【キャリアアップ転職】年収600万から年収1000万超えの転職に成功した話


今回は、転職歴3回の私が経験してきた転職体験談をお話します。わたしは現在35歳なので、20代後半から30代後半の転職を考えている方にとっては、参考になる情報があると思います。主な内容としては「私の転職の経験談」と「利用した転職エージェント」のお話です。

※当記事は転職成功者による寄稿記事です
※アイキャッチはイメージです

35歳で1000万超えの転職に成功した話

私は、これまでに転職を3回してきました。1社目は人材、2社目も人材、3社目はコンサル業界と言った感じです。2社目までは、ずっと人材業界にいたので「リクルーティングアドバイザー」や「キャリアアドバイザー」「人事担当」として人材関連の職種を幅広く経験してきました。

  • 1社目(23〜29歳):人材業界
  • 2社目(29歳〜35歳):人材業界
  • 3社目(35歳):コンサルティング業界

2社目の会社では、Max年収が750万円ほどだったので、年収は比較的多く貰っていた方だと思います。2社目の35歳の時点では、年収600万程度に下がりましたが、インセンティブが大きい会社でしたので、やればやるだけもらえる状況でした。

そのような状況のなか、より年収が高く、勤務条件が良い会社への転職を決意しました。一貫して人材業界に携わっていたので、次も人材業界に転職するのかと思っていましたが、転職エージェントの面談の中で、人材業界だけでなく他業界の求人も多く紹介いただきました。

その中で私が選んだのが「コンサルティング業界」です。具体的な社名は言えませんが、外資系のコンサルティング会社の人事担当(課長クラス)の求人でした。年収800万〜と記載しており、私の当時の年収は600万程度でしたので、内定を貰えたとしても、800万ジャストかなと思っていました。

しかし、蓋を開けると、年収1000万円以上の提示を頂くことに。この経験を通して、私が年収を上げることができたポイントは次の通りです。

転職で年収を上げるために必要なポイント

私のように、年収600万程度から年収1000万円以上に一気に上がるのは稀だと思います。しかし、現年収から100万円、200万円アップすることは確実に可能だと思います。

私が転職活動を通じて感じた成功ポイントは、3つです。

  1. 一つの職種または業界での経験が豊富にあるか
  2. 転職エージェントを使いこなせているか
  3. Web上で自分の名前を検索してヒットするか

1.一つの職種または業界での経験が豊富にあるか

私の場合は、人材業界での幅広い経験が評価され、年収1000万円という提示を頂けました。やはりキャリアに一貫性がある方が、多分野の経験があるよりも、市場価値が高いです。

また、人材業界という市場は、会社の経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」のうちのヒトに該当する市場です。そのため、これから何があろうと無くなることはない市場ですので、長期的に見ても良い業界であったと思います。

2.転職エージェントを使いこなせているか

私の場合、職業柄、転職エージェントの重要性を痛いほど知っていました。「良い転職には、良い転職エージェントがつきもの」と考えていたので、転職エージェント選びには時間をかけました。

私の場合、4つの転職エージェントに登録し、面談を受けてから、どのサービスをメインに使っていくかを決めました。注意が必要なのは、転職エージェントに登録すると確実に電話やメールが届きます。本気で転職を考えていない方にとっては、時間のムダになるのでむやみに複数の転職エージェントに登録することは控えた方が良いでしょう。

私は、リクルートエージェント』『JACリクルートメント』『ビズリーチキャリアカーバーに登録しました。結果的に『リクルートエージェント』『キャリアカーバー』『JACリクルートメント』の3つをメインに使いました。

キャリアカーバーとリクルートエージェントは、リクルートが運営しているので、幅広く求人を紹介頂け、信頼性もあるのでおすすめです。

■利用した転職エージェント
リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
JACリクルートメント:http://www.jac-recruitment.jp
キャリアカーバー:https://careercarver.jp

