仮想通貨Pundi X(NPXS)とは?特徴と将来性を解説


Pundi X(NPXS)とは

Pundi Xとは、仮想通貨決済をより簡単にし、誰もがキャッシュレスで取引できる世界を実現するためのプロジェクトです。現在、小売店やレストランなどにPundi XPOSというデバイスを設置し、それを通してQRコードを使ったキャッシュレス決済を可能にしています。

Pundi XPOSというデバイスに専用カードまたはスマートフォンをかざして決済をするイメージです。(Pundi XPOSは、インドやシンガポールを拠点に展開しており、すでに500店舗以上に導入済み)

Pundi X(NPXS)は、Pundi XPOSを通して仮想通貨での決済、クレジットカードや現金での仮想通貨購入を叶えるトークンです。

仮想通貨取引所のおすすめランキング【初心者にもわかりやすく解説】

2017年12月16日
通貨単位Pundi X(PXS)
最大供給量
68,179,231,883 NPXS
初期レート
1ETH = 500NPXS
公開日2017年11月20日(トークンプレセール)
公式サイトhttps://pundix.com/

Pundi X(NPXS)の特徴と将来性

プロダクトとユーザー数

Pundi Xは、仮想通貨での決済を普及させることをミッションとしており、そのために欠かせないのがPundi XPOSです。Pundi XPOSを店舗に設置すれば、ユーザーの仮想通貨決済が可能となります。リクルートのAir Regiに近いアイデアですが、Pundi Xは仮想通貨での支払いだけでなく、仮想通貨を購入することも可能です。

すでに500店舗以上がPundi XPOSを導入しており、Pundi Xが普及すれば誰もが仮想通貨でコーヒーを買ったり、ランチをしたりする世界が来るのです。

Binanceに上場が濃厚

世界第一位の仮想通貨取引所であるBinanceでは、「Community Coin of the Month」というBinanceユーザーが上場させる仮想通貨を投票で決めるイベントが行われます。第7回の「Community Coin of the Month」において、Pundi Xは現時点で第一位を維持しており、Binanceへの上場が濃厚とされています。

Binanceに上場する仮想通貨は、軒並み価格が高騰していることもあり、Pundi Xは投機家にとって注目の仮想通貨と言えます。

企業とのパートナーシップ提携

Pundi Xは、すでに多数の有名企業とパートナーシップ提携をしています。その中には、NEMやZ Cash、STELLARなどの有名仮想通貨も含まれており、Pundi X経済圏を拡大する上で盤石な体制と言えます。

Pundi X(NPXS)の購入方法

Pundi Xは、国内の取引所では取り扱われていません。今後、Binanceに上場する可能性が高いので、上場後に下記の流れで購入することをおすすめします。

【Pundi X(NPXS)の購入の流れ】

  1. ZaifまたはQUOINEXでBTC(ビットコイン)またはETH(イーサリアム)を購入
  2. ZaifまたはQUOINEXからBinanceにBTCまたはETHを送金
  3. BTCまたはETHでNPXSを購入

 

Pundi X(NPXS)の紹介動画


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。