英文メールの宛名の書き方【すぐに使えるビジネス英語】


英文メールを送る際に、宛名は必須です。特に、ビジネスシーンでは、失礼のないように注意する必要があります。英文メールの宛名は、非常に簡単ですが、非常に重要なので例文とともに覚えておきましょう♪

英文メールの宛名はDearだけ

英文メールの宛名の書き方は、非常に簡単です。「Dear ○○,」だけです。○○には、①個人名②部署・役職③会社名のいずれかが入ります。(ビジネスシーンでは、個人名で送ることが多いです)

①個人名の場合

個人名の場合は、「Dear+敬称+姓」を使います。敬称は、Mr.やMs.のことです。女性の場合、既婚あるいは未婚の場合で言い方が変わりますが、どちらも「Ms.」を使うことが可能です。

・Mr.:男性全般
・Ms.:女性全般
・Mrs.:既婚女性
・Miss.:未婚女性

例文1

Dear Mr.James,
ジェームス様

例文2

Dear Ms.Johnson,
ジョンソン様

②部署・役職の場合

個人名がわからない場合は、「Dear+部署・役職」を使います。

・Chief Executive Officer:最高経営責任者
・Chief Operating Officer:最高執行責任者
・Chief Financial Officer:最高財務責任者
・Sales Manager:営業部長
・Director of HR:人事部長
・Customer Service:カスタマーサービス

例文1

Dear Sales Manager,
営業部長様

例文2

Dear Chief Executive Officer,
最高経営責任者様

③会社名の場合

個人名、部署・役職がわからない場合は、「Dear+会社名」を使いましょう。

例文1

Dear ABC Company,
ABC会社様

例文2

Dear ABC Trading Co.,LTD
ABC商事様

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。