「急かしてすみません」を英語で言うと?【すぐに使えるビジネス英語】


「急かしてすみません」はビジネスシーンでよく使う言葉です。メールの返信が遅かったり、質問の回答がなかなか来ない場合は、ぜひ使ってみましょう。

急かしてすみませんを英語で言うと?

「急かしてすみません」は、I’m sorry to rush you, but〜と表現します。よく使う定型文なので、ぜひ覚えておきましょう。

I’m sorry to rush you, but〜
急がしてすみませんが、〜

but〜の後に「〜してほしい」と続けることで、丁寧に相手に要望を伝えることができます。例えば、「急かしてすみませんが、メールの返信を早めにお願いします」「急かしてすみませんが、早めに決めて頂けますか」など、さまざまなシーンで使えます。

例文1

I’m sorry to rush you, but we need a decision by Monday.
急かしてすみませんが、月曜日までに決めていただけますか。

例文2

I’m sorry to rush you, but could you reply as soon as possible?
急かしてすみませんが、お早めに返信をいただけますか?

Sorry for the rush butでもOK!

「急かしてすみませんが」は、sorry for the rush butでも使えます。非常に便利な言葉なので、合わせて覚えておきましょう。

例文1

Sorry for the rush but could you reply as soon as possible?
急かしてすみませんが、お早めに返信をいただけますか?

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。