マイナビエージェントの退会方法は2種類【メリット・デメリットを解説】


マイナビエージェントの退会の種類は2つあります。

  1. 退会
  2. 個人情報削除

どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、それを理解した上で退会をしましょう。このページでは、「退会方法について」だけでなく「マイナビエージェント以外におすすめの転職サービスについて」も詳しく解説しているので、参考になる情報が見つかるはずです。

筆者プロフィール

元リクルートの転職エージェント。広告業界を中心に、IT、人材、商社、メーカーなど、100社以上の中途採用を支援。趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系。幅広い業界知識を元に役立つ転職情報を発信します。

マイナビエージェントの退会の種類

マイナビエージェントの退会には、2種類あります。

  1. 退会
  2. 個人情報削除

1.退会

マイナビエージェントの「退会」とは、会員からは退会するものの、個人情報はマイナビエージェントに残しておくという退会方法です。「退会」すると、マイナビエージェントからの連絡は一切無くなります。

メリットとしては、改めてマイナビエージェントに再登録することになった時、以前登録した情報が残っていること。ゼロから情報を入力する必要がないため、再登録が非常に簡単です。

デメリットは、自身の個人情報がマイナビエージェントに残り続けること。マイナビは大企業であるため情報漏えいに対する対策はしっかり取っています。外部に個人情報が流出したり、マイナビ社員に不用意に個人情報を覗かれる可能性は非常に低いですが、気になる方は「個人情報削除」をおすすめします。(下記参照)

「またマイナビエージェントを利用する可能性がある」「個人情報が残っていても差し支えない」と考える方は、「退会」を選択しましょう。

2.個人情報削除

マイナビエージェントの「個人情報削除」とは、自身の登録情報が完全に抹消される退会方法です。「退会」と同様に、マイナビエージェントからの連絡は一切なくなります。

メリットは、個人情報が抹消されるため、自身の個人情報が外部に流出したり、マイナビ社員に不用意に見られるリスクがゼロになること。

デメリットは、再度マイナビエージェントに登録する際に、またゼロから情報を入力する必要があること。選考情報なども完全に抹消されるため、自身がどのような企業に応募したかなどの、転職活動情報も消えることになります。

「もう二度とマイナビエージェントは使わない」「個人情報が漏れるリスクが少しでもあるのが嫌だ」と考える方は、「個人情報削除」を選択しましょう。

マイナビエージェントからの退会方法

「退会」の場合も「個人情報削除」の場合も、退会方法は同じですが、退会方法は2つの方法あります。

  1. 担当キャリアアドバイザーに連絡
  2. 退会用のメールアドレスに連絡

1.担当キャリアアドバイザーに連絡

担当キャリアアドバイザーに直接退会の旨を連絡しましょう。電話でもメールでもどちらでも構いません。その際に、「退会」であるか「個人情報削除」であるかを伝えましょう。

基本的に、キャリアアドバイザーからどちらを選択するのかを聞かれますが、たまに忘れているキャリアアドバイザーもいます。こちらから伝えましょう。

また、選考状況が残っている場合、退会を引き止められることもあります。急に引き止められるとそのまま流されてしまうこともあると思いますが、退会を心に決めている場合はその旨をハッキリ伝えましょう。

2.退会用のメールアドレスに連絡

基本的に、メールアドレスでの連絡は面談をしていない登録者のみです。しかし、担当キャリアアドバイザーに連絡するのが気まずかったり、引き止められるのが嫌な場合はメールで連絡しましょう。退会用のメールアドレスに、下記内容を送信すれば、完了です。

退会用のメールアドレス:E-mail:privacy-info@mynavi.jp

件名:退会または個人情報削除 のどちらかをご記入ください

1.ご登録氏名(必須):

2.生年月日(必須):

3.ご登録メールアドレス(必須):

4.ご登録電話番号(必須):

5.退会・削除理由(下記より選択してください)

a) 転職先が決まったため(人材紹介会社経由 or 自己応募)

b) 転職活動をとりやめたため

c) 有益なサービスが受けられなかったため

d) 誤って登録をしてしまったため

※今後のサービス向上のため、ご登録頂いた際のサイト名称やURLについてお知らせください

6.退会のみ希望/登録情報の削除を希望

※どちらかを選択してください

マイナビエージェントに満足できなかったら利用すべき転職サービス

元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:パソナキャリア
3位:doda
必須:リクナビNEXT

1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域全国
探せる職種営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数約24万件(2018年11月現在)
特徴・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

2位:パソナキャリア

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

パソナキャリアの評判と特徴を転職エージェントが解説

対応地域全国
探せる職種営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数3万件以上
特徴・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%

3位:doda

【おすすめ度】
【公式HP】https://doda.jp/

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

dodaの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域全国
探せる職種営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数10万件以上
特徴・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域全国
探せる職種営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数非常に多い
特徴・転職者の約8割が登録
・転職決定数No.1
・約9割が正社員求人
・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人

・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ
・スカウト機能

・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

この記事をかいた人

    元リクルートの転職エージェント/趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系
    ■当サイトに関する注意事項
    • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
    • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
    • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
    • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。