トヨタ自動車に転職(中途採用)するための情報【評判、面接対策、年収、難易度を解説】


トヨタ自動車の企業概要

トヨタ自動車は、1937年8月28日に設立され、自動車業界のリーディングカンパニーです。2017年のトヨタブランド単独での自動車販売台数は、約847万台で世界第1位であり、名実ともに日本を代表する会社です。

会社名 トヨタ自動車株式会社
設立 1937年8月28日
事業内容 自動車および関連部品の開発、製造、販売、その他
代表取締役 豊田 章男
資本金 3970億5000万円(2017年3月期)
売上高 連結:27兆5971億9300万円(2017年3月期)
単独:11兆4763億4300万円(2017年3月期)
従業員数 36万4,445人(2017年3月末現在)

トヨタ自動車は何をやっている会社?

自動車の製造および販売がメインですが、自動車関連部品の開発や製造、販売も行っています。つまり、自動車のことなら何でもやっている会社です。

自動車以外にも、「金融事業」「エネルギー開発事業」「ロボット事業」「マリン事業」「ユニット販売事業」など、グループ全体で幅広く事業を展開しており、2017年の売上高は連結で約28兆円規模となっています。

■トヨタの事業分野

自動車事業

金融事業

エネルギー事業

ロボット事業

アグリバイオ事業

マリン事業

トヨタ自動車の評判

自動車業界の中でもトヨタ自動車は、総じて評判が良いです。自動車業界のリーディングカンパニーなので、「年収・給与」「残業時間」「福利厚生」「仕事のやりがい」「職場の雰囲気」すべての項目で高い水準です。

働き方改革に伴い、総合職の約50%を対象に在宅勤務を可能にするなど、今後もより働きやすい環境が整っていくと考えられます。

トヨタ自動車自動車業界
年収・給与
残業時間
福利厚生
仕事のやりがい
職場の雰囲気

トヨタ自動車の採用情報

募集職種

トヨタ自動車のキャリア採用は、「技術系」と「事務系」に分かれています。技術系は、自動車の生産フローにおいて、生産技術者や開発技術者、品質保証など、常に募集されています。

事務系職種は、広報・渉外業務を担当する総務職や採用・育成業務を担当する人事職のことですが、募集は非常に少ないです。会社HPで採用情報を出さずに、転職エージェントの非公開求人などを通して採用するケースが多いので、リクルートエージェントJACリクルートメントなどの転職エージェントに登録し、求人が出たらすぐに応募できる準備をしておくのが得策です。

■技術系職種

品質保証、技術開発、生産開発、研究開発など

■事務系職種

総務、人事、経理、生産管理、生産企画など

平均年収

トヨタ自動車の平均年収は、700〜800万円です。トヨタ自動車は、グローバル企業なので為替の影響で売上が大きく増減する年があります。それに比例して、年収の増減も生まれやすい企業と言えます。

■各年齢の平均年収イメージ

30歳:600万円

35歳:700万円

40歳:800万円

残業時間

トヨタ自動車の平均残業時間は、月30時間程度です。自動車業界の中では、残業時間が比較的少ない部類に入ります。また、有給消化率が約9割で休みが取りやすく、在宅勤務が一部可能となるなど、今後残業時間は減っていく傾向にあります。

トヨタ自動車の選考難易度

結論を申し上げると、トヨタ自動車の選考難易度は非常に高いです。事務系職種に関して言うと、基本的に欠員が出ない限り募集はしません。そのため、1名の採用枠に対して100人以上の求職者が応募することもザラにあります。

しかし、諦める必要はまったくありません。しっかりと企業研究、面接対策を行えば、内定の可能性は十分にあります。ここで言いたいのは、多くの優秀な人材が少ない枠に応募するので、万全な準備が大切ということです。

 ■トヨタ自動車の選考プロセス

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 一次面接/筆記試験/適性テスト
  4. 最終面接
  5. 内定

トヨタ自動車の面接対策

トヨタ自動車の面接では、下記の2点を強く意識してください。面接官が、知りたいことはこの2点に集約されます。

  • なぜ、トヨタ自動車か?
  • なぜ、あなたか?

トヨタ自動車が求めている人材像は、「地道に、愚直に、やり抜ける人」「ダイバーシティ」「協調性」です。大きなプロジェクトを成功させるためには、多くの人と関わり、協調性を持ち、やり抜く力が必要です。またトヨタ自動車は、グローバル企業なので、ダイバーシティ(多様性)を重視しています。

トヨタ自動車を志望する方におすすめの転職サービス

トヨタ自動車は、頻繁に中途採用をやる企業ではないので、新しい求人が出たら、すぐに応募できる状態にしておくことが重要です。

また、選考難易度が高いので面接対策は必須です。そのため、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーとともに万全な準備をしておくことをおすすめします。(転職エージェントは完全無料です)

中小エージェントの場合、トヨタ自動車と取引している可能性が低いので、大手企業が運営する転職エージェントに登録してください。例えば、リクルートが運営するリクルートエージェントJACリクルートメントです。

おわりに

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。トヨタ自動車がどのような企業で、転職をする場合どのような対策をするべきか、少しでも理解して頂ければ幸いです。

あなたの幸せな転職を願っています。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。