人材業界最大手からベンチャー企業、一貫して人材業界で働いてきた筆者が、おすすめすの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

「初めて転職される方」や「転職先がなかなか決まらない方」「久しぶりに転職を考えている方」にぜひ参考にして頂ければ幸いです。

転職サイトと転職エージェントの違い

最初に転職サイトと転職エージェントの違いについて簡単にご紹介します。(人材業界では、転職サイトを広告媒体と呼ぶことが多いです)

転職サイトは、自分で求人票を見つけて応募する形のサービスです。一方、転職エージェントは、無料で「求人の紹介」「応募書類の添削」「面接対策」「面接の日程調整」「給料交渉」など、転職フローのほとんどを代替してくれるサービスです。

例えば、現職が忙しくて転職活動になかなか時間が取れない方は、面倒な作業のほとんどを代替してくれる転職エージェントが適していると言えます。

【転職サイトと転職エージェントの比較表】

 転職サイト転職エージェント
求人数
サポート
使いやすさ
手続き代行

転職エージェント登録の注意点

転職サイトの場合、特に注意する点はありませんが、転職エージェントの場合は、むやみに登録することは避けるべきです。転職エージェントに登録すると、電話やメールが頻繁に届くことがあるからです。

私のおすすめは、3〜5つの転職エージェントに登録し、一度キャリアアドバイザーの面談を受けてから、どのサービスを使うかを判断する方法です。

稀に、最初から1つの転職サービスに絞る方がいますが、あまりおすすめはできません。転職サービスによって、掲載している求人が異なり、またキャリアアドバイザーの質が変わります。「求人数」と「キャリアアドバイザーとの相性」が転職サービスを見極める上で重要です。

確実におすすめできる転職サイトと転職エージェント

ビズリーチ

【おすすめ度】
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、2回目の転職でお世話になった転職サイトです。年収500〜600万円の方で、年収アップを目指されている方には、特におすすめです。

高年収求人はもちろん、企業からのスカウトも多いので「応募したい!」と思える企業が必ず見つかります。私自身、登録後に職務経歴書を具体的に記入することで、非常に多くのスカウトを頂きました。また、特定の企業をブロックする機能もあるので、現職にバレる心配は一切ありません。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域全国
探せる職種経営、管理、マーケティング、営業、コンサルタント、 ITコンサルタント、専門職 、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、化学・化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産
求人数多い
特徴・質の高い情報(求人情報含む)が受け取れる
・管理職や外資系などの年収レンジが高い求人が多数
・スカウト機能充実
・ヘッドハンターを検索&相談ができる

リクルートエージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材最大手のリクルートが運営しており、転職支援実績No.1転職エージェントです。私はリクルートエージェントの営業(リクルーティングアドバイザー)として働いていたことがありますが、2回目と3回目の転職の際にはお世話になっていました。

キャリアアドバイザーの質、求人数、サポート体制、どれをとっても他のエージェントよりも優れています。転職活動が初めての方はぜひ登録してみてください。公式HPはこちらです。

対応地域全国
探せる職種営業・販売、経営・企画・マーケティング、事務系(経理、総務、人事、購買)、IT・エンジニア、電気・機械・科学エンジニア、医療・医薬品・化粧品、コンサルタント、建築・土木技術
求人数約17万件(2017年3月現在)
特徴・転職成功実績No.1
・エージェント業界の求人数No.1
・転職者の約60%以上が年収アップ
・経験豊富なキャリアアドバイザーが多い
・全国に拠点があり、相談がしやすい

キャリアカーバー

【おすすめ度】
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、2014年からリクルートが運営する転職サイトです。一言で言うと「リクルート版のビズリーチ」です。

登録後にレジュメを記入し、匿名化されたレジュメがヘッドハンターに送られます。その後、ヘッドハンターから求人の紹介を受ける流れとなります。私は3回目の転職の際に登録し、キャリアカーバー経由で転職しました。他社の転職サービスには掲載されていない求人が多くあり、古巣ですがさすがリクルートです。

年収アップを目指している方は、登録して損はないと思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域全国
探せる職種経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数多い
特徴・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

リクナビNEXT

【おすすめ度】
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが一度は利用されたことがあるのではないでしょうか。

求人は全国を網羅し、幅広い職種を扱っているので、ご希望の求人が必ず見つかると思います。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、よく利用していました。

登録しておいて損はないと思いますので、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域全国
探せる職種営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数非常に多い
特徴・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

