あなたの転職理由はなんですか?【転職の基礎知識】

転職理由について考える

転職活動をされている方は、さまざまな理由があって転職を決意しています。給料がもっと欲しい、自分を活かせる仕事がしたい、人間関係がうまくいかない、仕事にやりがいが見いだせないなど。
ここで1つ質問をします。

「あなたの転職理由は、今の会社で叶うものではないですか?」

もっと給料が欲しい→仕事の取り組み方を変えて、パフォーマンスを上げる(結果的に年収・給料アップ)

自分を活かせる仕事がしたい→異動願を出す

人間関係がうまくいかない→人間関係改善の努力をする

仕事にやりがいを見いだせない→自己分析をし、何にやりがいを感じるかを認識する

逃げの転職はダメ

転職を考えている人は、仕事がうまくいかないときや何か問題があったときに、自分以外に責任があると考えがちです。自分自身で解決できることを、上司や会社のせいにして、自責ではなく他責にしていることが多い。他人のせいにし、現実から逃げる癖をつけてしまうと、たとえ転職したとしても転職先の会社でうまくやっていくことは難しくなります。

逃げ癖のついている人は、履歴書を見れば明らかになります。20代、30代での転職回数や在籍期間など、職歴の中で人となりがわかるのです。人事担当やキャリアコンサルタントは数えきれないほどの履歴書を見ています。彼らの頭の中には、無数の履歴書サンプルあるので、あなたの履歴書を見た瞬間に、「あーこの人は、ここで逃げの転職をしたんだな…」「ここで踏ん張りがきかなかったんだな」のように回想します。逆もしかり、「この人は20代よく頑張って働いたんだな」などと、履歴書を見ただけで判断できるのです。

転職を考えている方は、今の会社でできるだけ努力し、逃げの転職ではなく、自分のキャリアビジョンを軸にもう少し深く自分の転職理由について考えましょう。

キャリアビジョンを軸に転職理由を考える

キャリアビジョン、つまり「自分がこうありたいと思う具体的な姿」を描くことは非常に重要。キャリアビジョンを軸に転職理由を考えることで、迷いが生まれず、一貫性のある転職活動ができます。

キャリアビジョンを描くためには、自己分析が欠かせません。自分が「本気で叶えたい夢」や「なりたい姿」、「何に対して喜びを感じるのか」など、自分自身を知ることで、確かなキャリアビジョンを描くことができます。

転職のプロがおすすめする転職サイトと転職エージェント

2018.05.23
Pocket