ヤフーに転職するには?【評判・年収・難易度・採用情報を解説】


転職活動において情報収集は非常に大切です。このページでは、ヤフーの会社概要から転職の成功ポイントまで、ヤフーに転職するために知っておくべき情報を「元リクルートの転職エージェント」がまとめています。ヤフーへの転職に興味がある方は、ぜひご覧ください。

ヤフーの会社概要

会社名ヤフー株式会社
会社HPhttps://about.yahoo.co.jp/
設立1996年1月31日
業種情報・通信業
所在地東京都

ヤフーの基本情報

平均年収
766万円
※2017年度実績
平均年齢
35.9歳
※2017年度実績
平均勤続年数
6.5年
※2017年度実績
従業員数
6,330人
※2017年度実績

ヤフーの事業内容

ヤフーの事業は、大きく「メディア事業」と「コマース事業」に分かれています。

メディア事業

■代表的なサービス:Yahoo! JAPAN、Yahoo!ニュースなど

メディア事業は、日常に欠かせない多様なメディアサービスを提供することで多くの利用者を集め、広告により収益を上げています。PC時代に圧倒的なポジションを築いてきた当社グループですが、2016年度は広告売上高においてもスマートフォン経由が過半となり、スマートフォンシフトが順調に進んでいることを証明することができました。今後はメディアサービスでの顧客体験向上を実現し、蓄積された利用者の行動データを活用した広告プロダクトの機能改善によるさらなる収益向上を目指します。

出典:ヤフー公式HP

コマース事業

■代表的なサービス:ヤフオク!、Yahoo!ショッピング、Yahoo!トラベル、Yahoo!プレミアム、Yahoo!BB、Yahoo!ウォレット、Yahoo!カード

コマース事業は、eコマース関連サービスや会員向けサービス、決済金融関連サービスなどを提供しています。アスクル株式会社、株式会社一休などの連結子会社の影響もあり、当社の売上高構成比で最も大きい割合を占めています。主要サービスの「Yahoo!ショッピング」では、2013年10月より月額ストア出店料などを撤廃し、広告により収益を上げるeコマース新戦略を導入しました。また、2016年度に「Yahoo!プレミアム」など特定の会員基盤に向けた特典を強化した結果、当該年度における当社のeコマース国内流通総額は約1.8兆円を超え、引き続き高成長を続けています。日本のeコマース市場における潜在的な成長余地は膨大であるとの考えのもと、国内ネットオークション市場で圧倒的シェアを誇る「ヤフオク!」とあわせてeコマース国内流通総額No.1を目指します。

決済金融関連サービスにおいては、クレジットカード関連事業、電子マネー関連事業、FX関連事業などを提供しています。特にクレジットカード関連事業はeコマース事業とのシナジーが高く、国内流通総額の成長に連動し、引き続き高い成長が期待される領域です。今後も会員獲得と利用促進を通じ、事業の拡大に努めます。

出典:ヤフー公式HP

ヤフーのミッション・ビジョン・バリュー

Yahoo! JAPANはインターネットの力で日本のあらゆる課題を解決する「課題解決エンジン」をミッションに掲げ、「UPDATE JAPAN」という世界の実現を目指しています。それらを実現するために従業員は5つのヤフーバリューを実践していきます。

■ミッション – Mission –
Yahoo! JAPANは情報技術で人々や社会の課題を解決してきました。

今後も、人々や社会にとっての「課題解決エンジン」として、さまざまな事業を通じて課題解決を行い、世の中に貢献します。

■ビジョン – Vision –
インターネットの力で日本を希望あふれる社会に変えていくために、さらなるチャレンジを行ってまいります。

■バリュー – Value –
日本のあらゆる課題をインターネットの力で解決し続けていくために、「従業員がどのような価値を大事にし、いかに仕事をすべきか」を5つのヤフーバリューとして掲げています。

