【キャリアアップ転職】年収600万から年収1000万超えの転職に成功した話


今回は、転職歴3回の私が経験してきた転職体験談をお話します。わたしは現在35歳なので、20代後半から30代後半の転職を考えている方にとっては、参考になる情報があると思います。主な内容としては「私の転職の経験談」と「利用した転職エージェント」のお話です。

35歳で1000万超えの転職に成功した話

私は、これまでに転職を3回してきました。1社目は人材、2社目も人材、3社目はコンサル業界と言った感じです。2社目までは、ずっと人材業界にいたので「リクルーティングアドバイザー」や「キャリアアドバイザー」「人事担当」として人材関連の職種を幅広く経験してきました。

1社目(23〜29歳):人材業界
2社目(29歳〜35歳):人材業界
3社目(35歳):コンサルティング業界

2社目の会社では、Max年収が750万円ほどだったので、年収は比較的多く貰っていた方だと思います。2社目の35歳の時点では、年収600万程度に下がりましたが、インセンティブが大きい会社でしたので、やればやるだけもらえる状況でした。

そのような状況のなか、より年収が良く、勤務条件が良い会社への転職を決意しました。一貫して人材業界に携わっていたので、次も人材業界に転職するのかと思っていましたが、転職エージェントの面談の中で、人材業界だけでなく他業界の求人も多く紹介いただきました。

その中で私が選んだのが「コンサルティング業界」です。具体的な社名は言えませんが、外資系のコンサルティング会社の人事担当(課長クラス)の求人でした。年収800万〜と記載しており、私の当時の年収は600万程度でしたので、内定を貰えたとしても、下限の800万くらいかなと思っていました。

しかし、蓋を開けると、年収1000万円以上の提示を頂くことに。このような経験を通して、私が転職活動で年収を上げるために必要なポイントは次の通りです。

転職で年収を上げるために必要なポイント

私のように、年収600万程度から年収1000万円以上に一気に上がるのは稀だと思います。しかし、現年収から100万円、200万円アップすることは確実に可能だと思います。

私が転職活動を通じて思った成功するポイントとしては、下記の通りです。

  1. 一つの職種または業界での経験が豊富にあるか
  2. 転職エージェントを使いこなせているか
  3. Web上で自分の名前を検索してヒットするか

一つの職種または業界での経験が豊富にあるか

私の場合は、人材業界での幅広い経験が評価され、年収1000万円という提示を頂けました。やはりキャリアに一貫性がある方が、多分野で経験されているよりも、転職市場では価値が高いです。

また、人材業界という市場は、会社の経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」のうちのヒトに該当する市場です。そのため、これから何があろうと無くなることはない市場ですので、長期的に見ても良い業界であったと思います。

転職エージェントを使いこなせているか

私の場合、職業柄、転職エージェントの重要性を痛いほど知っていました。「成功する転職には、良い転職エージェントがつきもの」と考えていたので、転職エージェント選びには時間をかけました。

私の場合、5つの転職エージェントに登録し、面談を受けてから、どのサービスをメインに使っていくかを決めました。注意が必要なのは、転職エージェントに登録すると確実に電話またはメールがきます。本気で転職を考えていない方にとっては、時間のムダになるのでむやみに転職エージェントに登録することは控えた方が良いでしょう。

私は、「キャリアカーバー」「ビズリーチ」「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」に登録しました。結果的に「キャリアカーバー」と「リクルートエージェント」「ビズリーチ」の3つをメインに使っていました。

キャリアカーバーとリクルートエージェントは、リクルートが運営しているので、幅広い求人を紹介頂け、信頼性もあるのでおすすめです。

【公式HP】
キャリアカーバー:https://careercarver.jp
ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
JACリクルートメント:http://www.global-jac.com

Web上で自分の名前を検索してヒットするか

年収1000万円以上を提示頂いた会社から、面接で驚いたことの中に「ネットで自分の名前が検索されていること」でした。私はセミナーやインタビューを受けることもあったので、私の名前を検索すればちらほら記事を見つけることができます。

面接官は、そこも評価していたと思います。必ずしも自分の名前を検索してヒットする必要はありませんが、自分関連の記事が上がっていることは、それだけで価値になります。そのため、現在勤めている会社で、セミナーや社内イベントがあれば積極的に参加することをおすすめします。

私が使っていた転職エージェントのまとめ

上記でもお話しましたが、転職エージェントに何個も登録することはおすすめできません。2〜3、多くても4つほど厳選して登録することをおすすめします。ここでは私が登録し、使っていた転職エージェントを取り上げています。

キャリアカーバー

キャリアカーバーはビズリーチに比べると知名度は低いですが、人材業界最大手のリクルートが運営する高年収向けの転職サービスです。リクルートのネットワークを使い、多様な業界の高年収求人が集まっており、年収600万円以上の方にとっては、魅力的な求人が必ず見つかるはずです。

対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)
おすすめ度

ビズリーチ

ビズリーチは、リクナビNEXTやDODAとは異なり、ハイクラス向けの会員制転職サイトです。高年収帯の求人をメインに扱っているので年収500〜700万円の方には非常におすすめです。大都市圏だけでなく、地方の穴場求人なども掲載されているので一度チェックしてみてはいかがでしょうか?(登録後に非公開求人の閲覧が可能)

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 多い
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる
・高年収の非公開求人が多数
おすすめ度

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材サービスを主軸に圧倒的な実績を誇るリクルートキャリアが運営する転職エージェントサービスです。リクルートエージェントのスゴイ所は、転職実績が他のエージェントサービスを凌駕しているところです。転職成功実績は、年間2万3000人以上、累計で30万人以上となっています。また、求人数(公開求人+非公開求人)も約17万件もあり、エージェント業界では圧倒的に多いです。(2017年3月現在)

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売、経営・企画・マーケティング、事務系(経理、総務、人事、購買)、IT・エンジニア、電気・機械・科学エンジニア、医療・医薬品・化粧品、コンサルタント、建築・土木技術
求人数 約17万件(2017年3月現在)
特徴 ・転職成功実績No.1
・エージェント業界の求人数No.1
・転職者の約60%以上が年収アップ
・経験豊富なキャリアアドバイザーが多い
・全国に拠点があり、相談がしやすい
おすすめ度

JAC Recruitment

JACリクルートメントは、東証一部上場の株式会社JACRecruitmentが運営している転職エージェントサービスです。転職エージェント業界では3番目に大きく、海外転職に強みを持っています。外資系企業に転職を考えている方にはピッタリの転職サービスです。

対応地域 全国
探せる職種 人事・労務、総務・広報、法務・知財、経理・財務、経営企画・事業企画、内部統制・監査、経営管理(役員以上)、営業/セールス、マーケティング/商品開発、クリエイティブ(広告・デザイン・WEB・モバイル・放送関連・ゲーム)、購買/物流/生産管理、秘書/アシスタント/顧客対応、事務系、金融、コンピュータ・IT、技術系・ものづくりエンジニア、メディカル・バイオ/製薬・医療機器、医療・介護・福祉
求人数 約1万件(2017年3月現在)
特徴 ・海外転職に強み
・主要都市に拠点あり
・エージェント業界3位の実績
おすすめ度
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事