転職活動のスケジュールの立て方【退職時期から逆算するのがベスト】


「転職スケジュールの立て方がわからない。そもそも転職活動はどれくらいの期間がかかるの?転職のスケジュールの立て方をわかりやすく教えてほしい。」

このような疑問に答えます。

転職活動を始める前に転職スケジュールを立てることは、非常に重要です。あらかじめ転職スケジュールを立てることで、余裕を持った転職活動を送ることができます。

ぜひ、これを機に転職活動のスケジュールを立ててみてください。転職活動のスケジュール例も記載しているので、参考になれば幸いです。

筆者プロフィール元リクルートの転職エージェント。100名以上の転職支援、約300社の中途採用支援を行ってきました。大手企業からベンチャー企業まで、さまざまな業界・職種に精通しています。大学時代には、ITベンチャー3社で3年間インターンを経験しているので、特にIT・Web業界に強いです。私の経験があなたの転職活動のヒントになれば幸いです。

そもそも転職活動はどれくらいの期間がかかる?

転職の流れとスケジュール

転職活動は、約3〜6ヶ月かかります。内訳は下記の通りです。

 

  • 事前準備と書類作成:約2週間
  • 求人応募と面接:約2ヶ月
  • 内定・入社:約1ヶ月

最近は人手不足の影響もあり、内定後の退職交渉が難航するケースが多いです。そのため、転職の希望時期がある場合は、あらかじめ余裕を持った転職スケジュールを立てることが重要です。

転職活動の流れと効率的な進め方【転職の基礎知識】

転職活動のスケジュールを立てるべき理由

転職活動のスケジュールを立てるべき理由は、2つあります。

  1. 現職に迷惑をかけないため
  2. 人気求人に応募しやすくなるから

転職活動のスケジュールを立てるべき理由:①現職に迷惑をかけないため

転職をする上で重要なのが、円満退社することです。転職活動のスケジュールを立てることで、現職の繁忙期に退職することを避けることができます。

例えば、決算月に退職することになった場合、ただでさえ忙しい時期なのに、退職手続きや現場への引き継ぎを行うことになります。会社だけでなく、同僚や上司にも迷惑をかけてしまいます。

転職活動のスケジュールを立てるべき理由:②人気求人に応募しやすくなるから

転職活動のスケジュールを立てることで、履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成や情報収集は、早い段階で終わらせることができます。そのため、突発的に発生した人気求人に応募することができたり、焦って転職先を決めることがなくなります。

転職は、人生において重要な決断です。焦って妥協の転職にならないためにも、転職スケジュールを立てることは重要なのです。

転職活動のスケジュールの立て方

スケジュールの立て方は、「目標とする退職時期を決めて、そこから逆算する」これだけです。例えば、退職予定を9月末に設定した場合、転職活動は5〜6月に始めるのです。

おすすめの退職期間は、「現職を退職しやすいタイミング+求人が多い時期」です。現職の繁忙期を避けて、求人票が多い時期に希望条件に合った求人で内定を得る。これが理想的です。

このあたりについては、転職におすすめな時期は何月?【転職エージェントがわかりやすく解説】で解説しています。

転職活動のスケジュール例

転職時期として人気の1月に転職するための転職活動のスケジュールを立ててみます。

10月上旬
事前準備と書類作成

10月中旬

求人応募

10月中旬〜11月上旬

面接ラッシュ

11月中旬〜下旬

内定

12月中

退職の手続き

1月1日

入社

まとめ

①転職活動にかかる期間

→約3〜6ヶ月

②転職活動のスケジュールを立てるべき理由

→「現職に迷惑をかけないため」「人気求人に応募しやすくなるから」

③転職活動のスケジュールの立て方

→「目標とする退職時期を決めて、そこから逆算する」


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。