3.Web上で自分の名前を検索してヒットするか

年収1000万円以上を提示して頂いた会社の面接で、驚いたのが「ネットで自分の名前が検索されていること」でした。私は、前職でセミナー開催やインタビューを受けることもあったので、私の名前を検索すれば、数本の記事がヒットします。

面接官は、そこも評価していたと思います。必ずしも自分の名前を検索してヒットする必要はありませんが、自分関連の記事が上がっていることは、それだけで価値になります。そのため、現在勤めている会社で、セミナーや社内イベントがあれば積極的に参加することをおすすめします。

私が使っていた転職エージェントのまとめ

上記でもお話しましたが、転職エージェントにいくつも登録することはおすすめできません。2〜3、多くても4つほどに絞って登録することをおすすめします。ここでは私が登録していた転職エージェントを紹介しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの評判と特徴
  • 転職支援実績No.1
  • 約24万件の求人数
  • 転職者の60%以上が年収アップ
  • 経験豊富なキャリアアドバイザー
  • 条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。「求人数」「キャリアアドバイザーの質」「サポート体制」どれをとってもトップクラスの転職エージェントです。

私は元リクルートの転職エージェントですが、リクルートエージェントは業界的にも20代の転職に強いので、登録して損はないです。最近では、第二新卒向けの求人にも力を入れているので、社会人1〜3年目の利用者も増えています。

営業/20代後半/男性/年収450万円
総合評価:

転職活動を始める前に5つの転職エージェントに登録しましたが、リクルートエージェントはバランスの良い転職エージェントだと思いました。求人の量と質、キャリアアドバイザーの対応など、さすが大手企業の転職エージェントと言った感じです。

知り合いの紹介で中小エージェントにも登録していましたが、中小エージェントは、ガツガツ系の営業マンが多かったです。無理やり求人を紹介してきて、正直自分に合った求人が少なく、対応もあまり良い印象はありませんでした。

初めての転職の方は、絶対にリクルートエージェントやdodaのような大手企業が運営している転職エージェントの方が良いと思いますよ。

一般事務/30代中盤/女性/年収400万円程度
総合評価:

私を担当してくださったキャリアアドバイザーさんは、業界特有の転職事情や面接情報などが豊富で、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーの質は非常に高いと感じました。

また、求人の質に関しても大手企業はもちろん、中小企業、ベンチャー企業まで幅広い求人を保有していました。結果的に、リクルートエージェント経由で転職を成功させることができ、感謝しても感謝しきれません。

これから転職活動を始める方は、リクルートエージェントやJACリクルートメントなど、業界での実績が豊富にある転職エージェントに登録することをおすすめします。

JACリクルートメント

JACリクルートメントの評判と特徴
  • ハイクラス転職実績No.1
  • 高年収求人を大量に保有
  • 海外・外資系転職に強い
  • 一気通貫のコンサルティング体制

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス向けの転職エージェントです。ハイクラス転職実績No.1なので、年収500万円以上で年収アップを目指している方におすすめです。

日本はもちろん、世界10カ国に拠点があり、海外・外資系転職に強いことも特徴です。また、JACリクルートリクルートのキャリアアドバイザーは業界経験者が多く、業界内でも非常に優秀と言われています。

商社/30代前半/男性/年収650万円
総合評価:

私は、ビズリーチやキャリアカーバーに登録していましたが、ヘッドハンターの質がイマイチだったので、JACリクルートメントに登録しました。

JACリクルートメントでは、担当のキャリアコンサルタントが付いてくれるので、私の特性や希望条件を理解してから求人を紹介してくれました。

紹介頂くすべての求人の年収が高く、年収500万円以上の求職者はJACリクルートメントが合っているのではないでしょうか。とにかく高年収の求人が多く、キャリアコンサルタントの質が高く、納得のいく転職活動をすることができました。

外資系企業/30代後半/女性/年収800万円以上
総合評価:

今回の転職では、年収1000万円以上の求人をメインに探していました。そこで登録したのが、JACリクルートメントです。(リクルートエージェントやビズリーチ、キャリアカーバーなどにも登録しました)

