転職のプロが厳選!おすすめの転職サービスはこちら

仕事をすぐ辞める…。長続きしない人の特徴は3つある

「仕事をすぐに辞めたくなる」と悩んでいる人は多いでしょう。私も昔は、すぐに仕事を辞めていたので気持ちがよくわかります。

しかし、仕事をすぐに辞めてもメリットはありません。仕事は続ければ続けるほど、本来のやりがいに気づけ、学べることも多いので、長続きさせた方が良いです。

この記事では、転職エージェントの経験から「仕事をすぐ辞める人の特徴」や「仕事を長く続けられる人の特徴」について解説します。

「仕事をすぐに辞めたくなる」と悩んでいる人にとっては、ヒントになると思いますよ。

仕事をすぐ辞める人の特徴

仕事をすぐ辞める人の特徴

転職エージェントの経験から言うと、仕事をすぐ辞める人の特徴は大きく3つあります。どれかに当てはまっていると、仕事をすぐ辞める傾向が強いと言えます。

  1. 飽き性
  2. 人間関係が苦手
  3. 我慢強くない

1.飽き性

飽き性の人は非常に多いですね。

単純作業ばかりでつまらない→仕事を辞める

仕事にすぐ慣れてしまった→仕事を辞める

これ以上学ぶことがない→仕事を辞める

飽き性の人の場合、目の前の仕事に対してすぐにラベル付けをする傾向があります。仕事に少し慣れてくると、「この仕事はつまらない」「この仕事を続けても学ぶことがない」とラベル付けしてしまうのです。

その仕事を続けていれば、仕事本来のやりがいに気づくこともあります。しかし、飽き性の人は、その手前で仕事を辞めてしまうのです。

飽き性が強い人の中には、転職を繰り返したり、辞め癖が付いてる人もいます。何度も仕事を転々としていると転職がしづらくなり、自分のキャリアの選択肢を狭めてしまうので注意が必要です。

2.人間関係が苦手

人間関係が苦手の人も多いです。私も人間関係が苦手なタイプなので、気持ちが本当にわかります。実際に、人間関係が嫌で仕事を辞めたこともあります…。

人間関係が苦手な人は、仕事が楽しくても、社内の居心地が悪く辞めてしまうことがあります。これは非常にもったいない。

人間関係で悩んでいる方は、一人でも良いので本音で話せる友人を社内で見つけましょう。相談できる人が一人でもいると、本当に心が楽になりますよ。社内の人間関係については、下記の記事で詳しく解説しています。

3.我慢強くない

仕事をすぐに辞めてしまう人は、我慢強くない人が非常に多いです。少しでも嫌なことがあれば、折れてしまう。私もこのタイプなので、気持ちが本当にわかります。

会社に属していれば、自分で仕事を選ぶことはできません。上司から頼まれたら、やらなくちゃいけない。

上司から雑用を頼まれる→我慢してやる

新規開拓の電話を1日100件→我慢してやる

地方に転勤を命じられる→我慢してやる

社内のイベントで司会を頼まれる→我慢してやる

忘年会の幹事を頼まれる→我慢してやる

もちろん、断れる仕事もありますが、ほぼ受ける必要があります。私たちは、その対価として給料をもらっているので当然ですね。

でも、一番大事なのは自分の心です。やりたくない仕事ばかりの会社であれば、転職を考えるのも一つの手です。

リクルートエージェントパソナキャリアなどの転職エージェントでは、完全無料で転職のプロが相談に乗ってくれます。今後のキャリアを考える意味でも、一度面談を受けてみてください。自分の考えが整理されますよ。

仕事を長く続けられる人の特徴

仕事を長く続けられる人の特徴

仕事を長く続けられる人の特徴は、大きく5つあります。「仕事をすぐ辞めてしまう」と悩んでいる方にとっては、仕事を長続きさせるヒントになるかもしれません。

  1. 仕事の目的がはっきりしている
  2. 仕事に対して現実的に捉えている
  3. 人間関係を築くのがうまい
  4. 前向きに捉える姿勢を持っている
  5. 大きな成功体験を持っている

1.仕事の目的がはっきりしている

仕事を長く続けられる人は、仕事の目的がはっきりしています。

生活のため

経験のため

今後のキャリアのため

このように仕事の目的がはっきりしていると、どんなに嫌な仕事でも「その目的」を果たすために、すぐに仕事を辞めること少ないです。

言い方を変えると、仕事の目的のために我慢できる人。つまり、我慢強いと考えることもできますね。

2.仕事に対して現実的に捉えている

仕事に対して現実的に捉えられている人は、仕事が長続きする傾向にあります。一方、仕事に対する理想や憧れが強すぎる場合、現実とのギャップに耐えられず辞めてしまうことがあります。

転職相談でよくあるのが、

もっと良い職場だと思っていた

もっとやりがいのある仕事だと思っていた

という声です。

入社前の理想が高すぎると、現実とのギャップに苦しみます。新しい会社や仕事にチャレンジする際は、企業研究や業界研究を徹底し、ミスマッチをなくす努力が必要です。

3.人間関係を築くのがうまい

仕事が長続きする人は、良好な人間関係を築くのが上手です。積極的にコミュニケーションを取り、自分が働きやすい職場を自分で作っているというイメージです。

コミュニケーション能力がずば抜けて優れている必要はありませんが、自発的にコミュニケーションを取ることで、自分が働きやすい職場に自然となっていきます。

4.前向きに捉える姿勢を持っている

仕事が長続きする人は、仕事での失敗や嫌なことを前向きに捉える傾向があります。「この仕事を乗り越えたら成長できる」「この経験は決して無駄にはならない」と考えることができるので、「仕事を辞めたい…」とすぐに考えることがないです。

