「間違えてメールを送ってしまった」を英語で言うと?【すぐに使えるビジネス英語】


間違えてメールを送ってしまうことありますよね。内容を間違えるだけでなく、宛先を間違えたり、添付ファイルを間違えたりなど。

そんなとき、相手に対してどのように伝えるのかを簡単にご紹介します。例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう。

内容を間違えてしまったパターン

内容を間違えてしまった場合は、下記2つがおすすめです。I am sorryのような謝罪文を添えても良いでしょう。

例文1

There was an error in the e-mail I sent previously.
先ほどお送りしたメールに誤りがありました。

例文2

I have accidentally sent to that e-mail so please ignore.
あのメールは間違えて送ってしまったものです。

宛先を間違えてしまったパターン

宛先を間違えてしまった場合は、下記2つがおすすめです。I am sorryのような謝罪文を添えても良いでしょう。

例文1

I accidentally sent the e-mail to the wrong person.
間違って違う人に送ってしまった。

例文2

Please ignore the e-mail, I sent it by mistake.
メールは無視して下さい。間違えて送ってしまいました。

添付ファイルを間違えた場合

添付ファイルを間違えてしまった場合は、下記がおすすめです。Please use the file attached(添付したファイルをお使いください)と添えると良いでしょう。

例文1

The file I sent in my previous e-mail is the wrong one.
添付ファイルを間違えてしまいました。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。