「don’t need」と「need not」の違い【例文でわかりやすく解説】


「don’t needとneed notの違いがわかならい!」

そんな方のために、この2つの違いを例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

needには2種類あります

needには、助動詞と一般動詞の2種類あります。助動詞で使う場合は、don’t need to doとなります。一方、一般動詞で使う場合は、need not doとなります。

助動詞の例文

You don’t need to do it.
それをやる必要はない。

一般動詞の例文

You need not do it.
それをやる必要はない。

need doでは使えない!

needには、助動詞と一般動詞と説明しましたが、一般動詞でneed doとして使うことはできません。一般動詞で使う場合は、need not doまたはneed A(Aを必要としている)として使います。

need Aの例文

I need your help.
あなたの助けが必要です。

最後に問題です!

【問題】適切な語句を選んで下さい。

You( )do this work.

① not need
② don’t need
③ need not
④ need not to

答えはわかりましたか?このような引っ掛け問題はよく出ますので、慣れておくと良いですね。(答えは③です)


Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。