「be away」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】


「be awayはどのように使うの?」

「be awayを一度も使ったことがない」

そんな方のために、be awayの意味を2つに絞ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

be awayの意味:①(…に)いない、留守にしている

be awayの1つ目の意味は、「(…に)いない、留守にしている」です。awayは「〜から離れている状態」を指すので、「(…に)いない、留守にしている」という意味になります。

時間を表す副詞と一緒に使うことが多いので、例文と合わせて覚えておきましょう。

例文1

He is away on a journey.
彼は旅に出ている。

例文2

I will be away for a while.
しばらく留守にします。

例文3

I’ll be away weekend.
週末は留守にします。

例文4

He will be away on work.
彼は、仕事で留守にします。

例文5

He can’t be away from his parents.
彼は親から離れることができない。

DUO3.0の例文

While he was away on business, his wife gave birth to a baby boy.
彼が出張中に、奥さんが男の子の赤ちゃんを出産した。
SECTION 23 No.281

be awayの意味:②(…を)休んでいる

be awayの2つ目の意味は、「(…を)休んでいる」です。病気などの理由で仕事を休む際に、よく使います。そのため、「be away from work」と覚えておくと良いでしょう。

例文1

I will be away from work tomorrow.
私は明日仕事を休みます。

例文2

She is away from work with the flu.
彼女はインフルエンザで仕事を休んでいます。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。