ビットコイン生みの親「サトシ・ナカモト」の正体は日本人!?


ビットコインは、2008年11月「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム)」という論文が発表され、生まれました。その論文を発表したのがサトシ・ナカモトです。彼または彼女の正体は、まったくわかっておらず、「ビットコイン最大の謎」とも呼ばれています。

出典:https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

サトシ・ナカモトとは何者か?

ビットコインユーザーの中でも、「サトシ・ナカモトは一体誰なのか?」論争が続けられています。

  • どこの国に住んでいるのか?
  • 名前の通り日本人なのか?
  • 一人でビットコインを作ったのか?
  • 大学はどこなのか?

現在まで、国籍も年齢も、居住地も何も明らかにされていません。日本人として、サトシ・ナカモトが日本国籍だったら喜ばしいことです。

なお、サトシ・ナカモトは約100万ビットコインを所有していると言われており、現在の価値(1BTC=約200万円)に換算すると約2兆円もの資産を持っていると考えられます。

引き続き、サトシ・ナカモトの情報を追い続けていきます。


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。