パソナキャリア札幌拠点の概要【求人特性の分析・面談ポイントについて解説】


パソナキャリア札幌拠点の概要

パソナキャリアは全国に拠点があります。拠点ごとに大きな違いはありませんが、在籍するキャリアアドバイザーや求人特性が異なります。このページでは、主に札幌(北海道エリア)の求人特性について解説いたします。

パソナキャリア札幌拠点(北海道エリア)の基本情報

パソナキャリアに登録すると、担当のキャリアアドバイザーと面談を行います。北海道の場合は、札幌支店で面談が行われることが多いです。

支店 札幌支店
住所 〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2-5 JRタワーオフィスプラザさっぽろ16F
電話番号 0120-807-054(全国フリーダイヤル)
アクセス JR札幌駅 徒歩1分

パソナキャリアの札幌(北海道エリア)の求人内訳

パソナキャリアが保有する求人は、公開求人が20%、非公開求人が80%。その中で札幌(北海道エリア)の公開求人数が613件存在しています。(2019年8月時点)

このページでは、その公開求人の中での求人内訳を解説いていきます。あくまでもパソナキャリア保有求人の20%しかない公開求人の解説ではありますが、傾向は見えてくるので是非参考にしてください。

パソナキャリアの札幌(北海道エリア)求人:年収上限内訳

パソナキャリア札幌求人内訳 年収

パソナキャリアの札幌(北海道エリア)求人の年収上限内訳は、

  1. 500〜600万円:19%
  2. 600〜700万円:19%
  3. 400〜500万円:17%
  4. 700〜800万円:12%

となっています。半分以上の求人の年収上限500万円以上。パソナキャリアの札幌求人は年収が高い傾向にあります。

パソナキャリアの札幌(北海道エリア)求人:業界内訳

パソナキャリア札幌求人内訳 業界

パソナキャリアの札幌(北海道エリア)求人の業界内訳は、

  1. 製造業(メーカー):29%
  2. 不動産・建設:21%
  3. IT:11%
  4. 流通・小売・サービス:9%
  5. 教育・人材ビジネス:8%

となっています。製造業(メーカー)業界と不動産・建設業界の求人が多くなっています。

パソナキャリアの札幌(北海道エリア)求人内訳:職種

パソナキャリア札幌求人内訳 職種

パソナキャリアの札幌(北海道エリア)求人の職種内訳は、

  1. 営業:24%
  2. 不動産・建設専門職:19%
  3. 技術職(電気・電子・機械・化学):17%
  4. IT・Webエンジニア:11%
  5. 管理・事務:8%

北海道エリアの求人特性

一般的に、北海道では東京に本社を置く大手企業の支店スタッフの求人が多数存在する傾向にあります。パソナキャリアでは、メーカーや不動産、建築などの地場企業の求人をしっかりと抑えており、その結果、営業職などの求人が多くなっています。

北海道エリアに本社を置く大企業一覧

北海道には、日本人なら誰でも知る家具企業のHDや、食品系の本社が存在しています。

  • ニトリホールディングス
  • 石屋製菓
  • アークスグループ
  • 北海道コカ・コーラボトリング
  • 北海道電力

北海道エリアの経済規模と将来性

「北海道(札幌)」と聞くと、福岡や仙台と並ぶ経済都市というイメージを持たれる方も多いと思います。では、実際のところどうでしょうか。北海道の「経済規模」と「将来性」を確認してみましょう。

現在の北海道エリアの経済規模

  • 人口:537.7万人
  • GDP:18.9兆円
  • 上場企業:49社

北海道は福岡や広島、静岡よりも経済規模が大きいです。一方、経済規模は現象傾向。人口減が課題となっており、北海道経済連合会は「2030年に現在と同水準のGDPを維持するためには労働力が26万人不足」との試算を発表しています。

北海道エリアの将来性

現在、北海道は人口減が大きな課題となっています。一方で、ITを積極的に導入することにより一人あたりの生産性を上げることで、人口減の影響を軽減する働きかけを始めています。

北海道とIT産業の親和性は高く注目されてきます。現在も、北海道の安全性に着目され、企業のサーバーが置かれていたり、レンタルサーバー会社が北海道に存在したりしています。行政としても、今後IT領域に力を入れていく方針のため、IT領域の発展は期待できます。

リクルートエージェントの北海道求人との違い

パソナキャリアの北海道求人(公開求人数が613件)に対し、リクルートエージェントの北海道エリアの求人数は、公開求人が2,779件、非公開求人が2,595件です。(2019年8月時点)

求人の業界内訳も大きく変わっています。詳しくは、下記ページをご覧ください。

パソナキャリア札幌拠点での面談のポイント

パソナキャリアの面談に初めて参加する場合、何を準備するべきか分からない方は多いと思います。ここでは、面談を上手に活用するための3つのポイントをご紹介いたします。

  1. 履歴書・職務経歴書は作成しておく
  2. 目的意識を持っていく
  3. 清潔な服装を心がける

1.履歴書・職務経歴書は作成しておく

マイナビエージェントでは、経験豊富なキャリアアドバイザーからの転職サポートを無料で受けることができます。最初の面談では、希望条件や志向性、転職をしたい理由についてヒアリングされることが多いです。

あらかじめ履歴書・職務経歴書を作成しておくと、面談の場でより深い話ができます。キャリアアドバイザーは求職者を深く理解できるため、より求職者にマッチした求人を紹介しやすくなります。

2.目的意識を持つ

キャリアアドバイザーとの面談時間は60〜90分です。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは多くの求職者を担当しているため、時間の延長はできないと考えましょう。

面談時間は、思ったよりあっという間に過ぎてしまいます。面談の目的意識を持って臨まなければ、無駄な時間になってしまいます。 キャリアアドバイザーに聞きたいことや自身の転職に対する考えを整理しておくことで、面談はスムーズに進みます。

3.清潔な服装を心がける

面談は私服でOKですが、ビジネスカジュアルが適しています。キャリアアドバイザーに悪印象を与えてしまうと、積極的に求人を紹介してもらえなくなる可能性があるので、最低限の注意をしましょう。

服装だけでなく、言動や態度などもビジネスマナーの範囲内であることを意識してください。キャリアアドバイザーは転職のパートナーです。キャリアアドバイザーも人間なので、好印象を持った方には積極的になるはずです。


この記事をかいた人

    元リクルートの転職エージェント/趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系
    ■当サイトに関する注意事項
    • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
    • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
    • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
    • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。