格好をされている方が多いです。

JACリクルートメントの面談に関するよくある質問

面談は何回くらいあるの?

面談の回数は、求職者によって異なります。5回面談する方もいれば、1回だけの方もいらっしゃいます。1回目の面談で深い話ができれば、1回で終わるケースが多いです。

名刺は持っていくべき?

自己紹介の際に、キャリアアドバイザーから名刺を貰うことがありますが、求職者が渡す必要はありません。

面談は土日もしてくれるの?

ほとんどの転職エージェントが土日も面談をしています。現職が忙しい方は、土日にしか時間がないと思いますので、遠慮なく土日の面談をお願いしましょう。(キャリアアドバイザーは、基本的に平日休みが多いです)

面談時間はどれくらい?

面談時間は、60分〜90分が基本です。キャリアアドバイザーの方は、1日に2〜5人の求職者に会っているので、時間が延長すると、それ以降のスケジュールがズレていきます。そのため、60分ちょうどで面談を組み立てているキャリアアドバイザーがほとんどです。

面談後にお礼メールはするべき?

面談後のお礼メールは必須ではありませんが、送ることをおすすめします。先述しましたが、キャリアアドバイザーも人間なので、お礼メールをいただくと求職者に対して好印象を持ちます。キャリアアドバイザーとの関係性構築には、お礼メールが効果的です。

面談はキャンセルしても大丈夫?

面談のキャンセルは可能です。しかし、必ず一報はいれましょう。無断キャンセルをすることで、信頼がなくなり、良い求人を紹介されにくくなるので注意が必要です。

JACリクルートメント以外におすすめの転職エージェント

年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。

たまに知名度の低い転職サービスに登録されている方がいますが、求人数やサポートの質を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:ビズリーチ
3位:キャリアカーバー

第1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営しており、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。(利用者の60%以上が年収アップの実績)

ミドルクラスからハイクラスまで幅広く求人を網羅しているので、あなたに合った求人が必ず見つかるはずです。他の転職サービスと合わせて登録することをおすすめします。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

第2位:ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

年収アップを目指している方であれば、必ず登録しておきたいのがビズリーチです。会員数は100万人を突破しており、満足度の高いハイクラス向け転職サービスです。

高年収求人をメインに掲載しているので、年収500万円〜1000万円以上の方で、年収アップを目指している方に非常におすすめです。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

ビズリーチの評判と登録すべき人の特徴【実際に登録してみた】

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 多い
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

3位:キャリアカーバー

【おすすめ度】
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいでしょう。

リクルートキャリアが提携するヘッドハンターの中から、自分に合うヘッドハンターを選び、転職活動の支援を受けることができます。年収500万円〜1000万円以上の方で年収アップを目指している方におすすめです。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。