もともと高年収のための転職エージェントということを聞いていましたが、本当に高年収求人ばかりでした。また、私のキャリアコンサルタントは外資系企業専門?の方だったので、業界特有の情報を多く提供してくれました。

年収アップしたい方や高年収の方はJACリクルートメントに登録すれば、必ず自分に合った求人を見つけることができると思います。

ビズリーチ

ビズリーチの評判と特徴
  • ハイクラス向けの会員制転職サイト
  • 会員数は100万人以上
  • スカウト機能が充実

ビズリーチは、リクナビNEXTやdodaなどの総合転職サイトとは異なり、ハイクラス向けの会員制転職サイトです。高年収求人をメインに扱っているので、年収500〜1000万円の方に非常におすすめです。

ビズリーチの利用者アンケートによると、「ビズリーチにしかない求人が多かった」「高年収求人をまとまっている」など、ハイクラス層の満足度は非常に高くなっています。

コンサル/20代後半/男性/年収450万円
総合評価:

ビズリーチは、採用企業やヘッドハンター?からのスカウトが毎日のように届きます。プラチナスカウトという面接確定のスカウトなども届くので、受け身で転職をされたい方にはピッタリだと思います。

ただ、転職エージェントのような手厚いサポートがないので、転職経験が無い方は、一般的な転職エージェントの方が良いと思いました。

事務/30代前半/女性/年収300万円
総合評価:

ビズリーチは他の転職サイトよりも高年収の求人が多いと思いました。私は年収300万円くらいだったので、羨望の眼差しで求人をチェックしていましたが、こんな私でもスカウトメールが届きました。

ビズリーチで転職はしませんでしたが、選択肢のひとつとしてビズリーチに登録するのもありだと思いますよ。特に、高年収の方にとっては必須の転職サイトではないでしょうか。

キャリアカーバー

キャリアカーバーの評判と特徴
  • リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • リクルートエージェントのハイクラス版
  • 質の高い高年収求人が豊富

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営するハイクラス層向けの転職サービスです。リクルートキャリアが提携するヘッドハンターの中から、自分に合うヘッドハンターを選び、転職活動の支援を受けることができます。

キャリアカーバーの仕組みは、非常にシンプルです。「自身のレジュメを公開し、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけ」です。スカウトを受けたら、ヘッドハンターに相談しながら、選考に進めるので、安心して転職活動を行えます。

コンサル/30代前半/男性/年収900万円以上
総合評価:

今まで、リクルートエージェントやパソナキャリアなどの転職エージェントを使ってきましたが、なかなか自分の希望に合った求人を紹介いただけませんでした。そこで、高年収求人のみを扱っているキャリアカーバーに登録しました。一般的な転職エージェントとは違い、ヘッドハンターと呼ばれる方を自分で選び、自分の希望条件に合った求人のみを紹介いただけます。

私の場合は、現年収が1000万円弱だったので、1000万円以上の求人を希望しました。すると、すぐに10通ほどのスカウトメールが届きました。すべて、1000万円以上の求人だったので、驚いたのを覚えています。結局、キャリアカーバー経由での転職にはなりませんでしたが、求人の質は素晴らしいと感じました。

人材/30代後半/女性/年収500万円以上
総合評価:

30代を過ぎて、真剣に自分のキャリアについて考えていた時期なので、コンサルタント(ヘッドハンター)に相談しながら転職活動を行いました。コンサルタントは、自分と同業界出身の方を選びました。年齢は自分よりも10歳ほど上の方だったので、経験豊富でいろいろな相談に乗っていただけました。

すぐに転職しようとは思っていませんでしたが、希望条件に完璧に合致したスカウトをいただけたので、迷わず受けました。選考は非常に早いスピードで進んでいき、無事内定を頂きました。コンサルタントの方には本当にお世話になり、今後のキャリアを考える良いきっかけとなりました。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。