第二新卒の転職でハローワークを利用するべき?【転職エージェントが解説】


第二新卒の転職でハローワークは利用するべきでしょうか?

よくこのような質問を頂きます。今回は、そんなハローワークについて第二新卒と絡めながら解説します。「そもそもハローワークってなに?」「どんなところ?」そんな疑問に転職エージェントがお答えします。

そもそもハローワークとは?

ハローワークの正式名所は「公共職業安定所」といい、厚生労働省が管轄している職業紹介所です。(職安と呼ばれることもあります)ハローワークでは、企業側は無料で求人を掲載することができ、求職者も無料で求人に応募することができます。

利用方法

ハローワークに行くと、まず相談員と面談を行います。その後、ハローワーク内にあるPCで求人を検索し、希望の求人があれば、職員に持って行き、面接を受ける手続きを行います。

現在は、ハローワークインターネットサービスというサイトから、Web上での公開許可を得ている求人のみ閲覧することができます。(応募する際には実際にハローワークへ行って手続きします)

ハローワークのメリット

ハローワークのメリットは、転職サイトや転職エージェントに掲載されていない地域密着型の求人があることです。転職サイトや転職エージェントの営業所がない地域では、地方の求人を見つけることが難しいです。

そのため「地元で就職したい」と考えている方は、ハローワークを利用する方が希望勤務地に沿った求人を検索しやすいと思います。

次に、ハローワークのデメリットについて解説します。

ハローワークのデメリット

①優良求人が少ない

ハローワークのデメリットは、都市部の大企業や優良企業の求人が少ないことです。その理由は、企業がハローワークに求人を掲載するには、「応募者全員と面接しなければいけない」という条件があるからです。

大企業や優良企業が、好条件の求人を出すと応募者が殺到してしまいます。その場合、応募者全員と面接をしなければならず、膨大な手間と時間、コストがかかってしまうのです。

一方、転職サイトや転職エージェントは掲載費用がかかるものの、求人に合った人材だけと面接ができるので、大企業や都市部の優良企業の多くは、民間の転職サービスのみを利用しています。

このような事情から、ハローワークには「なかなか応募が集まらない求人」や「採用にコストをかけることができない企業の求人」が大半を占めることになります。したがって、優良求人の数が少なくなってしまうのです。

②情報量が少ない

ハローワークインターネットサービスで求人を閲覧すると分かりますが、民間の転職サイトや転職エージェントに比べて求人の情報量が非常に少ないです。求人情報には、就業場所と賃金、簡単な仕事内容などが記載されているだけで、具体的な企業情報を収集するのは難しい。

企業情報を把握しない状態で応募しても、ミスマッチになる可能性が高いのでおすすめできません。効率的な転職活動を行いたい方は、転職サイトや転職エージェントを利用することをおすすめします。

第二新卒におすすめの転職サービス

1位:マイナビジョブ20’s
2位:就職Shop
3位:マイナビエージェント
4位:リクルートエージェント
必須:リクナビNEXT

第1位:マイナビジョブ20’s(ジョブトゥエンティーズ)

【おすすめ度】
【公式サイト】https://mynavi-job20s.jp/

第二新卒に確実におすすめできるのが、マイナビジョブ20’sです。20代のための転職エージェントなので、あなたに合った求人が必ず見つかるはずです。

マイナビ20’sでは、求職者に1人のキャリアアドバイザーが担当としてつきます。面接対策や応募書類の添削など、さまざまなサポートをしてくれるので、20代で初めての転職でも安心です。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

マイナビジョブ20’sの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 IT・通信・インターネット、メーカー、商社、サービス・レジャー、流通・小売・フード、マスコミ・広告・デザイン、金融・保険、コンサルティング、不動産・建設・設備、運輸・交通・物流・倉庫、環境・エネルギー、公的機関・その他
求人数 普通
特徴 ・内定までを徹底サポートしてくれる(初めての転職でも安心)
・すべての求人が20代対象
・キャリアアドバイザーの質が高い
・関東や関西の転職に強い

第2位:就職Shop

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.ss-shop.jp/

就職Shopは、リクルートが運営する第二新卒・既卒向けの転職サービスです。若者を「書類」ではなく「人間」の可能性で見るという考えのもとに作られたサービスです。面談を何度も行い、あなたの志向性に合った求人を紹介頂けます。ぜひ、公式HPチェックしてみてください。

就職Shopの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 就職Shopとうきょう、就職Shopしんじゅく、就職Shopにしとうきょう、就職Shopヨコハマ、就職Shopちば、就職Shopさいたま、就職Shopおおさか、就職Shopこうべ、就職Shopきょうと
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)など
求人数 普通
特徴 若手の採用に特化している点
経験豊富なキャリアアドバイザー
書類選考がないので面接の機会を多く頂ける
訪問取材した求人のみ

第3位:マイナビエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、20〜30代の転職サポートに強い転職エージェントです。マイナビグループの情報ネットワークを使い、質の高い求人が揃っています。ぜひ公式HPぜひ公式HPをチェックしてみてください。

マイナビエージェントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、営業職、コンサルタント/監査法人/士業関連、不動産専門職、経営/企画/管理/事務、建築設計/土木/プラント/設備等、機械/電気・電子/素材等、医療系専門職、金融専門職、クリエイティブ、販売/サービス
求人数 普通
特徴 ・20〜30代の転職に強い
・面接対策や添削などのサポート充実
・非公開求人が多数
・全国に拠点があり、相談がしやすい

第4位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、第二新卒がメインではありませんが、人材最大手のリクルートが運営しており、転職支援実績No.1転職エージェントです。キャリアアドバイザーの質、求人数、サポート体制、どれをとっても他のエージェントよりも優れています。転職活動が初めての方はぜひ登録してみてください。公式HPはこちらです。

リクルートエージェントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売、経営・企画・マーケティング、事務系(経理、総務、人事、購買)、IT・エンジニア、電気・機械・科学エンジニア、医療・医薬品・化粧品、コンサルタント、建築・土木技術
求人数 約17万件(2017年3月現在)
特徴 ・転職成功実績No.1
・エージェント業界の求人数No.1
・転職者の約60%以上が年収アップ
・経験豊富なキャリアアドバイザーが多い
・全国に拠点があり、相談がしやすい

必須:リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方の中には、利用されている方も多いのではないでしょうか。

求人は全国を網羅し、幅広い職種を扱っているので、ご希望の求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思いますよ。

登録しておいて損はないと思いますので、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

結論:第二新卒の転職でハローワークは利用するべきではない

結論を申し上げると、第二新卒の転職でハローワークは利用するべきではないです。一番大きな理由は、せっかくの「第二新卒」というメリットを最大限に活かすことができないからです。

ハローワークでは全ての求人が一括りにされており「第二新卒」をターゲットにした求人を見つけることが困難です。一方、転職サイトや転職エージェントを利用すると「第二新卒」に特化した優良求人に応募することができます。

現在、第二新卒の需要は高まっており、エン転職では掲載求人の70.7%、マイナビ転職に至っては掲載求人の84.9%の応募要領に、第二新卒が記載されています。(2019年1月時点)そのため、第二新卒で転職する際には、まずは転職サイトや転職エージェントにある求人をチェックしてみることをオススメします。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。