「All Yahoo! JAPAN」
「個のチカラ」
「発見・提案・改善」
「圧倒的当事者意識」
「やりぬく」
ヤフーバリューを体現し、常にユーザーのために進化し続けていく存在でありたいと考えています。

出典:ヤフー公式HP

ヤフーの業績

ヤフーの売上高

12年13年14年15年16年17年18年
3,0203,4294,0854,2846,5238,5378,971

※単位:億円

ヤフーの営業利益

12年13年14年15年16年17年18年
1,6501,8631,9641,9722,2491,9201,858

※単位:億円

ヤフーの平均年収

ヤフー 平均年収
年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2017年76635.9歳6.5年6,330人
2016年68235.9歳6.3年5,826人
2015年71435.55歳6.0年5,547人
2014年65135.0歳5.2年5,439人
2013年67734.4歳5.2年4,607人
2012年66334.2歳5.1年3,842人

関連:各年収の手取り額と生活レベル

ヤフーの採用情報

ヤフーは多くの職種で中途採用を行っていますが、大きく「エンジニア」「デザイナー」「ビジネス」の3つに分かれています。

募集職種

エンジニア

  • フロントエンド/バックエンドエンジニア
  • データサイエンティスト
  • 社内情報システムエンジニア
  • 研究開発エンジニア
  • セキュリティー企画
  • セキュリティー監視
  • 動画エンジニア
  • 特任研究員
  • 基盤研究開発エンジニア など

デザイナー

  • デザイナー
  • オープンポジション

ビジネス

  • プロダクトマネージャー
  • 営業事務
  • オープンポジション
  • 加盟店サポート
  • ビジネス開発
  • ストアアドバイザー
  • Yahoo!ショッピングなどの事務
  • データアナリスト
  • 広告審査
  • 広告主サポート
  • サービス・プロモーション企画
  • カスタマーサポート
募集職種について

ヤフーの中途採用は、募集職種が多く、応募職種を一つに絞るのは難しいと思います。しかし、「エンジニア」「デザイナー」「ビジネス」の3領域でオープンポジションが用意されています。「興味のある職種が複数ある」「自分がどの職種に当てはまるかわからない」という方は、オープンポジションに応募することをおすすめします。

ヤフーの評判・口コミ

  1. ヤフーは残業が多い?
  2. ヤフーはブラック企業?

①ヤフーは残業が多い?

ヤフーの平均残業時間:月15〜30時間

ヤフーの平均残業時間は、月15〜30時間程度です。同業界の会社と比べて、残業が少ないです。有給休暇消化率も70%を超えており、ワークライフバランスを意識した働き方ができるホワイト企業であると考えられます。

②ヤフーはブラック企業?

ヤフーはホワイト企業

「残業時間」や「有給休暇消化率」「福利厚生の充実度」などを見ると、他社よりも恵まれた労働環境だと言うことがわかります。働き方改革にも、積極的に取り組んでおり、さすが日本を代表する企業です。

ヤフーの転職難易度

転職難易度
高い
※Smartwith調べ
転職人気度
10位
※doda調べ(2018年度)

ヤフーの転職難易度は、職種によって異なりますが、平均よりも高いです。ヤフーは多くの職種で採用を行っていますが、人気職種に限っては、すぐに応募者でいっぱいになります。

そのため、あらかじめ転職エージェントに登録しておき、ヤフーの希望求人が発生したらすぐに応募できるように、あらかじめ準備しておくことが重要です。

ヤフーの転職成功ポイント

ヤフーに転職したいのですが、転職を成功させるポイントを教えてください。

ヤフーへの転職を成功させるポイントは、「転職エージェントを利用する」これに尽きると思います。転職エージェントでは、求人紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、内定後の条件交渉など、すべてのことを担当のキャリアアドバイザーが行ってくれます。

また、下記のメリットがあるため、ヤフーへ転職を考えている方は、転職エージェントの利用は必須です。

  1. 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
  2. 企業に特化した面接対策・応募書類の添削を受けられる
  3. 年収アップなどの条件交渉を代替してもらえる

①非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、公開求人だけでなく、転職サイトや会社HPに掲載されていない「非公開求人」を大量に保有しています。非公開求人を紹介してもらうことで、求人の選択肢が広がり希望条件に合った求人が見つかりやすくなります。

なぜ非公開にするの?

