転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

リクルートエージェントの登録方法【おすすめの登録時期と登録後の流れについても解説】

このページでは、リクルートエージェントの登録方法について、スマホとパソコンに分けて解説しています。リクルートエージェントの登録は、約3分で完了するのでサクッとやっておきましょう。

筆者プロフィール

元リクルートの転職エージェント。広告業界を中心に、IT、人材、商社、メーカーなど、100社以上の中途採用を支援。趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系。幅広い業界知識を元に役立つ転職情報を発信します。

スマホ版:リクルートエージェントへの登録方法

リクルートエージェントにスマホから登録する流れは、3ステップです。約3分で完了します。

  1. 公式HPへアクセス
  2. 基本情報をタップで入力
  3. 任意情報の入力
STEP1
公式HPへアクセス
リクルートエージェントのスマホ登録画面

公式HPにアクセスすると、登録画面が表示されます。

STEP2
基本情報を入力
リクルートエージェントのスマホ登録画面

次に、基本情報を入力していきます。入力項目は20項目ありますが、画像のように選択するだけなので、非常に簡単です。入力項目は以下の通りです。

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 直近の年収
  • 直近の経験職種
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 転職情報メールの受け取り可否
  • 性別
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴
  • 卒業学校名
  • 学部・学科
  • 卒業年月
  • 英語力
  • 現在の就業状況
  • 経験社数
  • 直近の勤務会社名
  • 入社年月
  • 直近の経験業種
  • 直近の勤務先での雇用形態
STEP3
任意情報の入力
リクルートエージェントのスマホ登録画面

最後に、「任意情報」の入力をします。こちらの項目は「任意」と記載されていますが、必ず入力しましょう。空白のままだと「転職意欲が低い」と思われ、面談を後回しにされたり、優秀なキャリアアドバイザーが担当にならない可能性があります。

任意情報の入力が終われば、登録完了です。あとはメールが届くので、メールの指示に従ってパーソナルデスクトップの設定や面談の日程調整を行いましょう。

パソコン版:リクルートエージェントへの登録方法

リクルートエージェントにパソコンから登録する流れは、3ステップです。約3分で完了します。

  1. 公式HPへアクセス
  2. プロフィール情報の入力
  3. 任意情報の入力
STEP1
公式HPへアクセス
リクルートエージェントのPC登録画面

公式HPにアクセスすると、登録画面が表示されます。最初に入力する項目は下記のとおりです。

  • 転職希望時期
  • 希望勤務地
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • メールアドレス
  • 転職情報メール
STEP2
プロフィール情報の入力
リクルートエージェントのPC登録画面

次に、プロフィール情報を入力していきます。入力項目は下記のとおりです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 最終学歴
  • 経験社数
  • 業種
  • 社名
  • 雇用形態
  • 在籍期間
  • 英語力
  • その他語学力・資格など
STEP3
任意情報の入力
リクルートエージェントのPC登録画面

最後に、「任意情報」の入力をします。こちらの項目は「任意」と記載されていますが、必ず入力しましょう。空白のままだと「転職意欲が低い」と思われ、面談を後回しにされたり、優秀なキャリアアドバイザーが担当にならない可能性があります。

任意情報の入力が終われば、登録完了です。あとはメールが届くので、メールの指示に従ってパーソナルデスクトップの設定や面談の日程調整を行いましょう。

リクルートエージェントの利用の流れ(登録後)

リクルートエージェントの利用の流れを理解しておきましょう。リクルートエージェントの利用の流れは、大きく5つです。

  1. 登録
  2. 面談
  3. 求人紹介
  4. 面接
  5. 内定〜入社
STEP1
登録

登録は公式HPからできます。約3分で完了するので、サクッとやっておきましょう。

STEP2
面談

転職エージェントの大きな価値。自身のキャリア相談から転職活動のアドバイスまで、転職成功に向けて熟練のキャリアアドバイザーが徹底サポート。

STEP3
書類作成〜求人紹介

履歴書・職務経歴者の作成後、一般には出回っていない非公開求人を含めた「あなたに合った求人」が紹介されます。

STEP4
面接

選考についてもキャリアアドバイザーが徹底サポート。普通では聞けない企業の本音や選考対策も聞けます。

STEP5
内定〜入社

内定後にも、条件交渉、意思決定、退職交渉、入社前準備とやることは沢山。しかし、こちらもキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

リクルートエージェントの登録についてよくある質問

  1. 登録したら電話はしつこくかかってくる?
  2. おすすめの登録時期はある?
  3. 転職情報メールって何?受け取った方がいい?
  4. リクルートエージェントへ登録後に連絡が無かったらどうする?

