給料交渉

給料交渉の方法と注意点を転職エージェントが解説【人事担当者の生の声】


転職する動機は「今よりも年収・給料をアップしたい」「上司との考え方が合わない」「職場環境を変えたい」などさまざまです。今回は、多くの方が転職理由の一つに挙げている「年収・給料」に直接関係する、給料交渉について解説します。給料交渉次第で給料が万単位で変わることがあるので、給料交渉は非常に大切です。

給料交渉とは

転職の場合、新卒採用とは異なり、平等に決まった年収はありません。スキルや経験によって年収・給料が決まります。例えば、経験者Aさんと未経験者Bさんが同じ会社に転職した場合、経験者Aさんの方が年収は高くなります。

中途採用の求人の年収欄には、「400万〜600万」のように年収レンジが記載されており、レンジの中で年収・給料が決まります。年収・給料を決めるために行うのが「給料交渉」です。

面接官が「希望年収」を聞いてきた場合は、内定の確率が高いと言えます。しかし、給料交渉がうまくいかず、落とされてしまうことがザラにあります。そうならないためにも、給料交渉の流れや注意点を理解しておくことが必要なのです。

給料交渉の流れ

給料交渉の流れは、転職エージェントを使っているか使っていないかで、大きく異なります。一般的に内定までのフローは下記の通りです。

①最終面接→②内定→③内定通知書→④オファー面談→⑤内定承諾

会社によって違いはありますが、最終面接フェーズで「希望年収」を聞かれることが多いです。内定が出た後に受け取る内定通知書に提示年収が記載されています。提示年収に不満が無い場合は、内定承諾をして、入社となります。

提示年収に満足できない場合は、企業側がオファー面談の場を設けてくれることがあります。そこで、改めて希望年収を伝え、企業とのすり合わせを行うのです。転職エージェントを利用している場合は、エージェントが給料交渉を代替してくれます。

給料交渉の方法

給料交渉の方法は、大きく3つあります。基本的には、最終面接フェーズで「希望年収」を聞かれ、双方の意見をすり合わせて年収・給料は決まります。

  1. メールで交渉する
  2. 最終面接フェーズで直接交渉する
  3. 転職エージェントを介して交渉する

給料交渉の方法:①メールで交渉する

提示年収に満足できない場合、企業側にメールにて給料交渉を行う方がいますが、メールで給料交渉をするのはおすすめできないです。メールで希望年収を送ったとしても、自分の思いは伝わりませんし、採用担当者がメールを読んでくれたとしても誤解が生じる可能性があります。

「お金」に関する内容、つまりビジネスにおけるメールにおいては送りっぱなしは通用しません。メールを送ったとしても、最終的には内容に誤解がないように直接すり合わせの場が設けられるので、はじめから面接時に直接「希望年収」と「その理由」を伝えることが重要です。

給料交渉の方法:②最終面接フェーズで直接交渉する

基本的には、最終面接フェーズで直接交渉するのが一番スムーズです。交渉と言っても、採用担当者から「希望年収」を聞かれ、双方の意見をすり合わせるだけです。

よくあるのが、面接で伝えた年収額と提示年収に大きなギャップがあることです。このような時には、企業側にその旨を伝えて、オファー面談の機会を設けてもらいましょう。

給料交渉の方法:③転職エージェントを介して交渉する

一番おすすめしているのが、この方法です。転職のプロであるエージェントに間に入ってもらい給料交渉をしてもらうのです。給料交渉を自分で行うよりも成功確度は高まるはずです。

企業→転職エージェント←求職者

給料交渉のコツ

給料交渉のコツは、企業研究を通して適正な希望額を提示できるかだけです。よくあるのが、自分自身を過大評価し過ぎて、採用担当者が驚くような希望額を提示することです。

自分自身を過大評価している人は、自分の市場価値を客観的に見積もり、自分にとって適切な年収・給料を考えましょう。また、会社の情報をしっかりと調べて、どれくらいのレンジで年収・給料を社員に払っているのかを確認しておきましょう。

  1. 企業研究
  2. 適正な希望額を算出する

給料交渉のコツ:①企業研究

給料交渉の仕方は、企業によって異なります。「希望年収を言ってくるのは失礼」という企業もあれば、「自分の価値をしっかりと見積り、希望年収を提示するべき」という企業もあります。

給料交渉が可能かは、企業研究を通して判断することができます。企業研究と言っても、そこまで大それたことではなく、会社HPや求人票などを読み込むだけです。

例えば、求人票には、多くの情報が記載されています。企業の特徴に、自由闊達な社風などの記載がある場合、自分の意見を聞いてくれるので、給料交渉の余地はあるでしょう。

また、その企業の評判や社員インタビューを見るだけでも、その企業の社風や企業体質が見えてくると思います。しっかりと情報収集をして、給料交渉の余地があるのかを見極めましょう。

給料交渉のコツ:②適正な希望額を算出する

企業研究をしたら、調べた情報から「希望額」を算出しますが、これが非常に難しい。実際に、企業の情報と自分の市場価値を比較し、適正な「希望額」を提示できる人はほとんどいません。

そこでおすすめなのが、その企業が属している業界の研究です。業界研究をすることで、その業界の景気動向がわかります。景気を知れば、企業情報、業界情報、自分の市場価値という3つのデータから「希望額」を算出することができます。調べたデータを用いて説明すれば、説得力が高まり「希望額」が採用される可能性が高まります。

給料交渉のポイントは、「この人はよく調べて、適正な年収・給料を提示しているな」と人事担当者に思わせることです。そのため、企業研究、業界研究は非常に重要なのです。

給料交渉の注意点

適正な希望額を算出して、いざ給料交渉をしようとしても、焦りは禁物です。面接の場では、相手との距離感・流れを考えながら、給料交渉をする必要があります。意識しておくべきことを2つに絞ってご紹介します。

給料交渉の注意点:①話し方や態度をわきまえる

給料交渉の際は、話し方や態度が非常に重要です。自信過剰であったり、傲慢な態度はNG。一方で、「これくらいの年収でお願いします」という、お願い姿勢もよくありません。では、どうするべきか?

