Verge(バージ/XVG)のレイス・プロトコルとは?【初心者にわかりやすい用語集】


レイス・プロトコルとは

Verge(バージ/XVG)に正式に実装されたレイス・プロトコルとは、一言で言うと、ブロックチェーン上の取引を「公開」または「非公開」にできる技術です。

レイス・プロトコルのスゴイところは、取引の「公開」「非公開」をスイッチのオン・オフで瞬時に切り替えることができる点です。取引を非公開にできる仮想通貨を匿名通貨と呼びますが、今までの匿名通貨は「非公開」のみで「公開」の選択ができませんでした。一方、レイス・プロトコルを実装したバージは、選択が可能なため、利用シーンによって使い方を選べるのです。

取引の透明性が必要なシーンでは「公開」、取引を匿名上で行いたいシーンでは「非公開」。このように、プライバシーの選択肢を与えることで、バージの使い途は無限に広がっていくのです。

仮想通貨Verge(バージ/XVG)とは?特徴と将来性を解説

2017年12月19日

この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。