「be at a loss」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】


「be at a lossはどのように使うの?」

「be at a lossを一度も使ったことがない」

そんな方のために、be at a lossの意味を例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

be at a lossの意味:どうしたらよいのかわからない

be at a lossの意味は、「どうしたらよいのかわからない」です。動揺して何をどうしたら(どう言ったら)よいのかわからないという状況の際に使います。

be at a loss for Aという形で使われるので例文と合わせて覚えておきましょう。

例文1

I’m at a loss for words.
あきれてものが言えない。

例文2

He is at a loss for what I should do next.
次に何をするべきかわかならい。

例文3

He is at a loss for an answer.
彼は答えに窮している。

DUO3.0の例文

“Speaking of Jenifer, she got engaged to a businessman.” “I’m at a loss for words! I hope she won’t break it off.”
「ジェニファーと言えば、彼女、実業家と婚約したんだよ。」「あきれてものが言えないわ。破談にならなきゃいいけどね。」
SECTION 45 No.557
Recommend Posts
あなたにおすすめの記事