DX.Exchangeとは?「NASDAQ」との連携で注目される仮想通貨取引所


DX.Echangeとは?

DX.Exchangeは、イスラエル発の仮想通貨取引所です。もともとは、「Coins.Exchange」という名前でしたが、その後変更になりました。DX.Exchangeは、まだオープンしておらず2018年6月中にオープン予定です。

アメリカの大手証券取引所であるNASDAQが技術を提供し、Googleがクラウド技術を提供しているため、多くの注目を集めている仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所のおすすめランキング【初心者にもわかりやすく解説】

2017年12月16日

DX.Exchangeの特徴

NASDAQとの連携

DX.Exchangeが注目されている最大の理由は、NASDAQとの連携です。NASDAQは1971年に設立されたアメリカの証券取引所であり、AppleやGoogle(Alphpbet)などの世界企業が上場する世界トップクラス規模を誇る証券取引所です。

そんなNASDAQが1971年以来、培ってきた技術をDX.Exchangeに提供しているのです。そのため、安全性、信頼性は担保されており、DX.Exchangeがオープンすれば、すぐに世界トップクラスの取引所になることが期待されています。

法定通貨の使用でワンストップサービスを提供

DX.Exchangeは、法定通貨で誰もが簡単に取引ができることを目指しており、アメリカ、日本、イギリス、香港、キプロスの法定通貨に対応することを予定しています。

これが叶えば、日本人が円建てで直接海外の仮想通貨を購入することが可能となり、より流動性の高い仮想通貨投資が実現されます。

取引手数料

DX.Exchangeは、取引手数料を月額10ユーロ(約1,300円)に設定しています。他の取引所では、1回の取引ごとに手数料が発生しますが、月額制を採用することにより、月に何度も取引する投資家を囲うことができます。

取扱通貨

DX.Exchangeが取り扱う仮想通貨は、BTC, BCH, ETH, LTC,XRPなど6〜7種類とされています。その後、時価総額ランキングに応じて取り扱いを検討し、20〜30種類に増やす予定です。

取引画面のUIが見やすい

DX.Exchangeの取引画面は、どこかBinanceを連想させるような色合い、仕様となっています。取引画面上で、経済ニュースを確認することもできるなど、ワンストップで多くのサービスを享受できるプラットフォームを目指していると見て取れます。

DX.Exchangeの登録方法

現在DX.Exchangeは、こちらからメールアドレスの入力で事前登録が可能です。2018年6月20日現在まで、50万人以上が事前登録をしています。ユーザーからの期待値が高いことがうかがえます。

DX.Exchangeの紹介動画


この記事をかいた人

Smartwithは、「あなたの毎日を賢くアップデート」をコンセプトに、転職エージェントが転職ノウハウ、ビジネス知識、お金の知識、税金のしくみ、英語のスキル、副業の知識に関する情報をわかりやすくお伝えするビジネスメディアです。
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。