次におすすめの転職サイトと転職エージェント

※上記で紹介した転職サービスで満足できなかった方に向けての内容となっています

JACリクルートメント

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、人材紹介業界No.3の転職エージェントです。海外求人に強く、外資系企業や海外での転職を考えている方におすすめです。

私は登録したことはないのですが、友人はJACリクルートメント経由で海外への転職を叶えていました。高年収で質の良い求人が多くありますので、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域全国
探せる職種人事・労務、総務・広報、法務・知財、経理・財務、経営企画・事業企画、内部統制・監査、経営管理(役員以上)、営業/セールス、マーケティング/商品開発、クリエイティブ(広告・デザイン・WEB・モバイル・放送関連・ゲーム)、購買/物流/生産管理、秘書/アシスタント/顧客対応、事務系、金融、コンピュータ・IT、技術系・ものづくりエンジニア、メディカル・バイオ/製薬・医療機器、医療・介護・福祉
求人数約1万件(2017年3月現在)
特徴・海外転職に強み
・主要都市に拠点あり
・エージェント業界3位の実績

パソナキャリア

【おすすめ度】
【公式HP】http://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する転職エージェントサービスです。求人数は公開求人と非公開求人、合わせて4万件、全国に拠点が100箇所以上あります。はじめての転職の方にも、キャリアカウンセリングや面接対策など手厚くサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーの質が高いという噂を聞いていますので、相談しながら転職先を慎重に決めたい方におすすめです。公式HPはこちらです。

対応地域全国
探せる職種IT・Web、メディカル、ものづくり、不動産・建設、消費財、広告・マスコミ、金融、コンサルティング、営業、管理、エグゼクティブ、グローバル
求人数約4万件(2017年3月現在)
特徴・全国に拠点がある
・女性向けサービスが充実
・年収UP率が高い
・サポートサービスが充実

type転職エージェント

【おすすめ度】
【公式HP】https://shoukai.type.jp/

type転職エージェントは、キャリアデザインセンターが運営する転職エージェントです。一言で言うと「@typeのエージェント版」です。

特に大きな特徴があるわけではないですが、大手企業が運営する転職エージェントとして人気が高いです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域全国
探せる職種営業、IT・WEB・通信系エンジニア、管理・事務・企画系、電機・電子・機械系、建築・土木、販売サービス系、クリエイティブ系、専門職系、メディカル・化学系、その他職種
求人数約2万件
特徴・非公開求人が多数
・サポートサービスが充実

業界別のおすすめ転職サイトと転職エージェント

特定業界での転職を希望されている方は、業界特化型の転職サービスの登録がおすすめです。特化型の転職サービスの方が、特定業界の求人が豊富にあり、マッチング率が高くなります。

ギークリー(IT/Web/ゲーム業界)

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.geekly.co.jp/

Geeklyは、IT/Web/ゲーム業界特化型の転職エージェントです。Geeklyの特徴は、品質の高さ。リクルートキャリアが主催する転職エージェントランキングでは、数多くの部門でランクインしています。

IT/Web/ゲーム業界への転職を考えている方は、登録して損はないと思います。公式HPはこちらです

■紹介求人案件満足度部門:第1位
■カウンセリング・対応満足度部門:第1位
■総合満足度部門:第3位
■転職決定人数部門:第3位
対応地域全国
探せる職種IT・Web、メディカル、ものづくり、不動産・建設、消費財、広告・マスコミ、金融、コンサルティング、営業、管理、エグゼクティブ、グローバル
求人数不明
特徴・6000件以上の非公開求人
・転職エージェントランキングで多数入賞

レバテックキャリア(IT/Web業界)

【おすすめ度】
【公式HP】https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアは、レバレジーズ株式会社のグループ会社であるレバテック株式会社が運営する「IT/Web業界専門の転職エージェント」です。

大企業から有名ベンチャー企業まで、IT/Web系求人が豊富に掲載されているので、ご希望の求人が必ず見つかるはずです。IT/Web系ですと、サイバーエージェントやDeNA、GMO、ガンホーなどを志望される方が多いですが、レバテックキャリアでは有名メガベンチャーはすべて網羅されています。

ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域関東、関西、九州
探せる職種プログラマー、SE、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタント、社内SE、インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、フロントエンジニア、データサイエンティスト
求人数不明
特徴・IT/Web業界特化
・IT/Web業界の求人が4000件以上
・サポートサービスが充実

マスメディアン(広告/Web/マスコミ業界)

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.massmedian.co.jp/

マスメディアは「宣伝会議」や「販促会議」「広報会議」「ブレーン」などの専門誌を発行する宣伝会議のグループ会社であり「広告/Web/マスコミ業界の転職エージェント」です。

