考える女性

転職におすすめな時期はいつ?【転職エージェントがわかりやすく解説】


転職時期に関して、下記のような質問を多くいただきます。

「求人が多い時期はいつですか?」

「ライバルが少ない時期はいつですか?」

私は「現職に迷惑をかけない時期であればばいつでも良い」と思っています。ただ、転職市場には、求人数が多い時期やライバルが少ない時期が実際にあります。転職を考えている方にとっては、知っておいて損はないと思いますので、今回は「転職におすすめな時期はいつなのか?」について解説します。

※業界や職種、景気によって、転職の最適時期は変化します。ここでは、一般的に言われている転職の最適時期に関して説明しています。

転職に最適な時期はいつ?

転職市場が活性化する時期は、「1〜3月」と「8〜10月」です。

  • 1〜3月:新年度に向けた求人
  • 8〜10月:下半期に向けた求人

1〜3月の特徴

1〜3月は、4月の新年度に向けて求人が多く出る時期です。企業からすると、入社日を「4月1日」に設定し、新卒社員と一緒に研修を行えるメリットがあるため、企業は4月1日に合わせて大量採用や未経験採用を行う傾向があります。

また、今年度の採用予算を使い切りたいと考える企業が多く、採用ハードルを下げるケースもあります。

8〜10月の特徴

8〜10月は、下半期の新体制に向けて求人が多く出る時期です。企業は、上半期と下半期で事業戦略を大きく変更することがあります。10月に事業部の構成が変わることは、実際によくあります。

この時期には、新たなポジションが生まれ増員する必要性が発生するため、単発求人が多くでます。

求人動向(月別)

上記で、転職市場が活性化する時期は、「1〜3月」と「8〜10月」とお話しました。確かに、これらの時期は、求人数が増えます。しかし、それぞれの月ごとに、求人数やライバル数の特徴があります。ここでは、より具体的に、5つの時期に分けて解説します。

1〜3月の求人動向

1〜3月は、新年度に向けて転職市場が活性化します。この時期は、企業と転職者の双方にメリットがあります。

企業のメリット

  1. 新卒社員と中途社員に対して合同で研修を行える
  2. 今年度の採用予算を使い切ることができる

転職者のメリット

  1. 同期が多い環境で働き始めることができる
  2. 年度の変わり目で心機一転できる

4月の求人動向

4月は、転職におすすめできない時期です。人事は、「新卒採用活動」や「新入社員への研修」で多忙で、中途採用を一時ストップすることもあります。特に、大手企業はこの傾向が強いです。

一方、中小企業やベンチャー企業の中には、この時期を狙って求人を出すこともあります。そのため、自身が志望する企業の採用HPはチェックしておいた方が良いです。

5〜7月の求人動向

5〜7月は、新年度の事業計画が決まり、中途採用が動き始める時期です。特に大企業が求人を出すことが多く、採用枠が埋まれば、翌年まで採用をストップします。そのため、この時期に出た求人は、早めに応募することが重要です。

例えば、採用枠が10名の求人に対して、すでに7名採用している場合、残りの3名の採用基準は高くなります。採用枠が埋まるだけでなく、採用基準が高くなるため、なるべく早く応募することが重要なのです。

8〜10月の求人動向

8〜10月は、下半期の事業戦略に伴い、新たな求人が生まれやすい時期です。特に9〜10月は、下半期に向けて転職市場が活発になります。一方、8月は夏休みを取る企業が多いため、採用活動が停滞する傾向があります。

この時期は、夏休み明けから、10月入社者の採用が活発化します。

11〜12月の求人動向

11〜12月は、翌年の4月1日入社を狙った求人が出始める時期です。12月は冬休みを挟むこともあり、採用活動が停滞することもあります。

一方、外資系企業では、12月決算の企業が多く、年度予算を使い切るために、スピード採用を行う企業もあります。スピード採用のため、採用ハードルが若干下がる傾向があります。

ライバル(求職者)が少ない時期

ここまで、求人が多い時期をメインに解説してきましたが、ここからは、ライバル(求職者)が少ない時期について解説します。

ライバルが少ない時期は、大型連休明けの時期です。つまり、ゴールデンウィーク空け、お盆休み明け、年末年始などの大型連休明けは、狙い目です。休み中に万全な準備をして、休み明けに面接を受ける。

ライバルが完全に気を抜いている時期なので、面接を受ける方が少ないです。企業側からすると、比較対象がいない時期のため、面接の中で良い印象を与える事ができれば、一発内定ということもあるのです。

特に、下記の時期は狙い目だと考えています。

ライバルが少ない時期

  • 4月(年度初め)
  • 8月(夏休み)
  • 12月〜1月(年末年始)

おわりに

転職時期に関しては、いろいろな意見があります。このページの内容は、比較的一般論に近いので、ぜひ参考にしてみてください。最後に、転職時期は現職に迷惑をかけない時期がベストですので、独りよがりにならずに円満退職を目指して、転職活動を行いましょう。

あなたの幸せな転職を願っています。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事