転職の時期は3月が良い?メリットとデメリットを転職エージェントが解説


3月に転職活動を始めるメリット

3月に転職活動を始めるメリットは、2つあります。

  1. 年度内に採用人数を充足するために採用を強化している
  2. 1月、2月よりもライバルが少ない

①年度内に採用人数を充足するために採用を強化している

3月は年度末なので、なんとか採用予定人数を充足するために、採用を強化する企業が増えます。1月、2月で採用できなかった分、企業は積極的に求人募集しているので、希望求人を見つけやすいかもしれません。

またこの時期は、採用予算を使い切りたいと考える企業が選考スピードを上がる傾向があります。そのため、3月に転職活動を始めた方でも3月中に内定を得て、4月入社を実現することもできるのです。

②1月、2月よりもライバルが少ない

1月、2月は、求人数が増える時期であり、また12月にボーナスを貰ったばかりなので、この時期に転職希望者が急速に増えてきます。

そのため、1月、2月は転職のチャンスも大きいですが、ライバルの数も多いです。一方、3月は転職希望者が一段落するので、ライバルが少ない中で転職活動をすることができます。

3月に転職活動を始めるデメリット

3月に転職活動を始めるデメリットは、2つあります。

  1. 3月末から人事が一気に忙しくなる
  2. 人気企業は採用をストップする可能性が高い

3月末から人事が一気に忙しくなる

3月の上旬〜中旬までは、中途採用に力を入れていた人事も、3月末からは4月入社の研修などで一気に忙しくなります。そのため、3月末には積極的に採用活動を行う企業が減っていきます。

3月に転職活動を始めた方は、3月末を避けて転職スケジュールを立てることが賢明です。

人気企業は採用をストップする可能性が高い

1月、2月は、求職者も求人数も多い時期です。多くの企業は、この時期を狙って一気に採用活動を強化するので、短期的に採用人数を確保しようとします。

そのため、3月には採用予定人数を充足させ、採用をストップする企業が多いです。特に、大手企業や人気企業は、すぐに応募が集まり、選考もスピードが早いので、充足する可能性が高いです。

3月に転職活動を始める場合のスケジュール

3月に転職活動を始める方は、最短で5月または6月入社を目指すと良いでしょう。もちろん選考がうまく進めば、3月中に内定が出て、4月1日入社も可能です。

3月上旬
転職活動の準備

3月中旬
求人応募

3月中旬〜4月中旬
面接ラッシュ

3月下旬〜4月中旬
内定

3月下旬〜4月下旬
退職の手続き

5月1日または6月1日
入社

結論:転職時期はいつでも良い

転職時期に正解はありません。求人数が多い時期でも希望の求人を見つけられないときもあります。また、どんなに転職希望者が少ない時期でもなかなか内定を取れないこともあります。

そのため、あまり転職時期にはこだわらず、フットワーク軽く動く。これが重要です。希望求人が出たときに、すぐに動けるように今のうちに転職活動の準備をしておくと良いでしょう。

「初めての転職で不安な方」や「効率良く転職活動を進めたい方」は、転職エージェントの利用をおすすめします。転職のプロに相談しながら転職活動を進めることができるので、転職の成功確度が上がりますよ。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。