「be at a loss」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】


「be at a lossはどのように使うの?」

「be at a lossを一度も使ったことがない」

そんな方のために、be at a lossの意味を例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

be at a lossの意味:どうしたらよいのかわからない

be at a lossの意味は、「どうしたらよいのかわからない」です。動揺して何をどうしたら(どう言ったら)よいのかわからないという状況の際に使います。

be at a loss for Aという形で使われるので例文と合わせて覚えておきましょう。

例文1

I’m at a loss for words.
あきれてものが言えない。

例文2

He is at a loss for what I should do next.
次に何をするべきかわかならい。

例文3

He is at a loss for an answer.
彼は答えに窮している。

DUO3.0の例文

“Speaking of Jenifer, she got engaged to a businessman.” “I’m at a loss for words! I hope she won’t break it off.”
「ジェニファーと言えば、彼女、実業家と婚約したんだよ。」「あきれてものが言えないわ。破談にならなきゃいいけどね。」
SECTION 45 No.557

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。