英文メールの宛名の書き方【すぐに使えるビジネス英語】

英文メールを送る際に、宛名は必須です。特に、ビジネスシーンでは、失礼のないように注意する必要があります。英文メールの宛名は、非常に簡単ですが、非常に重要なので例文とともに覚えておきましょう♪

英文メールの宛名はDearだけ

英文メールの宛名の書き方は、非常に簡単です。「Dear ○○,」だけです。○○には、①個人名②部署・役職③会社名のいずれかが入ります。(ビジネスシーンでは、個人名で送ることが多いです)

①個人名の場合

個人名の場合は、「Dear+敬称+姓」を使います。敬称は、Mr.やMs.のことです。女性の場合、既婚あるいは未婚の場合で言い方が変わりますが、どちらも「Ms.」を使うことが可能です。

・Mr.:男性全般
・Ms.:女性全般
・Mrs.:既婚女性
・Miss.:未婚女性

例文1

Dear Mr.James,

ジェームス様

例文2

Dear Ms.Johnson,

ジョンソン様

②部署・役職の場合

個人名がわからない場合は、「Dear+部署・役職」を使います。

・Chief Executive Officer:最高経営責任者
・Chief Operating Officer:最高執行責任者
・Chief Financial Officer:最高財務責任者
・Sales Manager:営業部長
・Director of HR:人事部長
・Customer Service:カスタマーサービス

例文1

Dear Sales Manager,

営業部長様

例文2

Dear Chief Executive Officer,

最高経営責任者様

③会社名の場合

個人名、部署・役職がわからない場合は、「Dear+会社名」を使いましょう。

例文1

Dear ABC Company,

ABC会社様

例文2

Dear ABC Trading Co.,LTD

ABC商事様