M&Aキャピタルパートナーズに転職するには?【評判・年収・難易度・採用情報を解説】


このページでは、M&Aキャピタルパートナーズに転職するために知っておきたい情報を元リクルートの転職エージェントがまとめています。年収や業績については、「会社HP」や「有価証券報告書」を参考にしています。

M&Aキャピタルパートナーズの会社概要

会社名M&Aキャピタルパートナーズ株式会社
会社HPhttps://www.ma-cp.com/
設立平成30年2月
業種サービス業
所在地東京都

M&Aキャピタルパートナーズの基本情報

平均年収
2,478万円
※2017年度実績
平均年齢
31.3歳
※2017年度実績
平均勤続年数
3.31年
※2017年度実績
従業員数
75人
※2017年度実績

M&Aキャピタルパートナーズの事業内容

M&Aキャピタルパートナーズ株式会社は、中小企業のM&Aアドバイザリーサービスを提供する独立系M&A仲介専門会社です。

日本では、少子高齢化の影響により、後継者がいない中小企業が増えています。企業の業績は好調であるにも関わらず、後継者がいないため、廃業を強いられる。このような企業を一社でも減らすために、M&Aのニーズは高まっています。

M&Aとは

M&Aとは、Merger and Aquisitionの略で、「企業の合併・買収」のことです。企業の合併は、2つ以上の会社が1つになることであり、企業の買収は、ある会社が他の会社を買うことです。

M&Aキャピタルパートナーズの企業理念

■経営理念

クライアントへの最大貢献と、全従業員の幸せを求め、世界最高峰の投資銀行を目指す

出典:M&Aキャピタルパートナーズ公式HP

■行動指針

  1. 当社は世界最高峰のプロフェッショナル集団として高い知識・サービスレベル・チームワーク・新分野への挑戦と努力を続け、何より他社と比べ群を抜く誠実さと高い情熱で顧客の期待する解決・利益の実現のために取組みます。
  2. 当社の社員はより幅広く、より高いレベルでの業務を通じ、人間的成長・経済的豊かさ・家族の幸福を達成していきます。当社の業績と未来は優れた社員の活躍によってもたらされるものであることを当社は承知しています。
  3. 当社は小規模ブティックではなく、世界最高峰のブランドと人材・実力を持つ投資銀行へと常に前進・拡大していきます。信用を守るための徹底した機密保持・法令順守・資本の強化と最高の人材をひきつけるための高い収益性を維持していきます。

出典:M&Aキャピタルパートナーズ公式HP

M&Aキャピタルパートナーズの業績

M&Aキャピタルパートナーズの売上高

11年12年13年14年15年16年17年18年
5711,0731,1571,6672,8473,7558,3378,018

※単位:百万円
※17年度より連結の売上高

M&Aキャピタルパートナーズの経常利益

11年12年13年14年15年16年17年18年
2625776008081,5241,8603,6123,160

※単位:百万円
※17年度より連結の経常利益

M&Aキャピタルパートナーズの平均年収

M&Aキャピタルパートナーズ 平均年収
年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2017年2,478万円31.3歳3.31年75人
2016年2,994万円31.5歳3.29年59人
2015年1,905万円31.1歳2.99年50人
2014年2,253万円30.5歳2.96年38人
2013年1,947万円29.9歳2.8年29人
2012年1,023万円30.1歳2.9年21人

関連:各年収の手取り額と生活レベル

年収別の手取り額と生活レベル(生活費)
1年収2,000万円6年収700万円
2年収1,500万円7年収600万円
3年収1,000万円8年収500万円
4年収900万円9年収400万円
5年収800万円10年収300万円

M&Aキャピタルパートナーズの採用情報

募集職種

  1. M&A業務未経験者
  2. M&A業務経験者
未経験者採用について

M&Aキャピタルパートナーズでは、M&A未経験者の方も採用しています。内定者の方の中には、コンサルティングファーム出身者や金融業界出身者の方が多いようです。

仕事内容

M&Aコンサルタントとして大きく5つのフローを担当します。

  1. 企業のニーズを発掘
  2. 秘密保持・仲介アドバイザリー契約の締結
  3. 買手企業の選定と条件交渉
  4. 基本合意の締結
  5. クロージングの立会い

M&Aコンサルタントとして、案件発掘および当該企業の資産価値査定、M&A手法の策定・考案、イグジットの考案・オペレーションまで行っていただきます。

出典:M&Aキャピタルパートナーズ公式HP

応募資格

応募資格は、「M&A未経験者」か「M&A経験者」によって異なります。共通しているのは、どちらも大学卒業以上の方が対象になっています。(詳しい応募資格については、M&Aキャピタルパートナーズの採用ページをご覧ください)

M&A未経験者

金融業界での営業経験2年以上であり営業成績が顕著な方

M&A経験者

M&A案件のソーシングおよびエグゼキューション等の実務経験があり、複数の案件成約に携わった経験をお持ちの方

新卒採用はやっている?