①登録したら電話はしつこくかかってくる?

「転職エージェントに登録すると電話がしつこくかかってくる」という噂を聞いたことがあるかもしれません。結論から申し上げると、電話はかかってきます。しかし、基本的には意味のある電話です。

転職エージェントとは、経験豊富なキャリアアドバイザーが無料で担当に付き、転職サポートを行なってもらえるサービスです。そのため、面談の調整や企業情報・先行情報についての連絡が電話で行われることがあります。

もし「しつこい」と感じるようなら、それを解消する手段もあります。このあたりについては、リクルートエージェントの電話は本当にしつこい?無視しても大丈夫?で詳しく解説しています。

②おすすめの登録時期はある?

結論から申し上げると、「転職したい」思った時がリクルートエージェントへのおすすめ登録時期です。特にリクルートエージェントは多数の企業と取引をしており、求人数も業界トップ。いつ登録しても満足感のあるサービスを受けることが可能です。

一方、「求人が増加している時期」があるのも事実。それは、3〜4月と9〜10月です。この時期は、年度切り替えによる組織変更、欠員補充、新規事業スタートなどが多く、中途入社者を求める企業が多くなります。

「中々良い求人に巡り会えない」と思っている方は、この時期に登録してみると良いかもしれません。一方、この時期は求職者の登録も多くなり、ライバルも増えます。したがって、初めに申し上げた通り、時期に縛られることなく、「転職したい」と思った時に転職を始めることをおすすめします。

③転職情報メールって何?受け取った方がいい?

転職情報メールとは、転職に役立つ情報(転職情報、求人情報など)が配信されてくるメルマガです。「より希望に合った情報を取得」をクリックすることで、自身の興味のある職種の情報を受け取ることができます。

このメールは、転職支援サービス未登録の方のみに配信されます。つまり、リクルートエージェントの登録を途中で止めてしまった方向けのものです。本登録完了後は配信が停止されます。そのため、本登録をする人にとっては特に関係のないサービスですです。

④リクルートエージェントへ登録後に連絡が無かったらどうする?

リクルートエージェントへの登録後は、面談設定の連絡があります。面談が終わると、面談したキャリアアドバイザーからおすすめ求人が紹介されるようになります。

しかし、登録したのに連絡が無い場合も。登録の際に情報を良い加減に入力していたり、面談で「紹介できる求人がない」と判断されてしまうと連絡が途絶えるケースがあります。

登録の際に情報を良い加減に入力していた場合は、改めて登録し直しましょう。一方で「紹介できる求人がない」と判断されてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

答えは、「別の転職エージェントを利用する」です。リクルートエージェントでダメだからといって、他の転職エージェントもダメだとはなりません。取引企業群や、方針、担当者の力など、様々な点が異なります。他にも沢山の転職エージェントがあるため、さっさと次に行くことをおすすめします。

リクルートエージェントと併用するべき転職サービス

転職サービスは、最初から一つに絞るよりも、3〜4社の転職サービスを利用してみることをおすすめします。事実として、転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

ここでは、リクルートエージェントと併用するべき転職サービスをご紹介します。

1位:doda
2位:パソナキャリア
3
位:マイナビエージェント
必須:リクナビNEXT

1位:doda

【おすすめ度】
【公式HP】https://doda.jp/

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

dodaの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数 10万件以上
特徴 ・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

2位:パソナキャリア

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリア、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

パソナキャリアの評判と特徴を転職エージェントが解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数 3万件以上
特徴 ・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%

3位:マイナビエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、人材業界大手のマイナビが運営する20〜30代の転職に力を入れている転職エージェントです。最近では、その使いやすさと求人の質からユーザー数を急速に伸ばしています。

他の転職エージェントに比べて20〜30代の転職に強く、20代に信頼されている転職エージェントで第1位に選ばれています。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

マイナビエージェントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、営業職、コンサルタント/監査法人/士業関連、不動産専門職、経営/企画/管理/事務、建築設計/土木/プラント/設備、機械/電気・電子/素材、医療系専門職、金融専門職、クリエイティブ、販売/サービス
求人数 3万件以上(2018年11月現在)
特徴 ・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代、30代の転職サポートに強い(転職サポートに定評がある)
・キャリアアドバイザーの質が高い
・特に関東エリアに強い

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。