仮想通貨のアフィリエイトが禁止に!?【仮想通貨交換業協会の自主規制ルール】


仮想通貨のアフィリエイトが禁止になる?

日本仮想通貨交換業協会の自主規制ルールにおいて、仮想通貨の成果報酬型広告(アフィリエイト)による勧誘を禁止することを発表しています。これまでGoogle、Facebook、Twitterが仮想通貨関連の広告を禁止することを決めていますが、アフィリエイトの禁止は非常に大きな動きと言えます。

仮想通貨取引会社は、これまでアフィリエイトやGoogleのアドセンス広告などで集客を図ってきたが、今後はこれらが禁止されます。これからどのように集客するのか、気になるところです。

匿名通貨の規制がより厳しく

また日本仮想通貨交換業協会は、①不公正取引、②資産管理、③取引システム、④資金洗浄対策などの観点でも自主規制ルールを作りました。④資金洗浄対策に関しては、疑わしい取引は金融庁長官に届け出る、新規の取り扱いを禁止するなどの対応を取るとのことで、「Monero」「Dash」「Zcash」「Verge」などの匿名通貨に大きな影響がありそうです。


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。