英語の基本である第5文型とは?【例文でわかりやすく解説】


英語の文型は5つだけ!

英語には5つの文型があります。これらの文型を構成しているのがSubject(主語)、Verb(動詞)、Complement(補語)、Object(目的語)です。

第1文型:SV

第2文型:SVC

第3文型:SVO

第4文型:SVOO

第5文型:SVOC

英語のパターンはこの5つだけです。最初に型を覚えておくことで、英語を身につけるスピードが早くなりますよ。次に、それぞれの型を見ていきましょう。簡単なので、ご安心ください!

第1文型:SV(主語+動詞)

第1文型は、「SV(主語+動詞)」です。「Sは〜する」のように単なる動作を表す際に使われます。

I walk every day.
私は毎日散歩をする。

この文では、主語がI、動詞がwalkです。単なる動作を表していますね。

第2文型:SVC(主語+動詞+補語)

第2文型は、「SVC(主語+動詞+補語)」です。「Sが〜だ」のように状態を表す際に使われます。Cには、名詞または形容詞が入ります。SVCは、S=Cという関係になります。上記の例では、私=楽しい、彼女=女優という関係になっています。

I’m happy.
私は楽しいです。
She is an actress.
彼女は女優です。

第3文型:SVO(主語+動詞+目的語)

第3文型は、「SVO(主語+動詞+目的語)」です。ある動作や行動が人や物に向けて行われている際に使われます。

I walk my dog every day.
私は毎朝犬を散歩させます。

walkの対象がdogになっています。walk→dogというイメージです。

第4文型:SVOO(主語+動詞+目的語+目的語)

第4文型は、「SVOO(主語+動詞+目的語+目的語)」です。動詞の後ろに目的語が2つ並んでいます。1つ目の目的語をA、2つ目の目的語をBとすると、「AにBをあげる・くれる」という関係になります。

I gave him book.
私は彼に本をあげた。
My mother taught me English.
母が英語を教えてくれた。
My brother bought me the guitar.
兄がギターを買ってくれた。

第5文型:SVOC(主語+動詞+目的語+補語)

第5文型は、「SVOC(主語+動詞+目的語+補語)」です。動詞の後ろに目的語と補語が並んでいます。Vの対象がO、そしてO=Cという関係になります。Cには大きく4つの品詞が入るので、パターン別に見てみましょう。

①Cが名詞のパターン

Cに名詞が来るパターンです。me(私)=Tom(トム)という関係が成り立っています。

Please call me Tom.
トムと呼んでください。

②Cが形容詞のパターン

Cに形容詞が来るパターンです。me(私)=sad(悲しい)という関係が成り立っています。

The movie made me sad.
その映画を見て悲しくなった。

③Cが現在分詞のパターン

Cに現在分詞が来るパターンです。him(彼)=runnning(走っている)という関係が成り立っています。

I saw him running.
私は彼が走っているのを見た。

④Cが過去分詞のパターン

Cに過去分詞が来るパターンです。door(ドア)=locked(鍵がかかっている)という関係が成り立っています。

I kept the door locked.
私はドアに鍵をかけた。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。