転職におすすめな時期は何月?【転職エージェントがわかりやすく解説】


「求人数が多い時期はいつですか?」

「ライバルが少ない時期はいつですか?」

転職時期に関する質問は多く頂きます。私は「現職に迷惑をかけない時期であればばいつでも転職して良い」と思っています。つまり、転職時期よりも自分のタイミングを重視した方が良いです。

ただ、転職市場には、求人数が多い時期や転職希望者(ライバル)が少ない時期があります。元リクルートの転職エージェントが「転職におすすめの時期」を徹底解説します。

筆者プロフィール元リクルートの転職エージェント。100名以上の転職支援、約300社の中途採用支援を行ってきました。大手企業からベンチャー企業まで、さまざまな業界・職種に精通しています。大学時代には、ITベンチャー3社で3年間インターンを経験しているので、特にIT・Web業界に強いです。私の経験があなたの転職活動のヒントになれば幸いです。

転職におすすめの時期は何月?

転職市場が活発化する時期は、「1〜3月」と「8〜10月」です。この時期は、求人数が多くなる時期なので、希望条件に合った求人を見つけやすくなります。

  • 1〜3月:新年度に向けた求人
  • 8〜10月:下半期に向けた求人

1〜3月の特徴

1〜3月は、4月入社に向けて求人が多く出る時期です。入社日を「4月1日」に設定し、新卒社員と一緒に研修を行うことができるため、4月1日に合わせて大量採用や未経験採用を行う傾向があります。

また、年度の採用予算を使い切りたいと考える企業が多く、採用ハードルを下げて、採用人数を確保する動きもあります。1〜3月を狙って転職活動をすることで、転職の成功確度は高まるはずです。

8〜10月の特徴

8〜10月は、下半期の新体制に向けて求人が多く出る時期です。企業は、上半期と下半期で事業戦略を大きく変更することがあります。10月に事業部の構成が変わることは、実際によくあります。

この時期には、新たなポジションが生まれたり、増員する必要があるため、単発求人が多く出ます。

月別の求人動向

1〜3月の求人動向

1〜3月は、新年度に向けて転職市場が活性化します。この時期は、企業と転職者の双方にメリットがあります。

【企業のメリット】

  1. 新卒社員と中途社員に対して合同で研修を行える
  2. 今年度の採用予算を使い切ることができる

【転職者のメリット】

  1. 同期が多い環境で働き始めることができる
  2. 年度の変わり目で心機一転できる

4月の求人動向

4月は、転職におすすめできない時期です。人事は「新卒採用」や「新入社員への研修」で多忙な時期のため、中途採用を一時ストップすることがあります。特に、大手企業はこの傾向が強いです。

一方、中小企業やベンチャー企業の中には、この時期を狙って求人を出すこともあります。そのため、自身が志望する企業の採用HPはチェックしておいた方が良いです。

5〜7月の求人動向

5〜7月は、新年度の事業計画が決まり、中途採用が動き始める時期です。特に大企業が求人を出すことが多く、この時期に採用枠がすべて埋まれば、翌年まで採用をストップすることもあります。そのため、この時期に出た求人は、早めに応募することが重要です。

例えば、採用枠が10名の求人に対して、すでに7名採用している場合、残りの3名の採用基準は高くなります。採用枠が埋まるだけでなく、採用基準が高くなるため、なるべく早く応募することが重要なのです。

8〜10月の求人動向

8〜10月は、下半期の事業戦略に伴い、新たな求人が生まれやすい時期です。特に9〜10月は、下半期に向けて転職市場が活発になります。一方、8月は夏休みを取る企業が多いため、採用活動が停滞する傾向があります。

この時期は、夏休み明けから、10月入社者の採用が活発化します。

11〜12月の求人動向

11〜12月は、翌年の4月1日入社を狙った求人が出始める時期です。12月は冬休みを挟むこともあり、採用活動が停滞することもあります。

一方、外資系企業では、12月決算の企業が多く、年度予算を使い切るために、スピード採用を行う企業もあります。スピード採用のため、採用ハードルが若干下がる傾向があります。

ライバル(求職者)が少ない時期

ここまで、求人が多い時期をメインに解説してきましたが、ここからは、ライバル(求職者)が少ない時期について解説します。

ライバルが少ない時期は、大型連休明けの時期です。つまり、ゴールデンウィーク空け、お盆休み明け、年末年始などの大型連休明けは、狙い目です。休み中に万全な準備をして、休み明けに面接を受ける。

ライバルが完全に気を抜いている時期なので、面接を受ける方が少ないです。企業側からすると、比較対象がいない時期のため、面接の中で良い印象を与える事ができれば、一発内定ということもあるのです。

特に、下記の時期は狙い目だと考えています。

【ライバルが少ない時期】

  • 4月(年度初め)
  • 8月(夏休み)
  • 12月〜1月(年末年始)

おわりに

転職時期に関しては、いろいろな意見があります。このページの内容は、比較的一般論に近いので、ぜひ参考にしてみてください。最後に、転職時期は現職に迷惑をかけない時期がベストですので、独りよがりにならずに円満退職を目指して、転職活動を行いましょう。

あなたの幸せな転職を願っています。


この記事をかいた人

Smartwithの編集長/元リクルートの転職エージェント/転職と副業のお話が大好きです
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。