転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

転職活動は始める前に家族に相談するべき?【経験談あり】

転職活動を始める時、家族にはしっかりと相談していますか?

「相談せずになんとなく転職活動を進めてしまっている」

「恥ずかしいから、内定が取れてから言おうと思っている」

という方は多いのではないでしょうか?

しかし、家族に相談しなかったが故に「転職に失敗」してしまう人は珍しくありません。そのため、必ず転職活動は家族に相談するべきです。

このページでは、実際の体験談を元に「転職活動を家族に相談した方が良い理由」を元リクルートの転職エージェントが解説します。

筆者プロフィール

元リクルートの転職エージェント。広告業界を中心に、IT、人材、商社、メーカーなど、100社以上の中途採用を支援。趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系。幅広い業界知識を元に役立つ転職情報を発信します。

結論:転職活動前に家族に相談した方が良い

転職活動を始める前に、転職について家族に相談するべきです。

転職とは、人生の大きな転換点。家族と過ごせる時間、収入、勤務地など、家族に大きく関わってきます。そんな大事なことを家族に相談せずに進めてしまうと、当然、家族間でトラブルが起きることがあります。

実際、私が転職エージェント時代に転職活動開始前に家族に相談しなかったことが原因で、大きく揉めた求職者を見てきました。そんな経験から、家族に相談した方が良い2つの理由を紹介します。

家族に相談した方が良い2つの理由

家族に相談した方が良い理由は、大きく2つあります。

  • 「家族に反対されて転職失敗」はよくある話し
  • 転職活動には心身共にサポートが必要

「家族に反対されて転職失敗」はよくある話し

「家族に反対されて転職失敗する求職者」は珍しくありません。特に、内定を貰った段階で初めて転職活動を家族に打ち明ける求職者は、揉める傾向にあります。

転職とは自分だけでなく、家族の人生にも影響を与える転換点です。自分だけが「転職すること」や「内定先の企業」に納得していたとしても、家族が同様に納得してくれるとは限りません。

特に、内定を貰った後に初めて転職活動を打ち明けられるのは、既成事実を作られてしまっているように感じ、良い印象を持たれません。そうなると、もう何を言っても聞き入れてくれない状態になることもあります。

内定の回答期限が迫る中、家族を説得するのは至難の技です。そのため、転職活動をスムーズに進めるためには、事前に家族に相談することが必須です。

仮に転職できても、その後の家族仲が悪くなることも

家族に反対されたあと、強引に説得して転職したとしても、その後の家族仲が悪くなることは想像に容易いと思います。実際に、その後に離婚してしまった夫婦もいます。

繰り返しますが、転職とは自分だけでなく家族の人生にも大きな影響を与えるものです。

転職活動には心身共にサポートが必要

在職中の転職活動は、心身共に負担が掛かります。

仕事終わりに転職の準備を行い、面接時間をあの手この手で調整します。忙しさは倍になるでしょう。志望企業に落ちて一時的に自信がなくなることもあるかもしれません。また、家族にも黙って転職活動を行うとなると、さらに精神的な負担が増します。

プライドなどもあるかもしれませんが、やはり、家族にすべて打ち明けるべきです。家族に相談することで、負担が減るだけでなく、家族にサポートしてもらい、応援してもらいながら転職活動を行うことは大きなメリット。心身共に健康な状態で転職活動を進めることができます。

家族に転職の相談をする時のポイント

前提として、家族に対しては転職したい理由をありのまま伝えましょう。そもそも、家族が納得できない転職理由は、転職エージェントや企業も納得できません。

伝え方にはポイントがあります。それは「転職することは自分だけでなく家族にもメリットがある」ことをしっかり伝えることです。例えば、「収入が上がる」や「労働環境を改善して家族と過ごす時間を増やせる」など、家族にもメリットがある具体例を挙げましょう。

もしくは、「現職に留まることは、自分だけでなく家族にもデメリットがある」ことを明確に伝えましょう。例えば、「人間関係が酷く、このままでは鬱になる」や「労働環境が酷すぎて体を壊す」「給料の上がり幅が少ない」など、具体的に伝えましょう。

家族に相談せずに転職活動を始めてしまった場合の対処法

このページをご覧になっている方で、もう既に家族に相談せずに転職活動を進めてしまっている方もいると思います。その場合の対処法は2つです。当たり前のことですが、非常に重要です。

  • まずはしっかり誠意を持って謝る
  • 先述した「相談をする時のポイント」を伝える

まずはしっかり誠意を持って謝る

まずは、転職活動を始める前に相談しなかったことを、誠意を持って謝りましょう。

「相談しなかったことに深い意味はなかったし、別に自分は悪くない」と思う方もいるかもしれません。しかし、そこは転職活動を上手く進めるためだと思って、相談しなかったことをしっかりと謝りましょう。

先述した「相談をする時のポイント」を伝える

先述した、「相談をする時のポイント」である下記2点を丁寧に伝えましょう

  • 「転職することは自分だけでなく家族にもメリットがある」
  • 「現職に留まることは、自分だけでなく家族にもデメリットがある」

あくまでも、「自分だけではなく家族にとってもベストな選択」ということを強調して説明しましょう。独りよがりになった瞬間にアウト。「家族のため」という視点から、丁寧に伝えましょう。

それでも家族に反対されたら…

それでも家族に反対された場合、他の身内や知人を巻き込んで説得にあたることも一つの手です。それでも難しい場合は、「転職を諦めるか・家族を諦めるか」の究極の選択をする必要があります。

この段階になると、もうあとはその人次第。外野がとやかく言うことではありません。ただ、やはり大事なのは、自分の気持ちです。後悔のない選択ができるように、自分にとって最良の選択をしましょう。

転職エージェントでは、家族に反対された場合も担当のキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれます。転職エージェントをうまく利用することで、トラブルなく転職活動を進めることができるかもしれません。

■おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント転職支援実績No.1

doda転職エージェント業界2位

JACリクルートメントハイクラス転職実績No.1

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。