「be about to do」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】

「be about to doはどのように使うの?」

「be about to doを一度も使ったことがない」

そんな方のために、be about to doの意味を例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

be about to doの意味:(まさに)〜するところである

be about to doの意味は、「(まさに)〜するところである」です。「今まさに〜しようとしている」という状況を表現する際に重宝します。

例文1

The train is about to leave.

電車が出るところです。

例文2

I am about to go to bed.

寝るところです。

I was about to doで覚えよう!

be about to doは、「I was about to do(〜するところだった)」で覚えるのがおすすめです。

例文1

I was about to call you.

あなたに電話するところだった。

例文2

I was about to go out.

出かけるところだった。

例文3

I was about to ask you.

あなたにお願いするところだった。

I was just about to doも使ってみよう!

「〜するところだった」をより強調するために、Justを使うとグッド!justを入れることで「ちょうど〜するところだった」と表現することができます。

例文1

I was just about to call you.

ちょうどあなたに電話するところだった。

例文2

I was just about to go out.

ちょうど出かけるところだった。

例文3

I was just about to ask you.

ちょうどあなたにお願いするところだった。

be going to doとbe about to doの違いは?

どちらの言葉も「(未来で)〜をする」を表しますが、明確に意味が異なります。それは、未来が漠然としているかしていないかです。

be going to doは、漠然とした未来を指しています。一方、be about to doは、目の前の未来を指しています。

  • be going to do:漠然とした未来
  • be about to do:目の前の未来(これから〜、まさに〜)

be going to doの例文

I am going to do my homework.

私は宿題をします。(いつかはわかならい…)

be about to doの例文

I am about to do my homework.

これから宿題をします。(まさに今から…)