「ご希望に添えず申し訳ございません」を英語で言うと?【すぐに使えるビジネス英語】

ビジネスシーンでは、「ご希望に添えず申し訳ございません」という表現を使うことがよくあります。クライアントや上司に対して、失礼のないように伝えたいですよね。

今回は、「ご希望に添えず申し訳ございません」はビジネス英語でどのように言うのかを解説します。例文を覚えていつでもアウトプットできるようになりましょう。

「ご希望に添えず申し訳ございません」を英語で言うと?

「ご希望に添えず申し訳ございません」は、

  • ご期待に添えず申し訳ございません
  • ご要望にお応えできず申し訳ございません
  • お役に立てず申し訳ございません

日本語に直すと、上記のようなニュアンスになります。どれか一つを覚えておけば、相手の希望に答えられない際にいつでも使うことができます。

個人ではなく、会社を代表して、相手の希望に答えられないことをお詫びする際には、「I」ではなく「We」を使えばOKです。

例文1

I apologize I cannot comply with your wishes.

ご希望に添えず申し訳ございません。

例文2

I really regret to say that I cannot help you.

ご希望に添えずとても残念です。

例文3

I am terribly sorry that I couldn’t live up to your expectations.

ご期待に添えず申し訳ございません。

例文4

I am afraid that I cannot meet(fulfill) your request.

ご要望にお応えできず申し訳ございません。

例文5

I’m sorry I couldn’t be much of a help.

お力になれず申し訳ございません。(お役に立てず申し訳ございません)