「間違えてメールを送ってしまった」を英語で言うと?【すぐに使えるビジネス英語】

間違えてメールを送ってしまうことありますよね。内容を間違えるだけでなく、宛先を間違えたり、添付ファイルを間違えたりなど。

そんなとき、相手に対してどのように伝えるのかを簡単にご紹介します。例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう。

内容を間違えてしまったパターン

内容を間違えてしまった場合は、下記2つがおすすめです。I am sorryのような謝罪文を添えても良いでしょう。

例文1

There was an error in the e-mail I sent previously.

先ほどお送りしたメールに誤りがありました。

例文2

I have accidentally sent to that e-mail so please ignore.

あのメールは間違えて送ってしまったものです。

宛先を間違えてしまったパターン

宛先を間違えてしまった場合は、下記2つがおすすめです。I am sorryのような謝罪文を添えても良いでしょう。

例文1

I accidentally sent the e-mail to the wrong person.

間違って違う人に送ってしまった。

例文2

Please ignore the e-mail, I sent it by mistake.

メールは無視して下さい。間違えて送ってしまいました。

添付ファイルを間違えた場合

添付ファイルを間違えてしまった場合は、下記がおすすめです。Please use the file attached(添付したファイルをお使いください)と添えると良いでしょう。

例文1

The file I sent in my previous e-mail is the wrong one.

添付ファイルを間違えてしまいました。