2019年3月時点で、新卒採用を行っている情報はありません。しかし、第二新卒の採用活動は積極的に行っているので、ファーストキャリアでコンサルティングファームや金融業界に入社してから、M&Aキャピタルパートナーズに転職するのが現実的となっています。

M&Aキャピタルパートナーズの評判・口コミ

M&Aキャピタルパートナーズに関する評判・口コミで多いのが下記の3つです。

  1. M&Aキャピタルパートナーズは怪しい?
  2. M&Aキャピタルパートナーズは残業が多い?
  3. M&Aキャピタルパートナーズは学歴主義?

①M&Aキャピタルパートナーズは怪しい?

「M&Aキャピタルパートナーズは平均年収が高すぎて怪しい」という声があります。2017年度の平均年収は2,478万円とかなり高額となっており、怪しいと感じてしまう方がいても無理はありません。

M&Aの仲介は案件ごとの報酬が高いため、平均年収が高くても不思議ではないです。日本では、少子高齢化が加速しており、後継者がいない企業が数多くあります。そのため、今後もM&Aのニーズが高まっていることを考えられ、平均年収は上がっていくことが予測できます。

②M&Aキャピタルパートナーズは残業が多い?

M&Aキャピタルパートナーズの残業時間は、月20〜60時間程度です。(M&A業界やコンサルティング業界の中では、平均よりも残業時間が低い)

また、M&Aキャピタルパートナーズの直近5年間の退職率は1.8%と非常に低く、従業員が中長期的に働きやすい仕組みづくりや制度が整っている優良企業であると考えられます。

③M&Aキャピタルパートナーズは学歴主義?

M&Aキャピタルパートナーズの応募資格は、大学卒業以上となっています。高卒や短大卒の方は応募することはできませんが、大学卒業であれば応募することは可能です。

M&A業界であれば、「大学卒業以上」という応募資格は一般的であり、学歴主義で採用を行っているとは考えにくいでしょう。また、代表取締役社長の中村 悟氏の最終学歴は「工学院大学 卒業」なので、学歴主義ではないと考えられます。

M&Aキャピタルパートナーズの転職難易度

M&Aキャピタルパートナーズの転職難易度は高いです。また、M&Aキャピタルパートナーズは、少数精鋭で業績を伸ばしている企業のため、通年で中途採用を行っている訳ではありません。

欠員が発生したり、M&Aの保有案件が増えたことによる人員増員の際に、中途採用を行っています。そのため、あらかじめ転職サイトや転職エージェントに登録しておき、M&Aキャピタルパートナーズの求人が発生した際に、すぐに応募できるように、あらかじめ準備しておくことが重要です。

M&Aキャピタルパートナーズは、年収が高いことで有名で、経験・スキルが高いエリート層が集まる人気企業です。中途採用の求人が発生したら、すぐに応募者が集まり締め切ってしまうので、フットワーク軽くすぐに応募できる準備をしないと内定を獲得することは難しいでしょう。

どんなヒトが働いているの?

M&Aキャピタルパートナーズは、コンサルティングファーム出身者や金融業界出身者の方が多いです。戦略系コンサルティングや総合計コンサルティング、シンクタンク系コンサルティングに関わらず、M&A業務の経験者は優遇されます。

M&Aキャピタルパートナーズは、高年収で有名ですが、離職率が低いことでも有名です。直近5年間の退職率は1.8%で、従業員が中長期的に働きやすい仕組みづくりや制度が整っている優良企業であると考えられます。

M&Aキャピタルパートナーズへの転職を考えている方におすすめの転職サービス

M&Aキャピタルパートナーズへの転職を考えている方はもちろん、年収アップを目指している方におすすめの転職サービスを元リクルートの転職エージェントが厳選しました。

元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:JACリクルートメント
2位:リクルートエージェント
3位:ビズリーチ
4位:キャリアカーバー
必須:リクナビNEXT

1位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業において、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

高年収求人をメインに扱っており、年収アップを目指している方にとっては、必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域全国
探せる職種サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数1万5,000件以上
特徴・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内第3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

2位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域全国
探せる職種営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数約24万件(2018年11月現在)
特徴・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

3位:ビズリーチ

ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、会員数は100万人を超えるハイクラス向け転職サービスです。優秀な人材と質の高い求人が集まっているため、マッチング率が非常に高く、日本を代表する企業もビズリーチで採用募集を行っています。

有料会員と無料会員がありますが、無料でも求人を閲覧できます。年収500万円以上の求人がまとまっているので、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

ビズリーチの評判と登録すべき人の特徴【実際に登録してみた】

対応地域全国
探せる職種経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数10万件以上
特徴・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

4位:キャリアカーバー

キャリアカーバー

【おすすめ度】
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいでしょう。

高年収求人がまとまっているので、年収500万円以上の方にとっては、非常に便利なサービスとなっています。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域全国
探せる職種経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数多い
特徴・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域全国
探せる職種営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数非常に多い
特徴・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。