有名企業や人気企業の求人を公開すると、応募者が集まり過ぎてしまいます。採用人数に対して応募者が集まり過ぎると、採用担当者の負担が大きくなります。そのため、有名企業や人気企業の求人は、非公開にされることが多く、一部の求職者にしか紹介されないのです。

②企業に特化した面接対策・応募書類の添削を受けられる

転職エージェントは、これまでの転職成功者の転職ノウハウを蓄積しています。企業ごとに、書類選考のポイントや面接対策のポイントをデータ化しているので、企業に特化した対策をすることができます。

例えば、面接対策では、担当のキャリアアドバイザーから下記の情報を共有いただき、希望すれば実際に模擬面接を行ってくれます。企業に特化した対策をすることで、内定確度は格段に高まります。

ー面接官はどのような人か?

ー面接で見られるポイントは?

ー面接ではどのような質問がされたか?

ー過去どのような人が内定したか?

③年収アップなどの条件交渉を代替してもらえる

「面接で話し合った希望年収よりも低かった」

提示年収が思ったより低かった場合、自分から条件交渉をするのは難しいです。「交渉したら内定を取り消されるのではないか」「採用担当者からの心象が悪くなるのではないか」など、気になってしまいますよね。

転職エージェントであれば、年収などの条件交渉を転職のプロが代替してくれるので、トラブルになることも無く、安心して任せることができます。

実際に、転職エージェントで実績No.1のリクルートエージェントでは、利用者の60%以上が年収アップしています。

ヤフーに転職するなら利用すべき転職エージェント3選

ヤフーを志望している方は、下記条件に当てはまる転職エージェントを利用するべきです。

  • ヤフーの求人を扱っている可能性が高いか?
  • ヤフー関連の求人も豊富に扱っているか?
  • 転職サポートの質は高いか?

具体的には、下記5つの転職エージェントがおすすめです。すべてに登録する必要はありませんが、『リクルートエージェント』と『doda』は必須です。初めての転職の方は『パソナキャリア』、年収500万円以上の方は『JACリクルートメント』と『キャリアカーバー』をプラスすると良いでしょう。

サービス名登録すべき人特徴
リクルートエージェントすべての転職者業界最大手。転職支援実績、求人数ともに第1位の転職エージェント。
dodaすべての転職者業界第2位。求人数はリクルートエージェントに次いで多い。
パソナキャリア初めての転職者転職サポートが充実している初めての転職でも安心の転職エージェント。
JACリクルートメント年収500万円以上の転職者ハイクラス転職実績No.1。高年収求人をメインに扱う転職エージェント。
キャリアカーバー年収500万円以上の転職者リクルートが運営するハイクラス転職サービス。

リクルートエージェント

求人の質・量
(5.0)
サポートの質
(4.5)
実績
(5.0)
総合評価
(4.8)

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営しており、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域全国
探せる職種営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数約24万件(2018年11月現在)
特徴・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

doda

求人の質・量
(4.5)
サポートの質
(4.0)
実績
(4.5)
総合評価
(4.3)

doda(デューダ)は、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

dodaの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域全国
探せる職種営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数10万件以上
特徴・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

パソナキャリア

求人の質・量
(4.0)
サポートの質
(4.7)
実績
(4.0)
総合評価
(4.2)

パソナキャリアは、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域全国
探せる職種営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数3万件以上
特徴・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%

JACリクルートメント

JACリクルートメント

求人の質・量
(4.0)
サポートの質
(4.5)
実績
(4.5)
総合評価
(4.3)