広告/Web/マスコミ業界でのネットワークを使い、有名企業から中小企業まで幅広い求人を掲載しています。非公開求人も多数掲載されているので、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域東京・関東、大阪・関西、名古屋・中部、福岡・九州、金沢・北陸
探せる職種グラフィックデザイナー、ディレクター、営業・プロデューサー、Webプロデューサー、Webプランナー、UIデザイナー・Webデザイナー、クリエイティブディレクター、編集・ライター、Webディレクター、データアナリスト、アートディレクター、企画・マーケティング、コピーライター、マークアップエンジニア、Web広告運用
求人数不明
特徴広告/Web/マスコミの求人数・転職支援実績No.1クラス
・4万人超の転職支援実績
・業界では圧倒的な求人数

クリーデンス(アパレル業界)

【おすすめ度】
【公式HP】https://www.crede.co.jp/

クリーデンスは、パーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する「アパレル業界特化型の転職エージェント」です。アパレル業界に転職を考えている方には、必ずクリーデンスを紹介するほど、業界の中での知名度が高いです。

キャリアアドバイザーは、アパレル・ファッション業界、人材業界で経験を積まれた方が多いので、業界に精通した方からのアドバイスを受けることができます。アパレル業界への転職を考えている方は、登録して損はないので、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

対応地域東京・関東、神奈川、愛知県、東海・北信越、大阪、兵庫、関西、北海道・東北、中国・四国、九州・沖縄
探せる職種デザイナー、バイヤー、店長/販売/店舗系、パタンナー、VMD/プレス/販促、生産管理/物流/貿易、MD(マーチャンダイザー)、営業、管理/事務
求人数不明
特徴・アパレル業界No.1転職エージェント
・登録ユーザー数約15万人、求人企業数約3000社

・サポートサービスが充実

会社の評判を調べる際におすすめのサイト

会社の評判を調べる際には、口コミサイトの内容を鵜呑みにしないことが重要です。どんな会社でも悪い噂は立ってしまうのが通説です。参考程度に留めておくことをおすすめします。

Vorkers

Vorkersは、日本最大級の社員口コミサイトです。転職の際には、非常にお世話になっていました。年収や残業時間、有給休暇消化率、評価制度など、リアルな情報を得ることができます。

特に参考にしていたのが、Vorkersが発表する各種ランキングです。「働きがいのある企業ランキング」や「総合評価ランキング」など、細かくランク化されています。

働きがいのある企業ランキング:https://www.vorkers.com/award/

転職会議

転職会議は、転職に特化した口コミサイトです。有名企業から中小企業、ベンチャー企業まで非常に多くの口コミが掲載されており、その数は約80万社です。

会社ページはあるが、口コミが掲載されていない場合もあるので、Vorkersやカイシャの評判などを併用して使うのがおすすめです。

カイシャの評判

カイシャの評判は、エン・ジャパンが運営している口コミサイトです。Vorkersや転職会議と同じく、非常に多くの口コミが掲載されているので参考になります。

内定を頂いた会社の場合は、紹介した3社の口コミサイトで情報収集するのがおすすめです。

転職についての私の考え

正直、どこの転職サービスでもあまり変わらないです。(今までの話はなんだったのか…)サービスとの相性が良いか悪いかで、あなたに合ったサービスを選べばいいだけの話です。

今は売り手市場なので、転職サービスに登録すると、すぐに電話やメールが届くでしょう。「今すぐに転職するべきです!」キャリアアドバイザーからこのようなことを言われることもあると思います。ただ、転職活動は人生で数回の大事な機会です。焦らずに転職先は決めるべきです。

「自分が本当は何をしたいのか」を考えると、転職が正しい道なのか?起業するべきでは?など、いろいろな考えが頭に浮かぶと思います。答えが見つからなくても、現状を変えようと思ったら、アクションを起こすべきです。

「現状維持=後退」ですので「今の会社で同じ仕事ばかりで将来が見えない方」は転職、起業、副業を選択肢に入れるべきだと思います。転職だけが答えではありません。

あと、仕事がつまらないと思っている方は、考え方を変えた方が良いです。考え方を変えるためには、環境を変え、関わる人を変える必要があります。私は、落合陽一氏の「Work as Life」の考え方に近い働き方をしており、仕事が楽しくて仕方ありません。

おわりに

最後までお読み頂き、ありがとうございます。現在は「売り手市場」なので、転職しやすい状況です。企業は人材が足りず、困っている状況なので、転職を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

あなたの幸せな転職を願っています。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事