転職に年齢制限(リミット)はあるのか?【転職の基礎知識】


転職は20代じゃないとできない、30代で転職は難しいなど、転職×年齢でたくさんの噂がたっています。どれも、根拠のないものばかりで、会社の人事から言わせると、「なんだそれ!」とツッコミを入れたくなるものもあります。このページでは、転職と年齢の関係性を明らかにした上で、どのような人が転職に成功しているのかを解説します。

転職年齢のリミットは28歳!?

よく言われるのが転職年齢のリミットは28歳ということ。昔までは、この説が通説だったのでしょうが、今では年齢のリミットが28歳なんてことはありません。

もし、この説が正しければ、大学を浪人したり、留年した人の場合、新卒で入った会社を3〜4年で退社し、転職する必要があります。しかも、これが転職のラストチャンス。2.3回の転職が当たり前になってきている時代に、この説はどうも通りません。

転職に年齢制限はない

結論から言えば、20代でも30代でも転職している人は多くいる。(35歳以上の転職者が4人に1人という統計結果もある)年齢がネックになっている方は、心配しないでほしい。

40代でも転職している人がいる時代なので、年齢的ハードルは越えられます。そもそも、これから高齢社会がますます進む中で、40代、50代のボリュームゾーンのニーズは増していくと言われている。

結論、年齢は転職をする上であまり気にしなくてもよい。転職者は年齢を大きな問題として捉える必要はない。企業によっては、気にするとろこもあるが、各社各様の採用方針なので、自分に合った会社を選べばいいし、転職エージェントにアドバイスをもらいながら転職活動を進めていけば、年齢はさして問題にならない。

年齢よりも経験を買う

そもそも本当にデキる人は、年齢という条件を問題視していない。年齢を凌駕する経験量、スキルを持っているからだ。会社側も転職者に求めるのは、即戦力となる人材。転職者の経験値と会社の欲しい人材の理想がマッチすれば内定だ。会社は、必ずあなたの年齢よりも経験を買う。

つまり、年齢<経験量+スキルということだ。

年齢ごとに求められるスキル

当たり前のことだが、年齢ごとに求められるスキルは違う。一般的に、20代は自分のスキルや可能性を探し、挑戦する「チャレンジ期間」、30代は自分のスキルを定着させ、確立していく「確立期間」とされている。
そのため、20代で転職する際には、30代でどのようなスキルを身に着けたいのかを考え、そこから逆算して転職先を決めるのが理想だ。一方、30代で転職するさいにはは、身につけたスキルをより活かせる職場を求めるべきである。

テクニカルスキルとポータブルスキル

転職の話をすると、よくスキルという言葉がでるが、転職の際のスキルには2つ。

① テクニカルスキル

② ポータブルスキル

テクニカルスキルとは、簡単に言うと、専門知識や業界知識のことで、特定の分野に秀でたスキルのことです。ポータブルスキルとは、直訳すると持ち運び可能なスキル、つまり、プレゼン力やマネジメント力、リーダーシップ、コミュニケーション力など、どこの会社に行っても使えるスキルのことです。

専門知識重視の技術系の仕事では、テクニカルスキルを伸ばし、営業職やマーケティング職の一般的な仕事では、ポータブルスキルを伸ばす。このように、自分のやりたい仕事や転職したい会社によって、伸ばすべきスキルは変わってきます。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事