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業において、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

年収500万円以上で年収アップを目指している方にとっては、必須の転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域全国
探せる職種サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数1万5,000件以上
特徴・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内第3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

キャリアカーバー

キャリアカーバー

求人の質・量
(4.0)
サポートの質
(4.0)
実績
(3.5)
総合評価
(3.8)

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいでしょう。

高年収求人がまとまっているので、年収500万円以上の方にとっては、非常に便利なサービスとなっています。ぜひ公式HPチェックしてみてください。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域全国
探せる職種経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数多い
特徴・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

転職エージェントを利用する前に知っておくべきこと

転職エージェントを利用する前に知っておくべきことを、5つにまとめました。

  1. 転職エージェントの流れを理解しておく
  2. 履歴書・職務経歴書は詳細に記入する
  3. 紹介された求人が合わなければ指摘する
  4. 相性が合わなければ担当変更する
  5. 同じ求人に複数の転職エージェントから応募しない

①転職エージェントの流れを理解しておく

STEP1
登録
転職エージェントは、完全無料で利用できます。登録も約3分ほどで完了するので、まずは登録しましょう。
STEP2
面談
登録から1週間以内に、電話またはメールにて「面談の日程調整」の連絡が届きます。面談では、「経歴」や「希望条件」などをキャリアアドバイザーと話し合います。その後、あなたの希望条件に合った求人をキャリアアドバイザーから紹介されます。
STEP3
求人応募
紹介された求人の中から、興味のある求人に応募します。応募をすると、あなたの履歴書・職務経歴書が企業の採用担当者に送られます。書類選考に通過すると、面接のお知らせが届きます。
STEP4
面接
面接の日程調整はキャリアアドバイザーが行ってくれるので、あなたは面接を受けるだけで大丈夫です。また、希望があれば、キャリアアドバイザーが面接対策を行ってくれるので、ぜひ活用しましょう。
STEP5
内定・入社
内定を頂いても、転職活動は終わりではありません。内定通知書の条件を確認し、「年収」や「福利厚生」などに、納得できない点があれば、キャリアアドバイザーがあなたの代わりに条件交渉をしてくれます。条件に満足できたら、内定を承諾し、入社となります。

②履歴書・職務経歴書は詳細に記入する

これは言うまでもありませんが、履歴書・職務経歴書は詳細に記入しましょう。履歴書・職務経歴書の内容が薄いと、書類選考の通過率が極端に下がります。

採用担当者は、一人ひとりの履歴書・職務経歴書をすべてチェックしている訳ではないので、「わかりやすい」「読みやすい」を意識して作成しましょう。

キャリアアドバイザーに何度か添削してもらえば、書類選考通過率は、格段にアップするはずです。

③紹介された求人が合わなければ指摘する

キャリアアドバイザーから紹介された求人が、あなたの希望条件に合っていない場合、迷わず指摘しましょう。「もっと年収が高い求人が良いです」「職種は固定で業界はもっと幅広くしてください」など。

キャリアアドバイザーとの話し合いを重ねることで、よりあなたに合った精度の高い求人紹介を受けることができます。

④相性が合わなければ担当変更する

担当のキャリアアドバイザーと相性が合わなければ、「担当変更をしてもらう」または「他の転職エージェントの利用」を検討しましょう。

相性が合わないキャリアアドバイザーと転職活動を進めても良いことはありません。多くの転職エージェントで、キャリアアドバイザーの変更を受け付けてくれるので、安心してください。

⑤同じ求人に複数の転職エージェントから応募しない

これは絶対にNG行為です。複数の転職エージェントを利用している場合は、同じ求人に応募しないように注意しましょう。採用企業からすると、同じ求職者から複数の転職エージェント経由で応募が来ると、不信感が募ります。

場合によっては、当該企業に再度応募することができなくなる可能性もあります。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。