「〜したい」を英語で言うと?【すぐに使えるビジネス英語】


「〜したい」は、ビジネスシーンでよく使う言葉です。家族や友人に対しては、I want to 〜(〜したい)で問題はありませんが、ビジネスシーンには適していません。相手へ失礼のないように正しい言い方を覚えましょう。

〜したいを英語で言うと?

「〜したい」は、would like to〜を使うことをおすすめします。want to〜よりも丁寧な言い方になるので、ビジネスシーンに適しています。

I would like to〜
〜したいです。(〜したいと存じます)

例文1

I would like to consult with my manager before we make decisions.
決定する前に上司に相談したいです。

例文2

I’d like to go with you.
お伴したいです。

 

【ポイント】

want to〜がwould like to〜になると、なぜ丁寧な表現になるのでしょうか?その理由は、2点あります。①wantを過去形にすることで、仮定法過去のwouldになり、婉曲の意味になるから。②want(〜したい)よりもlike(〜が好き)の方が遠回しな表現になるから。

 

would like A to〜も合わせて覚えよう!

would like A to〜で「Aに〜してほしい」という意味になります。何かをお願いをしたいときに重宝します。

例文1

I would like you to call me tonight.
今夜お電話を頂きたいです。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。