「ご無沙汰しております」を英語で言うと?【すぐに使えるビジネス英語】


日本では、「ご無沙汰しております」という表現をビジネスシーンでよく使いますよね。クライアントや上司に対して挨拶する際に重宝する表現です。今回は、英語で「ご無沙汰しております」はどのように表現するのかを解説します。例文を覚えていつでもアウトプットできるようになりましょう♪

「ご無沙汰しております」を英語で言うと?

友人であれば、「Long time no see!(久しぶり!)」という表現が使えますが、ビジネスシーンではより丁寧に伝える必要があります。

まず覚えておきたいのが「しばらくぶりですね」を意味する2つの表現です。この表現をうまく使えば、「ご無沙汰しております」と近い表現ができます。例文を見てみましょう。(It’sIt hasの短縮形です)

  1. It’s been a while
  2. It’s been a long time

「It’s been a while」の例文

例文1

Excuse me, It’s been a while.
ご無沙汰してしまい、すいません。

例文2

It’s been a while since I last contacted you.
以前にご連絡をしてから、ご無沙汰しております。

例文3

It’s been a while, hasn’t it?
しばらくぶりですよね?

「It’s been a long time」の例文

例文1

It’s been a long time to see you.
お久しぶりです。

例文2

It’s been a long time since I got in touch with you last time.
以前に連絡してから、ご無沙汰しております。

例文3

It’s been a really long time since I last contacted you.
以前に連絡してから、大変ご無沙汰しております。

Recommend Posts
あなたにおすすめの記事
■当サイトに関する注意事項
  • 当サイトに掲載されている情報は、万全を期しておりますが、正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。
  • 利用者が当サイトに掲載されている情報を利用して行う一切の行為について、当社はいかなる責任も負いません。
  • 当サイトの内容は、予告なしに変更又は削除する場合があります。
  • 当サイトの利用により発生したいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。