転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

既卒求人の探し方は決まっている【既卒の就職成功パターン】

新卒の時に就職をしなかった既卒の方の中には、「求人の探し方がわからない」と悩む人も多いと思います。転職エージェントの経験から言うと、既卒求人の効率の良い探し方は決まっています。

それは、「就職エージェントを使うこと」です。

このページでは、「既卒が就職エージェントを使うべき理由」を元リクルートの転職エージェントが解説します。

既卒求人の効率の良い探し方は決まっている

先述したとおり、既卒求人の効率の良い探し方は決まっています。

それは「就職エージェントを使うこと」です。

既卒求人を探す方法は、就職サイトやハローワークなどがあります。しかし、自身の希望条件に近い求人を探し、内定まで効率よく辿り着くためには、「就職エージェント」が一番です。

就職エージェントで効率良く求人を探せる理由

なぜ就職エージェントを使うべきなのか。その理由はシンプルに一つだけ。「キャリアアドバイザーが無料で就職をサポートしてくれるから」です。求人を探すステップから、求人応募後の選考対策、内定後の条件交渉まで、すべて無料でサポートしてくれます。

求人を探す2つのステップ

求人を探すステップは、2つです。

  • 自己分析をして求人探しの軸を決める
  • 求人探しの軸に沿って求人を見つける

就職エージェントに登録すると、経験豊富なキャリアアドバイザーが担当に付きます。その担当キャリアアドバイザーと面談を重ねながら自己分析を行い、「自分が本当にやりたいこと・自分に合う求人」を明確にしていきます。

その後、明確になった軸をもとに、キャリアアドバイザーが求人を探し出し、求人を紹介します。つまり、就職エージェントに登録するだけで「効率的な求人探し」が可能になります。

就職のコツ:就職サイトで求人数を補完しよう

就職エージェントでは就職サポートと同時に求人の紹介もしてもらえます。しかし、その就職エージェントの求人保有数が少なければ、多くの求人を紹介してもらえません。

一方、就職サイトには、求人が多数掲載されています。「就職エージェントで紹介される求人数が少ないな」と感じた場合、就職サイトにも登録しましょう。就職エージェントで明確化した「求人探しの軸」をもとに求人を見つけて、自分で求人に応募することで可能性が広がります。

ただし、就職サイト経由で応募した求人の選考に関しては、就職エージェントのサポートが受けられませんので、ご注意ください。(就職サイト経由で応募しても、就職エージェントのサービス自体は継続することはできます。両方のサービスを使い分けることが可能です。)

既卒が就職エージェントを利用する際の注意点

既卒が就職成功のために注意するべきことは、「意地を張らないこと」です。

意地を張ってしまうと、自己分析が上手くいかないばかりか、就職エージェントから見放されてしまう可能性があります。そうなると、就職難易度は上がってしまい、なかなか選考に通らなくなるでしょう。

そのため、自身の現在地をしっかりと受け入れ、認識し、就職エージェントにありのままを打ち明けましょう。

既卒が自分で「ブラック企業」求人を見分けるためのポイント

就職エージェントを利用するにせよ、就職サイトを利用するにせよ、最終的にその求人に応募するかしないかを決めるのは求職者本人です。

応募を決める時の基準は、就職エージェントで明確化した「求人探しの軸」になると思いますが、それだけでは労働環境が劣悪なブラック企業を見分けることができない場合もあります。したがって、この章では、既卒がブラック企業の求人を見分けるポイントをご紹介します。

  • 求人票の情報量
  • 雇用形態
  • 基本給と手当のバランス
  • 残業代制度

求人票の情報量

誰でも知っている有名企業でない限り、求人票の情報量が少ない場合はブラック企業の可能性があります。特に、企業情報と仕事内容、担当者のレポートを注意して確認することが必要です。

