トヨタ自動車に転職(中途採用)するための情報【評判、面接対策、年収、難易度を解説】


トヨタ自動車の企業概要

トヨタ自動車は、1937年8月28日に設立され、自動車業界のリーディングカンパニーです。2017年のトヨタブランド単独での自動車販売台数は、約847万台で世界第1位であり、名実ともに日本を代表する会社です。

会社名 トヨタ自動車株式会社
設立 1937年8月28日
事業内容 自動車および関連部品の開発、製造、販売、その他
代表取締役 豊田 章男
資本金 3970億5000万円(2017年3月期)
売上高 連結:27兆5971億9300万円(2017年3月期) 
単独:11兆4763億4300万円(2017年3月期)
従業員数 36万4,445人(2017年3月末現在)

トヨタ自動車は何をやっている会社なの?

自動車の製造および販売がメインですが、自動車関連部品の開発や製造、販売も行っています。つまり、自動車のことなら何でもやっている会社です。

自動車以外にも、「金融事業」「エネルギー開発事業」「ロボット事業」「マリン事業」「ユニット販売事業」など、グループ全体で幅広く事業を展開しており、2017年の売上高は連結で約28兆円規模となっています。

【トヨタの事業分野】

  • 自動車事業
  • 金融事業
  • エネルギー事業
  • ロボット事業
  • アグリバイオ事業
  • マリン事業

トヨタ自動車の評判

自動車業界の中でもトヨタ自動車は、総じて評判が良いです。自動車業界のリーディングカンパニーであるので、「年収・給与」「残業時間」「福利厚生」「仕事のやりがい」「職場の雰囲気」すべての項目で高い水準であることは間違いありません。

働き方改革に伴い、総合職の約50%を対象に在宅勤務を可能にするなど、今後より働きやすい環境が整っていくと考えられます。

  トヨタ自動車 同業界
年収・給与
残業時間
福利厚生
仕事のやりがい
職場の雰囲

トヨタ自動車の採用情報

募集職種

トヨタ自動車のキャリア採用は、「技術系」と「事務系」に分かれています。技術系は、自動車の生産フローにおいて、生産技術者や開発技術者、品質保証など、常に募集されています。

事務系職種は、広報・渉外業務を担当する総務職や採用・育成業務を担当する人事職のことですが、募集は少ないのが現実です。会社HPで採用情報を出さずに、転職エージェントの非公開求人などを通して採用するケースが多いので、キャリアカーバービズリーチなどの転職エージェントに登録し、求人が出たらすぐに応募できる準備をしておくのが得策です。

【技術系職種】

  • 品質保証
  • 技術開発
  • 生産開発
  • 研究開発 etc

【事務系職種】

  • 総務
  • 人事
  • 経理
  • 生産管理
  • 生産企画 etc
応募要領(一部)
応募資格 以下すべてを満たす方
  • [技術系] 理工系の高専・大学以上を卒業された方
    [事務系] 4年制大学(大学院)を卒業(修了)された方
  • 当該職務及びそれに準ずる職務の実務・研究経験を原則5年以上(もしくは同等の経験を)有する方
  • 最終選考面接日より半年以内に入社できる方
給与 学士:月給20万7,000円以上
修士:月給22万9,000円以上
博士:月給26万3,000円以上
勤務時間 8:00~17:00、8:30~17:30、8:45~17:45(休憩1時間)
※部署によりフレックスタイム制あり
勤務地 本社(愛知県豊田市)、名古屋オフィス(愛知県名古屋市)、東富士研究所(静岡県裾野市)、池袋ビル(東京都豊島区東池袋)、九段ビル(東京都千代田区九段南)、各工場など、国内・海外の各研究開発・生産拠点。
雇用形態 正社員

平均年収

トヨタ自動車の平均年収は、700〜800万円です。トヨタ自動車は、グローバル企業なので為替の影響で売上が大きく増減する年があります。それに比例して、年収の増減も生まれやすい企業と言えます。

【各年齢の平均年収イメージ】

  • 30歳:600万円
  • 35歳:700万円
  • 40歳:800万円

残業時間

トヨタ自動車の平均残業時間は、月30時間程度です。自動車業界の中では、残業時間が比較的少ない部類に入ります。また、有給消化率が約9割で休みが取りやすく、在宅勤務が一部可能となるなど、今後残業時間は減っていく傾向にあります。

トヨタ自動車の選考難易度

先に結論を申し上げると、トヨタ自動車の選考難易度は非常に高いです。事務系職種に関して言うと、基本的に欠員が出ない限り募集はしません。そのため、1名の採用枠に対して100人以上の求職者が応募することもザラにあります。

しかし、諦める必要はまったくありません。しっかりと企業研究、面接対策を行えば、内定の可能性は十分にあります。ここで言いたいのは、多くの優秀な人材が少ない枠に応募するので、万全な準備が大切ということです。

中途採用の面接対策の5つのポイント【わかりやすく解説】

【トヨタ自動車の選考プロセス】

  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 一次面接/筆記試験/適性テスト
  4. 最終面接
  5. 内定

トヨタ自動車の面接対策

トヨタ自動車の面接では、下記の2点を強く意識してください。面接官が、知りたいことはこの2点に集約されます。

  • なぜ、トヨタ自動車か?
  • なぜ、あなたか?

トヨタ自動車が求めている人材像は、「地道に、愚直に、やり抜ける人」「ダイバーシティ」「協調性」です。大きなプロジェクトを成功させるためには、多くの人と関わり、協調性を持ち、やり抜く力が必要です。またトヨタ自動車は、グローバル企業なので、ダイバーシティ(多様性)を重視します。

これらを意識した履歴書・職務経歴書の作成も非常に重要になります。

転職用の履歴書の書き方を見本付で解説【テンプレート(フォーマット)付】

職務経歴書の書き方を見本付で解説【テンプレート(フォーマット)付】

トヨタ自動車を志望する方におすすめの転職サービス

トヨタ自動車は、頻繁に中途採用をやる企業ではないので、新しい求人が出たら、すぐに応募できる状態にしておくことが重要です。

また、選考難易度が高いので面接対策は必須です。そのため、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーとともに万全な準備をしておくことをおすすめします。(転職エージェントは完全無料です)

中小エージェントの場合、トヨタ自動車と取引している可能性が低いので、大手企業が運営する転職エージェントに登録してください。例えば、リクルートが運営する「キャリアカーバー」「ビズリーチ」などです。

転職のプロがおすすめする転職サイトと転職エージェント

おわりに

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。トヨタ自動車がどのような企業で、転職をする場合どのような対策をするべきか、少しでも理解して頂ければ幸いです。

あなたの幸せな転職を願っています。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事