「be good at」の意味と使い方【例文でわかりやすく解説】

「be good atはどのように使うの?」

「be good atを一度も使ったことがない」

そんな方のために、be good atの意味を例文を使ってご紹介します。簡単な例文を覚えて、いつでもアウトプットできるようになりましょう♪

be good atの意味:〜が得意だ、〜が上手だ

be good atの意味は、「〜が得意だ、〜が上手だ」です。atの後には、動名詞(動詞を〜ing形にした名詞)だけでなく名詞も取ります。日常会話でよく使うので覚えておくと非常に便利です。

例文1

He is good at speaking English.

彼は英語を上手に話します。

例文2

I’m not good at speaking English.

私は英語が得意ではありません。

例文3

I want to be good at speaking English.

英語をうまく喋れるようになりたい。

例文4

I want to be good at English like you too.

あなたのように英語をうまく喋れるようになりたい。

DUO3.0の例文

He is not good at making friends and always keeps to himself.

彼は友達作りが苦手で、いつも一人ぼっちでいる。

SECTION 42 No.507