「at first」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】


「at firstはどのように使うの?」

「at firstを一度も使ったことがない」

そんな方のために、at firstの意味を例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

at firstの意味:最初は、始めのうちは

at firstの意味は、「最初は、始めのうちは」です。「最初は嫌いだったが、今は好きである」のように変化を表したいときに用います。

例文1

At first I didn’t like reading books, but now I do.
最初は本を読むことが嫌いだったが、今は好きです。

DUO3.0の例文

No one backed me up at first, but eventually I talked everyone into going along with my plan.
僕の案を支持してくれる人は最初は誰もいなかったけれど、最後にはみんなを説得して賛同してもらうことができた。
SECTION 7 No.81

at firstとfirstの違いとは?

at firstとfirstを混同している方がいるので、しっかりと両者の違いを覚えておきましょう。at firstは「変化」を表す言葉でしたね。「最初は〜だったが、今は〜である」のように使います。

一方で、firstは「順序」を表す言葉です。「最初に〜をやって、その後に〜をやった」のように使います。

例文1

First I read some books. Then I watched a movie.
最初に本を読んで、その後に映画を見ました。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。