「第二新卒」と「既卒」の違いとは?【第二新卒の転職ブログ】

転職市場では、第二新卒、既卒という言葉が当たり前に使われるようになりました。企業としても、企業文化に染まっていないフレッシュな若手を採用したいというニーズが高まり、第二新卒や既卒の求人倍率が上がってきています。

一方で、第二新卒と既卒の違いを知っている方は非常に少ないというのが現状です。今回は、第二新卒と既卒の違いについて解説致します。

私も第二新卒で転職した身ですが、当時は第二新卒と既卒の違いについて意識していませんでした。本日は両者の違いについて簡単に説明致します。

第二新卒と既卒の違いとは?

両者の違いを簡単に説明すると、第二新卒は新卒入社した会社を3年以内に辞めた求職者を指すのに対して、既卒は学校は卒業したが就職したことのない人を指します。

私は新卒で入社した企業を1年で退職し、その後人材会社に転職しました。この場合は、第二新卒の転職に該当します。一方で、私の友人のように大学を卒業後に就職しなかった方を既卒と言います。

転職市場の市況観は日々変化していますが、現状「第二新卒」「既卒」の求人倍率は高まっています。経験が浅い、もしくは未経験の方でもエントリーできる求人が昔よりも非常に多くなりました。新卒2〜3年での転職が当たり前になり、また大学卒業後に留学をしていた方など、ポテンシャルを持った多様な人材が溢れており、企業側もその分野の採用に力を入れています。

つまり、「新卒1年で退職してしまった方」「大学卒業後に就職しなかった方」でも転職・就職することは可能です。

第二新卒・既卒におすすめの転職サービス


第二新卒・既卒の方におすすめの転職サービスを聞かれた際に、毎回おすすめしているサービスが就職Shopです。就職Shopは転職エージェントではありませんが、若手向けの転職サービスです。大手のリクルートが運営しており安心して相談可能です。

就職Shopが素晴らしい点は、若者を「書類」ではなく「人間」の可能性で見るというサービスの考え方です。サービスの根底にある考え方の通り、面談を何度もして頂き、自分の志向性に合った求人を紹介頂けます。その為、ミスマッチが比較的少ないと感じました。

ぜひ一度、就職Shopの面談を受けてみてください。自分の可能性が広がると思います。

【私が感じた就職Shopの魅力】

  1. 若手の採用に特化している点
  2. 経験豊富なキャリアアドバイザーに面談して頂ける
  3. 面談の数が他のサービスよりも多く自分の志向性に合った求人を紹介頂ける
  4. 書類選考がないので面接の機会を多く頂ける
  5. 求人はすべて訪問取材したものだけ
  6. 未経験求人が多数ある点
運営企業 株式会社リクルートキャリア
サービスエリア
(店舗エリア)
就職Shopとうきょう、就職Shopしんじゅく、就職Shopにしとうきょう、就職Shopヨコハマ、就職Shopちば、就職Shopさいたま、就職Shopおおさか、就職Shopこうべ、就職Shopきょうと
求人  既卒、第二新卒がメイン
特徴 ・若手の採用に特化している点
・経験豊富なキャリアアドバイザーに面談して頂ける
・面談の数が他のサービスよりも多く自分に志向性に合った求人を紹介頂ける
・書類選考がないので面接の機会を多く頂ける
・求人はすべて訪問取材したものだけ
・未経験求人が多数ある点
おすすめ度

おわりに

いかがだったでしょうか。本日は第二新卒と既卒の違いについて解説致しました。第二新卒は新卒入社した会社を3年以内に辞めた求職者を指すのに対して、既卒は学校は卒業したが就職したことのない人。

非常に簡単な考え方ですが、知らない方も多くいますので、念のため覚えておきましょう。最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Pocket