「be astonished at」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】


「be astonished atはどのように使うの?」

「be astonished atを一度も使ったことがない」

そんな方のために、be astonished atの意味を例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

be astonished atの意味:〜にたいへん驚く

be astonished atの意味は、「〜にたいへん驚く」です。(atではなくbyでも同じ意味になります)

例文1

I was astonished at the news.
私はその知らせに驚きました。

例文2

I was astonished at the loud sound.
大きな音に驚いた。

DUO3.0の例文

The cook was astonished at his incredible appetite.
料理人は彼の信じられないほどの食欲にとても驚いた。
SECTION 26 No.310

be astonished atの類義語

be astonished atの類義語を2つご紹介します。be very surprised atだけ、veryが入っていますが、これは驚きの強弱の差によるものです。(詳しくは下記で詳しく説明しています)

  1. be very surprised at
  2. be amazed at

例文1

I was very surprised at the news.
私はその知らせに驚きました。

例文2

I was amazed at the news.
私はその知らせに仰天しました。

surprised/astonished/amazedの違いとは?

これらは、驚きを表す形容詞ですが、違いは「強弱」です。surprised→astonished→amazedの順番で驚きが強くなっていきます。

細かいニュアンスの差はありますが、「〜に驚く」と覚えておきましょう。

  1. be surprised at:〜に驚く
  2. be astonished at:〜に(たいへん)驚く
  3. be amazed at:〜に(仰天するほど)驚く

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。