ポイントは2つあります。

① 年収・給料、待遇が第一目的ではないという姿勢

② 説得するのではなく、納得してもらう話し方

①「年収や待遇が第一目的ではない」という話の流れ

転職者の中には、「年収・給与アップ」を転職軸にしている方もいると思いますが、給料交渉の場では、その姿勢を全面に出すことはおすすめできません。

「まずは仕事を通して御社に貢献する、その貢献に対する対価として給料をいただく」という気持ちで給料交渉をするべきです。給料交渉は、自分のスキルや経験に対して適正な評価をしていただく場です。貪欲になることは悪いことではありませんが、「年収・給料、待遇が御社を選んだ第一目的です」という姿勢は良くありません。

②説得するのではなく、納得してもらう話し方

給料交渉でたまにあるのが、下記のような会話です。

転職者:「希望額は〇〇万円です。理由は〜。」

人事:「・・・」

転職者:「なので、〇〇万円を希望しています。お願いします。」

人事:「・・・」

転職者が、なんとか説得して希望額を通そうとしているが、人事はそれに対して納得していないという会話例です。この状態は、給料交渉としてはふさわしくありません。

大前提として、人事に対して説得する姿勢はNG。(お願い姿勢はNG!)納得してもらうには、適正な希望額と根拠の提示が必要です。そのためには、上記で説明した企業研究や業界研究が非常に重要になります。

給料交渉の注意点:②タイミングを間違えない

希望額を提示するタイミングは、自分からではなく、相手が聞いてきた時がベターです。自分から希望額を提示するのは、完全なフライング行為です。

また、相手が給料体系などの話をしている時に、「いつ希望額を言おうかな」と考えているのもNGです。まずは、相手の話を聞き、自然な流れで具体的な給料の話に入っていく。これがベストな流れです。フライングはマイナス評価につながることもあるので、気をつけましょう。

人事担当者の生の声

企業の人事担当者から、印象が良い給料交渉と悪い給料交渉を伺いました。各社各様、給料交渉のやり方は違いますが、人事担当の生の声はぜひ参考にしましょう。

良い給料交渉

・前職よりも控えめな給料を提示してきて、「成果・貢献度合いに応じて、給料の見直しの機会を設けて欲しい」と言われた。非常に真摯な姿勢で好感を持てた。【IT企業人事】

 

・自分の希望を強引に押し通そうとせず、会社にアジャストしようという姿勢が見れてよかった。このようなタイプは内定後もスムーズに進む。【サービス業人事】

 

・自身の市場価値を客観的に捉え、希望額を提示してくれたので、根拠ありきで納得できた。社長決裁も下りやすく本当に助かる。【専門商社人事】

 

・家族を養わなければいけないという理由で、最低保証金額をストレートに伝えてもらった。わかりやすい給料交渉の場となり、気持ちが良かった。【金融会社人事】

悪い給料交渉

・「現在は600万貰っているので、600万円以上が希望額です」と言われ、希望額に対する根拠が薄く、首を縦に振りづらかった。【メーカー人事】

 

・自信過剰で、自分を過大評価していて、希望額が予想以上に高かった。自己分析と他己分析のギャップが大きく、納得はできなかった。【IT企業人事】

 

・「前職の年収が700万だったので、希望年収は700万円です」と業界未経験の方に言われた。今のあなたに何ができるの?と思った。【サービス人事】

 

・資格をいっぱい持っているからという理由で、高い希望額を提示された。資格と実務は、まったく別物なので、希望額を採用しづらかった。【メーカー人事】

転職エージェントの利用がおすすめ

ここまで給料交渉の方法や注意点についてご説明しましたが、給料交渉は転職エージェントに任せるのがベストです。ここでは条件交渉に定評のある転職エージェントを3つご紹介します。

1位:ビズリーチ
2位:リクルートエージェント
3位:JACリクルートメント

第1位:ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

年収アップを目指している方に確実におすすめできるのがビズリーチです。リクナビNEXTやdodaとは異なり、ハイクラス向けの会員制転職サイトです。

高年収帯の求人をメインに扱っているので、年収500〜1000万円の方に非常におすすめです。(※登録後に非公開求人の閲覧が可能です)登録後に職務経歴書を具体的に記入することで、多くのスカウトが届くことでも有名です。

ビズリーチの評判と登録すべき人の特徴【実際に登録してみた】

対応地域 全国
探せる職種 経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数 多い
特徴 ・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

第2位:リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材最大手のリクルートが運営しており、転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、すべてがトップクラスです。

リクルートエージェントは、年収に関係なく転職をされているすべての方におすすめです。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー

・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

第3位:JACリクルートメント

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業においては、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

現在の年収が500万円以上で、これから年収アップを目指している方におすすめです。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内第3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事