「as it is」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】


「as it isはどのように使うの?」

「as it isを一度も使ったことがない」

そんな方のために、as it isの意味を2つに絞ってご紹介します。as it isは、日常シーンだけでなく、ビジネスシーンでも使うので覚えておくと便利です。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

as it isの意味:①(文頭で)実際のところ

as it isの1つ目の意味は、「実際のところ」です。文頭で使われる場合、「実際のところ」の意味になります。as it isは、残念なことを述べる際に使われます。「(残念ながら)実際のところ〜」と考えましょう。

よく「as it isはなぜ実際のところという意味になるのか」という疑問を持つ方がいます。シンプルに考えると、as it isを直訳すると「それがそうであるように」です。これを自然な日本語にすると「実際のところ」となるのです。

例文1

As it is, prices are going up every month.
実際のところ、物価は毎月上がっている。

DUO3.0の例

As it is, ordinary people cannot afford to purchase such luxuries.
実際のところ、普通の人々にはそんな贅沢品を購入する余裕はない。
SECTION 3 No.24

as it isの意味:②(文中・文尾で)そのまま

as it isの2つ目の意味は、「そのまま」です。文中または文頭で使われる場合、「そのままで」の意味になります。何か提案をされたときに、「そのままで大丈夫です」と返答するときによく使います。

例文1

It’s fine as it is.
そのままで大丈夫です。

例文2

I like it better as it is.
そのままの方がいいです。

例文3

The broken laptop was sold as it is.
壊れたパソコンは、そのまま売られた。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。