企業情報では、資本金額、売上高・経常利益を確認しましょう。特に資本金額が少ない場合や、売上高・経常利益が記載されていない場合には注意が必要です。

仕事内容では、具体性を確認しましょう。仕事内容が抽象的だったり、情報が少ない場合、入社後、どのような業務を任されるか分かりません。入社してみたら想像と異なる仕事を任される可能性もあります。不安な場合、就職エージェントに確認しましょう。

担当者の企業紹介レポートでは、情報量を確認しましょう。書かれている情報量が少ないと、「魅力がない」または「担当者が企業のことをあまり把握していない」どちらかに該当します。どちらにせよ、ブラック企業の可能性があります。

就職のコツ:未経験歓迎求人は、特に「教育制度」に注意

既卒の方が応募する求人は、「未経験歓迎」の場合が多いです。未経験歓迎求人に応募する際には、必ず教育制度を確認しましょう。

研修の有無、OJTの内容、現場着任の時期、教育係はどのような人かを、必ず確認しておきましょう。企業によっては、OJTとは名ばかりで、ろくに研修もせず現場に配属され、いきなりノルマを課される場合もあります。

雇用形態・試用期間

雇用形態が正社員以外の場合、その内容を正確に確認することが必要です。特に契約社員の場合、契約更新の有無については就職エージェントに確認しましょう。なかには、入社前には「更新する」と言いながら、いざ更新のタイミングになると「更新しない」と言ってくれるブラック企業もあります。

正社員の場合も、試用期間は必ず確認しましょう。なかには、「試用期間のみ正社員ではなく契約社員で契約する」とする企業もあります。結局正社員ではなく契約社員としての採用になる可能性があるため、注意しましょう。

基本給と手当のバランス

年収を確認する際には、基本給と手当のバランスを確認しましょう。年収自体は適正でも、基本給が低く、手当が多い可能性があります。

手当には支給条件があるため、条件に当てはまらなければ満額の給与がもらえないことがあります。残業手当やボーナスの基準も基本給がベースとなることが多いため、「思ったより貰えない」という状況になりかねません。

残業代制度

残業代制度が整っているかどうかは必ず確認しましょう。基本的に、残業代とは「時間に応じて支給」されるものです。固定残業代制度の場合も、あらかじめ固定されている時間を超過して残業をしたら、その超過分も追加支給されます。

時間に応じて支給:9時〜17時が定時の場合、17時以降の残業代を時間に応じて支給

固定残業代制度:9時〜17時が定時で、月の固定残業代が40時間の場合、月の残業時間が40時間を超えたところから時間に応じて支給

また、みなし労働時間制の場合は、適応できる職種に制限があります。なかには、みなし労働時間制を違法に適応している企業もあります。専門知識がないと判断が難しいため、必ずキャリアアドバイザーに確認しましょう。

就職のコツ:ハローワークに向いている人・向いていない人

求人を探す方法は、就職エージェントと就職サイトの他にハローワークがあります。ハローワークとは、厚生労働省が運営する就職支援サービスです。

ハローワークに向いている人は、「地元・地方で求人を探す人」です。就職エージェントと就職サイトには、地方求人が少ないです。対してハローワークでは、地元・地方の求人が多数掲載されているため、地元・地方で求人を探したい方には向いています。

一方、ハローワークは向いていない人は、「都会で求人を探す人」です。そもそも、都会の求人は就職エージェントと就職サイトに多数掲載されています。また、ハローワークの求人は情報量が少なく、「民間企業にお金を払ってまで採用できない」レベルの企業が多いため、ブラック企業と出くわす確率が高いです。したがって、都会で優良求人を探す人は、就職エージェントと就職サイトを使いましょう。

既卒におすすめの就職サービス

既卒におすすめしている就職サービスは、

この3つに登録しておけば、既卒の就職は間違いないです。

最初から1つの就職サービスに絞って登録するのではなく、複数の就職サービスに登録して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

あなたの就職が成功することを願っています。

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。