「Omise」が仮想通貨取引所事業に参入へ、子会社設立を発表


Omiseが仮想通貨取引所事業に参入

日本およびタイ、シンガポール、インドネシアを拠点に決済サービスを展開しているOmiseが子会社を設立し、仮想通貨取引所事業に参入することを22日に発表した。Omiseは、OmiseGoトークンを発行していることで有名で、CEOは日本とアメリカで起業経験を持つ長谷川潤氏だ。

サイバーエージェントビットコインが仮想通貨取引所事業への参入を断念し、仮想通貨取引所事業への参入は難しくなっている。CoincheckのNEM事件以来、金融庁の取り締まりや審査が厳しくなっているだけに、今後どのようにOmiseが仮想通貨取引所事業に参入するか注目が集まる。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。