転職の内定後に迷うのは当然!【3つの解決方法を解説】


内定後に迷うのは当然

転職は、人生の中でも大きな転換を迎える選択です。そのため、内定後に迷ってしまう転職者は多いので、あなただけではありうません。特に、下記のような悩みを持つ方が多いです。

  • 新しい上司と上手くいかないかも
  • 求人内容と実態が違っていたらどうしよう
  • やっぱり今の職場の方がいいのではないか
  • 条件を妥協しすぎているのではないか

必要なのは「納得感」

迷いを解決するキーワードは、納得感です。現職に留まる選択をしても、内定先に行く選択をしても、併願企業の選考を受ける選択をしても、100%思い通りにいく未来はありません。

注意したいのは「あの時あの選択をしていれば…」と後悔し、前に進めなくなってしまうことです。後悔しないためには、納得が必要です。納得さえできていれば、どのような選択をしても、自分次第で素晴らしい選択にすることができます。

下記の解決方法は、その「納得」を生むための手段としてご紹介させていただきます。

「納得感」を生む3つの方法

①最初に設定したMust条件とWant条件に立ち返る

転職活動を始めた時に明確にした、絶対に譲れない「Must条件」とあった方がいい「Want条件」を振り返ってみましょう。もしこの条件を明確にせずに転職活動を始めた方がいれば、このタイミングで明確にしましょう。

そして、列挙した条件に、内定先の企業がいくつ当てはまっているのかを考えます。迷っている企業(もしくは現職)にも当てはめて比較してみましょう。内定先の企業が「Must条件」を全部満たし、「Want条件」も上回っていた場合、それは間違いなくあなたの望みに近い企業です。

もし、内定先の方が現職より上回っていた場合、少なくとも現職に留まる理由はなくなると思います。逆に、現職の方が上回っていた場合、内定先の企業に行くべきではないかもしれません。

マリッジブルーのように、新しい未知なる挑戦にナイーブになり、ネガテイブな気持ちになっていた場合には、このように、客観的な視点で改めて判断してみましょう。

②疑問を全て解消する

企業に対する疑問がある場合は、全て質問しましょう。企業側としても、短期で辞める可能性のある人を採用したくないため、正直に話してくれます。

ただし、複数回に渡って何度も何度も質問を繰り返すことはNGです。企業側の負担が重くなるばかりか、「質問をまとめる力がないのでは」と心象が悪くなります。そのため、しっかりと疑問は全て洗い出し、条件面談時やメールなどでまとめて質問をするようにしましょう。

③第三者に相談する

「内定先と同業界の人」や「(可能であれば)内定先の社員」「(転職エージェントを利用している場合)プロのキャリアアドバイザー」に相談しましょう。正解が無い問題を自分一人で悩んでいると、時間ばかりが過ぎてしまいます。

第三者に相談することで、客観的な視点からアドバイスを貰えるので、納得感を得やすくなります。

ただ、第三者に判断を委ねてしまうのはNGです。「あの人がこういったからここに決めたのに失敗した」という他責思考での言い訳を生んでしまうことになります。そうすると、その時点で立ち止まってしまうことになりかねないので、あくまでも、最終的な判断は自分で行いましょう。

おわりに

結局は、自分次第です。どのような選択をしても、自分の努力次第で未来は変えられます。人生の大きな転換期だからこそ、深く悩むことは必要です。

しかし、あれこれ悩みすぎると、立ち止まってしまいます。納得感を持って、自分を信じて決めた選択は、あなたを裏切ることはないでしょう!まずは、下記3つを試して「納得感」のある選択をしてみてください。

  1. 最初に設定したMust条件とWant条件に立ち返る
  2. 疑問を全て解消する
  3. 第三者に相談する

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。