朝日放送に転職するために知っておきたい情報【評判、面接対策、年収、難易度を解説】

朝日放送の会社概要

朝日放送グループは、2018年4月1日に認定放送持株会社体制へ移行し「朝日放送株式会社」から「朝日放送グループホールディングス株式会社」社名が変わりました。

朝日放送グループホールディングスの傘下には「朝日放送テレビ」「朝日放送ラジオ」などがあり、放送事業を展開しています。※朝日放送は、ABCと略して呼ばれます

会社名 朝日放送グループホールディングス株式会社
設立 1951年
業種 情報・通信業
代表取締役 沖中 進(おきなか すすむ)
資本金 52億9,980万円
売上高 連結:809億9,100万円(2018年3月期)
従業員数  連結:852名
(2012年3月現在)

朝日放送の業績

朝日放送グループは、安定的な収益があり、2014年から2018年で大きな業績の波はありません。ここ数年は800億円の売上高をキープしているので、業績については特に心配ありません。

放送事業や通信事業は、参入障壁が高いため、寡占化しやすいと言われます。そのため、競合が出にくく安定的な収益を継続することができるのです。

誰でもわかる倒産しにくい会社の見分け方【会社の経営状況を知る】

2016.10.05

※右にスクロールが可能です

  2014年
3月期
2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
売上高(百万円) 81,848 80,691 81,059 82,302 80,991
営業利益(百万円) 5,791 4,684 4,064 4,972 4,250
経常利益(百万円) 6,025 4,830 4,407 5,261 4,539
総資産(百万円) 97,833 103,116 99,596 101,979 102,680
純資産(百万円) 62,558 58,709 57,713 61,274 63,363
売上高営業利益率(%) 7.1 5.8 5.0 6.0 5.2

※会社HPより

朝日放送の平均年収

朝日放送の平均年収は1,500万円以上です。東洋経済オンラインで発表されている平均年収ランキングでは常に上位にランクインしています。

年収アップを目指して転職をされる方は非常に多くいるので、朝日放送は転職先としても非常に人気です。ただ、あまり中途の募集を行っていないのが現状です。

順位 企業名 平均年収
1 キーエンス 1,861万円
2 朝日放送 1,518万円
3 ヒューリック 1,418万円
4 三菱商事 1,386万円
5 伊藤忠商事 1,384万円
6 ファナック 1,318万円
7 住友商事 1,255万円
8 日本経済新聞社 1,254万円
9 電通 1,248万円
10 丸紅 1,221万円

出典:東洋経済オンライン

朝日放送の転職事情

朝日放送は新卒採用は積極的に行っていますが、中途採用はあまり積極的に行っていないのが現状です。新卒採用では「技術職」「アナウンス職」「総合職」の3職種の募集が行われますが、中途採用では欠員状況により「技術職」あるいは「総合職」の募集がされます。

■技術職:制作技術や放送運用、送出、またそれらの設備構築、社内外のシステム構築など。新たなメディアと放送との連携、インターネット関連技術や最新技術と放送との連携などの企画開発。
■総合職:番組制作や報道、スポーツ中継などの現場から、編成や営業、経理や人事などまで、放送局の様々な仕事を担当。

朝日放送グループの転職は、難易度が高いです。求めている人材の質が高いだけでなく、平均年収が非常に高いため、優秀な方が応募しやすいです。そのため、企業研究、面接対策をしっかりと行う必要があります。

また、朝日放送に転職したい方は、広告媒体で求人を見つけるよりも、転職エージェントに登録した方が良いかもしれません。

上記の通り「なかなか中途採用をやらない」「中途採用の難易度が高い」会社です。そのため、優秀な人材を採用するために、クローズドな求人を転職エージェントに流通させる可能性が高いです。つまり、転職エージェントに登録している方のみしか、中途採用の情報が届かない可能性があるのです。

本気で朝日放送の転職を目指すなら、高年収求人が掲載されている転職エージェントである「ビズリーチ」「キャリアカーバー」「リクルートエージェント」に登録することをおすすめします。

※公式HP
■ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
■キャリアカーバー:https://careercarver.jp
■リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
Pocket