転職回数が多い方におすすめの履歴書の書き方【転職エージェントがわかりやすく解説】


履歴書に関する質問で多いのが、「転職回数が多い場合、どのように履歴書を書くべきか?」というものです。確かに、転職回数が多い分、書くことが多くなり、読みにくい履歴書になってしまいます。

そこで、転職回数が多い方でも、スッキリとした履歴書を書ける方法をご紹介します。転職エージェントの経験からお話するので、試してみる価値はあると思います。

このページは、転職回数が多い方からの質問をベースに執筆しています。順番に読んで頂くと理解しやすいと思います。

履歴書には多くを書かない

通常、履歴書には「入社」「会社概要」「職務内容」「退職」「退職理由」などの情報をモレなく記載します。しかし、転職回数が多い場合は、これらすべてを記載すると行が長くなり、読みにくい履歴書になってしまいます。

転職回数が多い場合、履歴書には「入社」「職務内容」のみを記載すると良いでしょう。(上の画像参照)この履歴書の書き方を紹介すると、必ずこのような質問を受けます。

「履歴書の内容が薄くなってしまったら、書類通過しずらくなりませんか?」

確かに、履歴書の内容が薄くなり、アピール材料が減ってしまいました。このままでは、確実に書類通過率は下がります。そうならないためにも、履歴書の内容が薄くなった分、職務経歴書の書き方を工夫するのです。こちらは後ほど、説明します。

職務経歴書の書き方を見本付で解説【テンプレート(フォーマット)付】

短い職歴は、省略しても大丈夫?

「短い職歴は、省略しても大丈夫ですか?」こちらの質問もよく受けます。

実際に、省略する方もいますが、私は省略せずに記載するべきだと思います。転職エージェントの経験からすると、省略した空白期間は、面接官から確実に指摘されます。

「この空白期間に、何をやっていたの?」

この質問に対して、面接官を納得させる答えがない場合は、最初から記載しておくのがベターです。なかには、転職期間中にアルバイトをしており、空白期間が長くなってしまったという方もいらっしゃると思います。その場合も記載した方が良いと思います。

転職回数が多い方は、職務経歴書の見せ方に気をつける

履歴書の内容を削ったことにより、内容が薄くなりました。そこで、重要なのが職務経歴書の書き方です。通常の職務経歴書は、時系列に会社名や勤務期間、職務内容を記載します。

一方、履歴書の内容を削った場合は、職務経歴書のトップに、今までの職務内容を簡潔にまとめ記載すると良いでしょう。会社名や勤務期間よりも先に、今までどのようなことを経験してきたのかを記載するのです。これにより、採用担当者は、転職回数よりも職務内容に目がいきます。

この書き方は、効果絶大です。少しの工夫で、下記のように採用担当者からの見られ方が変わります。

「こんなことも経験してきのか」

「転職回数が多いけど、弊社に合ってそうだな」

転職回数については、必ず指摘される

転職回数が多い方は、履歴書や職務経歴書だけでなく、面接対策もしっかりと行いましょう。採用担当者は、転職回数が多いことに対して、必ずネガティブな感情を抱きます。

「なぜ、すぐに転職したのか?」

この質問に対して、採用担当者が納得できる回答をあらかじめ考えておきましょう。

中途採用の面接対策の5つのポイント【わかりやすく解説】

転職回数が多い方は、キャリアアドバイザーに相談するべき

転職回数が多い方は、勤続年数が長い方に比べて不利になることが多いです。そのため、応募書類や面接対策に時間を書ける必要があります。しかし、応募書類の作成や面接対策は、慣れが必要です。特に、面接対策の場合、ひとりで対策するには限界があります。

そんな方に、おすすめなのが、転職エージェントです。転職エージェントは、無料で「求人の紹介」「面接対策」「面接の日程調整」「給料交渉」など、転職フローのほとんどを代替してくれるサービスです。

転職回数が多い方は、リクルートが運営する、リクルートエージェントキャリアカーバービズリーチなどの評判の良い転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに相談しながら転職活動をすることをおすすめします。

転職のプロがおすすめする転職サイトと転職エージェント

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事