「久しぶり」を英語で言うと?【すぐに使えるビジネス英語】

「久しぶりです」や「ご無沙汰しております」は、ビジネスシーンでよく使う言葉です。家族や友人に対しては、Long time no see.(久しぶり!)で問題はありませんが、ビジネスシーンでは適していません。相手へ失礼のないように正しい言い方を覚えましょう。

「久しぶり」を英語で言うと?

「久しぶり」は、I haven’t seen you for a long time.を使うのをおすすめします。Long time no seeよりも硬い表現ですが、目上の方やクライアント先には、こちらを使うと良いです。

I haven’t seen you for a long time.

お久しぶりです。

It has been a long time since〜でもOK!

「久しぶり」は、It has been a long time since〜でも同じ意味になります。こちらは、I haven’t seen you for a long time.よりも硬い表現になるので、かしこまった表現を使いたいときに便利です。

例文1

It has been a long time since I’ve seen you.

ご無沙汰してます。

例文2

It has been a long time since I saw you last.

前回お会いしてから、ずいぶん時間が過ぎましたね。