仕事での失敗や嫌なことに対して、「どうしたら乗り越えることができるだろう?」と考える癖をつければ、「仕事を辞めたい…」と考えることは減っていきます。

5.大きな成功体験を持っている

大きな成功体験を持っている人は、仕事が長続きする人が多いです。

「あの時に比べれば、こんなの大したことがない」

どんなに大きな壁にぶち当たっても、過去の成功体験を味方につければ、多少の失敗ははねのけることができます。

成功体験がないという人でも、これから作っていけば大丈夫です。また、自分では小さい成功体験でも、他人からしたら大きな成功体験ということも多くあります。

仕事をすぐ辞める最大のデメリット

仕事をすぐ辞める最大のデメリット

仕事をすぐ辞める最大のデメリットは、転職がしづらくなることです。

中途採用では、必ず書類選考があります。採用担当者が履歴書を見る時に、一番気にするのは転職回数です。

例えば、「20代で転職回数1回のAさん」と「20代で転職回数3回のBさん」では、Aさんの方が印象は良くなります。

転職回数が多い分、「うちに入社しても、すぐに辞めるのでは?」と思われてしまうので、転職回数は少ない方がプラスになることが多いです。

転職回数が多いと転職はできないの?

結論、できます。

採用担当者は、転職回数だけを見ている訳ではありません。しっかりとあなたの経歴も確認しています。

大事なことは、転職を繰り返した理由を採用担当者に納得してもらうことです。面接では、転職理由は必ず聞かれるので、面接対策は徹底しましょう。

リクルートエージェントパソナキャリアでは、担当のキャリアアドバイザーが企業ごとの面接対策をしてくれます。転職歴が多くて不安な人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

仕事を辞める理由に多いのは?

仕事を辞める理由に多いのは、何か知っていますか?

ここでは、リクナビNEXTの「転職経験者100人のアンケート結果」を紹介します。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)

2位:労働時間・環境が不満だった(14%)

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

4位:給与が低かった(12%)

5位:仕事内容が面白くなかった(9%)

6位:社長がワンマンだった(7%)

7位:社風が合わなかった(6%)

7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)

7位:キャリアアップしたかった(6%)

10位:昇進・評価が不満だった(4%)

ランキングを見ると、人間関係で悩んでいる人が多いですね。1位(上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった)と3位(同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった)は、人間関係による退職と考えられます。

社内の人間関係は、入社する前には見えない領域です。特に、転職サイトから求人に応募する場合は、求人に記載されている情報しかわかりません。

転職エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが求人には載っていない企業情報も提供してくれるので、このようなミスマッチは少なくなります。

仕事をすぐ辞めるべきケースもある

仕事をすぐに辞めるべきケース

「せっかく入社した会社なのに、すぐに仕事を辞めるのは…」と考える人も多いでしょう。ですが、すぐ辞めるべきケースも実際にあります。

  1. ブラック企業に入社した場合
  2. 今の仕事が自分に合わないと本気で思う場合
  3. 今後のキャリアにとってプラスではないと判断した場合

1.ブラック企業に入社した場合

これは問答無用ですぐに辞めるべきです。ブラック企業かどうかの判断は難しいですが、少なくとも下記に当てはまる項目があれば、すぐに辞めることをおすすめします。

給料の支払いが遅れる

パワハラやモラハラがある

残業代が支給されない

ブラック企業の場合、退職交渉が難航することもあります。退職交渉をスムーズに進めるために、「退職交渉の流れ」だけは理解しておきましょう。

2.今の仕事が自分に合わないと本気で思う場合

「今の仕事が自分に合わない」と感じている場合は、「すぐに仕事を辞める」ではなく、一度立ち止まって自己分析をしてみてください。

なぜ、今の仕事が自分に合わないと感じるのか?

この問を自問自答してみましょう。そして、本当に自分がやりたいことを明確にしてから、転職活動をすることをおすすめします。

3.今後のキャリアにとってプラスではないと判断した場合

「今の仕事は嫌いじゃないけど、今後のキャリアにとってはプラスにならない…」

このような状況の人は多いのではないでしょうか?

必ずしも仕事を辞めるべきではありませんが、長期的に見るとマイナスに働くことが多いです。一度、自分のキャリアを棚卸し、今後のキャリアプランを考えることをおすすめします。

解決策:自分に合った仕事と会社を見つけることに集中する

私たちは、50年ほど働く必要があります。

50年と聞くと途方もない期間ですよね。この50年を楽しく過ごすのか、辛く過ごすのかは自分次第です。

私は、自分に合った仕事と会社で働けていることが、一番の幸せだと考えています。今の仕事が合わないと本気で考えている人は、「転職」を考えてみてください。

自分に合わない仕事と会社で働いていることは、決して良い状況ではないです。むしろ時間を無駄にしている可能性もあります。

「自分が本当にしたいこと」を明確にして、今後のキャリアを描いていきましょう。

おすすめの転職エージェント

転職エージェントでは、求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、条件交渉などを完全無料でサポートしてくれます。

「自分が本当にしたいこと」が明確になっていない人に対しては、自己分析も手伝ってくれます。転職のプロに相談することで、効率的に転職活動を進めることができるので、ぜひ一度面談を受けてみてください。

おすすめの転職エージェント

1位:リクルートエージェント

2位:パソナキャリア

3位:doda

■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。