「be good at」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】


「be good atはどのように使うの?」

「be good atを一度も使ったことがない」

そんな方のために、be good atの意味を例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

be good atの意味:〜が得意だ、〜が上手だ

be good atの意味は、「〜が得意だ、〜が上手だ」です。atの後には、動名詞(動詞を〜ing形にした名詞)だけでなく名詞も取ります。日常会話でよく使うので覚えておくと非常に便利です。

例文1

He is good at speaking English.
彼は英語を上手に話します。

例文2

I’m not good at speaking English.
私は英語が得意ではありません。

例文3

I want to be good at speaking English.
英語をうまく喋れるようになりたい。

例文4

I want to be good at English like you too.
あなたのように英語をうまく喋れるようになりたい。

DUO3.0の例文

He is not good at making friends and always keeps to himself.
彼は友達作りが苦手で、いつも一人ぼっちでいる。
SECTION 42 No.507

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。